FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
金利上昇の重石感は変わらず
こんばんはです。

黒田薬局(日銀)は昨日の大幅安に対しても動かず放置プレー中・・・
市場でも発動のサジ加減条件は何や?との疑心暗鬼もありますが、
(ETF買いはいざという時だけでいいのではと思うばかり)
本日はそれすらも忘れ去ったかのような反発となり、
日経平均は昨日の下落分を帳消しして終えており、
TOPIXは帳消し水準には僅かに届かずといったところです。

昨夜の海の向こうは景気敏感株主導の動きが続き、
ダウ、SOX、ラッセルは大幅高、VIX低下、
原油、銅、商品も堅調に終えております(金は小幅安)。

ただし海の向こうは米欧共にやや商いが減少(中国は大商い)、
我が国もトピのリバランスによる最後っ屁を除けば減少しており、
そして何より話題沸騰の米国を始め長期金利の上昇が続いているので、
昨夜の海の向こうでは、テスラ、グーグルが反発したり、
ゲームストップ等のロビンフッド銘柄の急騰もあり、
ナスダックも上昇しましたが、アップル、アマゾン、FBの下落を始め、
グロース株の上値が重い状況は継続しております。
本日の我が国もTOPIXのグロースとバリューには遜色が無いものの、
マザーズの戻りは弱く、中小型株も同様なので、
国内外共に金利上昇が重石となっている状況は続いていると言えます。

繰り返し書いている通り、現在は金利上昇と共にドル安が続いており、
それが原油、銅、商品の堅調ぶりを後押ししており、
(原油に限っては米寒波の影響もありますけど)
米外需&景気敏感株、バリュー株にも追い風となっているので、
真偽はともかく景気回復期待による良い意味での金利上昇&物価上昇、
とも言われているだけに、金利上昇と共にドル高へと転じると、
これらも売られるので(資源国・新興国通貨、仮想通貨売りにも)、
やはりドルと原油、商品の動きは注視が必要ですし、
昨夜にやや上昇していた米短期・2年金利の動きは、
さらなる前段階として注視が必要とも言えます。

それにしても実体経済ではなく金融市場はバブルじゃないか?
と言う見方が一部の米金融機関やバフェットおじさんの右腕、
米民主党議員、日本のマスコミ(趣旨は違いますどw)に見られますが、
昨夜に議会証言を行った本尊のパウエルおじさんは、
バブルではおまへん、だから金融緩和も継続やで、
と変わらない姿勢を示していたので、
金利低下安定(ドル安も)のカネ余りバブルモード再開かと思いきや、
金利は反抗的な上昇を継続している不気味さはあります。

大規模金融緩和継続による金利低下圧力よりも、
大規模な財政政策効果とワクチン効果での景気回復期待による、
良い金利上昇圧力が「ほんまに」勝っているのであれば、
いずれはグロース株も金利上昇には負けず上昇するでしょうし、
素直に健全な動きではありますけど、
現時点ではパウエルおじさんの緩和姿勢強調にも関わらず、
金利が上昇しているのを見ると、実は財政悪化懸念による金利上昇?
にも見えなくはないので、だとすると厄介というか、
制御不能なことにならないのか心配にはなりますけど・・・

以上の通りなので、財政悪化懸念による悪い金利上昇懸念はともかく、
明日のスタンスとしては、金利上昇にも負けずグロース株が買われる、
もしくは金利低下安定、ドル安のカネ余りバブルモード再開となり、
グロースもバリューも含む商いを伴った株高、商品高となれば、
月末&週末のゲタ履きリスクはあるかも知れませんが、
再び上目線に切り替えればいいでしょう。

そうではなく、金利上昇と共にドル高へと転じ、
原油安、商品安(資源国・新興国通貨安、仮想通貨安も)となるか、
恐らくながら前段階として短期・2年金利が上昇となれば、
株高の賞味期限が目の前に迫っていると見て、
下目線で慎重に構えておきましょう。
超シンプルに商いを伴う株安の継続になるまでという判断もありですが、
引き換えに鉄槌を喰らう覚悟だけはしておきましょう。

明日の新興市場のスンタンスも同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



ちょうど1年前に・・・
こんばんはです。

そう言えば、ダウが約1000ドル下げた昨年の2月24日が、
コロナショックの始まりだとすると(日本は明日です)、
今夜の米国はちょうど一年ですので・・・

ちょうど1年前に~♪この道を通った夜~♪
昨日のことのように~♪今はっきりと思い出す~♪

くれぐれも同じ道(ロード)を進まないことを願いますけど・・・

そんな中、昨夜に議会証言を行ったパウエルおじさんは、
現在の金利上昇、株高、リスク資産高の金融市場に対して、
日英欧中銀総裁と同様、ワクチン効果や景気回復を見込んだ動きでっせ、
と肯定すると言うかバブルではないと言わんばかりだった一方、
景気回復は依然としてまだら模様で完全とは程遠いとの見解を示し、
だからこそ大規模金融緩和も必要&継続しまっせとも・・・
財政政策も必要でっせと(今週中に米追加財政案は可決とも)・・・

結局は金融市場だけがバブルと言っているんじゃないのか?
とツッコミたくもなりますし、足元の金融市場の動きを見ても、
バブルの象徴のような仮想通貨が売られていたり、
象徴とまでは言いませんがコロナ相場を牽引してきたテスラを始め、
米グロース株、我が国のグロース株や新興市場が、
金利上昇・高止まりと共に大きく売られているので、
やはり金融市場に「限って」は、バブルじゃないのかと・・・

ただし昨夜の海の向こうではバリュー株(米輸送株は上昇)、
原油、商品が踏ん張っていたり、
本日の我が国もアフターコロナ、金利上昇恩恵を始め、
バリュー株の底堅い動きがあるので、
単なるセクターローテーションと言えなくもないですが・・・

金利上昇(高止まり)と共にグロース株売りが続くと(仮想通貨も)、
リスクオフムードも高まってくることになり、
それと共にドルが買われて(円最強高も)原油・商品が売られ、
リスクオフ一色となるので(最終的に一気の債券買い・金利低下へ)、
まずはグロース株売り(仮想通貨売りも)が止まらないことには、
単なるセクターローテーションに過ぎないと安心は出来ず、
いずれはドル高・原油安・商品安も加わり、
ゴリゴリリスクオフ一色になることへの心構えはしておくべきでしょう。

そして本日の国内市場の動きだけで見ても、
昨日が祝日で休場だったせいなのかもしれませんが、
今年2番目のゴリラ商いと共に売られ、
歪と言われながらも足元の日本株を牽引して来た日経平均も、
トピや新興に続き、先々週からの上げを帳消ししてしまったので、
国内目線だけで判断しても、商いを伴った上昇が継続するまでは、
警戒モードに切り替えて構えておくのが無難であり、
せいぜいアフターコロナやバリュー株の物色だけに留めておきましょう。
(空売り比率を始め需給面を含めてもセリクラ感はないのですが、
 信用買い残は2.8兆円にまで達してます)

新興市場も商い増での上昇に転じて継続するまでは、
同様のスタンスで構えておきましょう。

ちなみに今夜もパウエルおじさんの議会証言があり、
昨夜に続き、金融市場を下支えする証言によって、
バリュー株買いの継続、さらなるカネ余りバブルモード再開となるか、
それとも新味のない証言や冷や水証言をきっかけに、
グロース株売りの継続、さらなるリスクオフとなるのか注目です。
(今夜はエヌビディアの決算も大注目です。)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



バブリー?
こんばんはです。

我が国では日銀も政治家も金融機関もバブルではないと否定する一方、
マスコミは金融市場に限ってはバブルじゃないのか?
とのケチ付け報道が多くなって来ておりますますが、
米国ではバブルを警鐘する金融機関がチラホラと現れ始め、
民主党を中心に政治家にも同様の見方が多くなりつつありますが、
FRBメンバーだけはバブルではないと否定しております。

御存知の通り、金融市場に最も影響が大きいのは金融政策なので、
日米中銀がバブルではないと言うのであれば(英欧も)、
FRB(金融政策)には刃向かうなと言う相場のセオリー通り、
素直に従うべきなのかもしれないですし、
実際に実体経済は世界的に見てもバブルとは言えないのですが、
金融市場に限っては、バブルだとの見方が増えつつあるのも事実です。

だからと言って、利上げ等の金融引締めに動いたり、
足元の金利上昇が続くようだと、金融市場だけでなく、
コロナ禍から回復しようとしている実体経済にも重石となるので、
さすがに引締めに動くことはないでしょうから、
せいぜい金融市場に対して口先で牽制するだけとか、
金利が上昇することで、自然と株やリスク資産のガス抜きになる、
といったところが丁度いいのかも知れないですけどね。
日銀の利上げではなくETF買いの渋チン化についても、
ショックを招く程でも無いとは思いますけどね・・・
(日銀はかつてのバブル期の前科がありますけどw)

以上の通り、実体経済ではなく金融市場に対しては、
バブルという見方も増えつつありますが、
金融政策は世界的に大規模金融緩和が維持されている上に、
各国の大規模な財政出動も行われており(米国は追加策審議中)、
世界的なワクチン接種と感染者減少と経済活動再開期待もあるので、
これらが頓挫したり、日米の増税論、金融&GAFAMへの規制論、
政治家や中銀関係者からの口先の牽制等の懸念が高まらなければ、
バブリーな金融市場も継続する可能性は大いに有り得ますが・・・

繰り返し書いている通り、いかんせん足元では金利上昇が継続しており、
何やら景気回復を見込んだ良い金利上昇との見方も増えつつあったり、
インフレ懸念やないとの見方も増えつつあり、
(FRBはインフレを容認するとも言ってますけどね)
債券売り(金利上昇)・株買い・リスク資産買い、
というグレートローテーションが続くとの見方も増えつつありますが、
私としては、金利上昇はただの重石としか思えないので、
この動きが長続きするとは到底思えず、
長続きには低金利安定こそが必須とは思います。

お察しの通り、私は経済学部出身ではありますが、
作文一枚のスポーツ推薦で入った文系のゴリゴリ体育会であり
職歴も金融機関出身ではなく、身体を張った仕事しかしておらず、
ただの脳みそ筋肉ゴリラなので、そんな奴の見方よりも、
シンプルに市場の動きで判断するのであれば・・・

長期金利がコロナ前水準まで上昇、
現在は抑えられている短期・2年金利が上昇(イールドカーブ縮小)、
それらによるグロース株売り、さらにドル高も加わって(円最強高も)、
原油、商品、バリュー株が売られる(仮想通貨も)、
最終的にリスクオフでの一気の債券高(金利低下)、
これらの動きが順番通りに出て来るならばわかりやすいですけど・・・
恐らくドルと原油が鍵を握っているというか先行するでしょうし、
そうではなく順番通りの動きではなくとも、
これらの動きが多くなったり、一部が加速したり、
超シンプルに商い増での株売りが継続するならば、
潔い撤退も含めた慎重姿勢に切り替えましょう。
(新興市場も同様です)

ちなみに本日時点では、引け後にドル高も加わって(円高ではない)、
欧州株、日米株先物がやや売られておりますので、
明晩のパウエルFRB議長の議会証言にて、
改めての金融緩和継続等のポジティブ発言となれば、
カネ余りバブルモード再開となる可能性も十分に有り得ますが、
先に述べたような牽制を含めた余計なことを言うようだと、
523ショック再びとまでは言いませんが、
厳しい祝日明けとなってもおかしくないです。

もはや祝日明けを待つしかないので、本日はこれにて失礼します。
良い祝日をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





マチマチな週末
こんばんはです。

不健全&歪とは言え、結果的に日本株を牽引して来た日経平均は、
何とか30000円をキープ&今週安値も割らずに週末を終えましたが、
TOPIX、マザ、ナス、独DAX、ラッセルは、
商いを伴ってないものの、今週安値を割っていたり、
原油がやや軟調になっているので、さらにドル高へ転じたり、
金利上昇が進むと、これらの売りが加速すると共に、
日経、ダウ、上海、原油以外の商品、仮想通貨にも及んでくることで、
最終的には一気の債券高・金利低下も加わるリスクオフとなりますが、
現時点では株式市場も市場全体としもマチマチの動きなので、
リスクオフに転じたとまでは言えないです。

そう言えば、不健全を作り出しているとも言える黒田日銀が、
昨日の前引けでTOPIXが0.5%超の下落だったにも関わらず、
本日も0.76%安だったにも関わらず、
ETF買いを見送っており、観測報道ながら、
株高時はETF買いを抑制することを検討するとも報じられているので、
今後もETF買いの見送りが続くようだと、
どの程度の下落率で発動するのか、購入規模はどの程度なのか、
これらを探るような動き程度ならばまだしも、
日銀からの発信(リーク)も無く、ただ見送りが続くことになれば、
下手をすれば出口観測までが台頭してもおかしくないです。

ここまで株式市場と金融市場は実体経済に先んじて、
コロナバブルとも言われながら推移して来た最大の材料は、、
世界的な大規模金融緩和ですから、
たださえ米国でも金融引締め&出口観測が漂っている中で、
日銀まで出口観測が漂うことになると、
金融市場にとっては大きな下支えを失うことになります。

もちろん不健全極まりないETF買いは、
止めるべきだとは思いますけど、
現在の実体経済はコロナ禍から回復している最中ですから、
ETF買いの見送りも含む金融引締め観測の台頭によって、
金融市場内だけのバブル崩壊ならばまだしも
金融不安を引き起こして実体経済に打撃を喰らわすことになれば、
本末転倒と言うか、この1年は何やったんやということになり、
株式市場に関わって来なかった人々からの怒りは沸騰し、
金融市場に対する厳しい世論も沸騰して規制強化にも繋がるので、
現在の株式市場と金融市場が不健全であろうとも、
金融不安に繋がるようなショックだけは起こさず、
ガス抜き程度に収めて頂き・・・収まるとは思うのですが・・・

そういう意味でも、次回の日銀会合は3月18-19日と遠いですが、
今後の日銀側からの発信(リークも含む)、
来週のパウエルFRB議長の議会証言、
金融政策への影響が大きい物価と雇用指標は注目です。
(物価への影響が大きい原油、商品の動きも要注意です)

ちなみに金融規制懸念にも繋がる昨夜のロビンフッド公聴会では、
呼び出された当事者達は、当然ながら正当性を主張するに留まり、
規制強化懸念が台頭するまでには至りませんでしたが、
3月にも公聴会があるようなので、引き続き要注意ではあります。

そしてトランプマンよりも株式市場への関心が薄いどころか、
格差拡大の要因とも言っているバイデンねん政権は、
金融界だけでなくGAFAMへの規制強化路線もチラつかせており、
大規模な財政政策についても、ポジティブな面は多いものの、
財政悪化懸念も根強く、増税路線でもありますので、
日本でも燻っているコロナ禍を巡る復興税なんて話になると、
増税路線でも日米コラボになり兼ねないです。

ということで、以上のような政策に絡むリスクが台頭したり、
そもそものコロナ禍が悪化するとシンプルに悪材料ですけど、
それら小難しい市場を取り巻く環境ではなく、
現在の金融市場の動きとしても、冒頭で書いた通りマチマチ状況なので、
今夜の米国市場(米欧共にSQ、引値清算)を経て、
週明けの日本時間にリスクオフへと傾いているならば、
火曜日の我が国は休場なので、パウエル議長がリスクオフを止めるで!
と期待するのもアリですが、火に油を注ぐ可能性もありますので
(先日も書いた通り、火に油リスクは少ないと思いますけどね)
撤退も含めて慎重に構えておくのが無難です。
当然ながら何ごともなく週明けを迎えたり、
現在のようなマチマチ状況が継続しているならば、
一服&押し目の範疇、基調は崩れてないと判断し、
パウエル議長の火に油リスクは覚悟の上で、波乗りを続けましょう。
新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





今夜から来週前半を見据え
こんばんはです。

不治の病・・・失礼、持病のデフレを患っている我が国はともかく、
米国は金利上昇と共にインフレ警戒という言葉が目に付きつつあります。

しかも足元では物価への影響が大きい原油が、
寒波による石油精製施設操業停止を材料にして、
ドル高にも屈せず上昇しているので(他の商品も)、
米国の寒波が和らいで石油精製施設が操業開始されることで、
原油が下がるのであれば、インフレ警戒が和らぐという面もありますが、
一方で原油は米株に次ぐリスク資産の代表であり、
原油が崩れるとリスクオフムードが高まるとも言えるので、
いずれにしても米国の寒波動向と石油精製施設動向が、
意外と侮れないきっかけ材料なのかと言う気もしますが・・・
(米国の天気予報を見るくらいしかできませんけどw)

それだけではなく、足元では米株を牽引して来た上に、
ロビンフッダーに人気だった米グロース株が、
金利上昇(高止まり)と共に上値が重くなっているので、
今夜のロビンフッド騒動を巡る公聴会をきっかけに、
金融市場への規制強化懸念が台頭すると、
グロース株主導でのリスクオフという展開も有り得ますし、
先に述べた原油まで動くと、油だけに火に油となります。
(明日は需給イベントでもある米SQも控えてます)

ただし来週は日本が休場の23日にパウエルおじさんの議会証言があり、
本業でもある物価コントロールが制御不能になることを恐れ、
まさかの金融引締め姿勢をチラつかせる・・・ことはなくとも、
金融市場の過熱感とか金融規制に言及したり、
株式市場が格差を拡大させていると言っている民主党議員が、
質疑応答で厳しい質問を浴びせることで口を滑らせると、
引締めとは別の形で市場に冷や水を浴びせることにはなりますが、
恐らくそんなお粗末な質疑応答にはならず、
(一応、パウエルおじさんは弁護士なので)、
金融引締め姿勢をチラつかせることもなく、
改めて大規模金融緩和の継続姿勢を示すとは思いますので、
もし金融市場が荒れ模様のリスクオフとなっていれば、
議会証言が歯止めイベントになる可能性もあり、
リスクオフで低下した金利をポジティブに低金利バンザーイと解釈し、
懲りないカネ余りバブルモード再開となってもおかしくないです。

とりあえず本日時点での金融市場の動きを見ると、
金利(債券)はリスクオフのような一気の低下(債券高)ではなく、
高止まりと言える水準での低下であり、
ドル高ながら原油は堅調、他の商品も高止まり、仮想通貨も堅調ですが、
ややリスクオフ風味のドル高・円最強高になりつつあり
(現在は円よりも豪ドル、元、新興国通貨が堅調ですけどね)、
昨夜の米欧株も本日の日本株も一服の範疇と言える下落幅ながら、
日米欧株共に商いがやや増加しているので
(本日の日本株は値下がり銘柄数も多く、トピの下げも大きい)
今夜の米欧株と明日の日本株が商いを増加させて続落するか、
週初からの上昇分が帳消しになっているならば(特に米グロース株)、
撤退も含めて警戒モードに切り替えて慎重に構えておきましょう。

そうではなく商い増での株高となれば、上昇基調は継続として、
週跨ぎも含めて波乗りをすればいいですが(出来るだけバリュー中心)
繰り返し書いている通り、金利上昇&高止まりが継続していると、
リスク資産とコロナ禍の実体経済には重石に過ぎないので、
株高も長続きしないということだけは(ドル高も加わるとさらに短命)
くれぐれも忘れずに立ち回りましょう。
そして金利上昇以外にも、ドル高、原油安、商品安、仮想通貨安、
これらの市場の動きは良からぬ兆しなので(新興市場株安も)、
アホになって割り切るにしても、横睨みは忘れずにしておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.