FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
今宵の米中署名式を経て
こんばんはです。

米中通商協議のフェーズ1合意署名式を今夜(明朝)に控え、
フェーズ2以降の合意は大統領選が終わってからやで~
それまでは中国のフェーズ1に対する態度(履行)次第やけど、
フェーズ1以外の関税は継続しまっせ~
と言うように米国側からの牽制とも取れるような報道や閣僚発言が見られ、
さらに来週から始まるファーウェイおばさんの身柄引き渡し審理を前に、
ファーウェイの規制を拡大しまっせ~との牽制も見られるので、
署名式のために米国を訪れている中国副首相の方から、
ちゃぶ台返し帰国コントを繰り広げたり、
まさかのトランプマンの方からちゃぶ台返し、
なんて事態にならないことを願うばかりです。

繰り返し書いている通り、トランプマンは2月の一般教書演説にて、
オバマの野郎が放置していた中国との不公平な貿易を正してやったぜ~
米国の農家を守ってやったぜ~とドヤるためにも、
トランプマンの方からのちゃぶ台返しは無いでしょうけど、
このタイミングで下院民主党が弾劾法案を可決しようとしているので、
米世論の目を逸らすために、中国とちゃぶ台返しコントを繰り広げる?
さすがにそれはないでしょうけどね(笑)

ちゃぶ台返しコントはともかくとして、
言っても現在は米株が史上最高値圏なので(日欧も高値圏)、
フェーズ1の合意だけでなく、フェーズ2以降の協議について、
進展期待を持続しないと、景気の先行き回復期待も剥落することになり、
さすがに株価も上値を追うのは厳しいので、
昨夜から始まった米企業決算シーズンにて、
昨夜の金融機関とデルタ航空のように堅調な決算が発表されれば、
米中貿易戦争の影響、フェーズ2以降の協議頓挫による影響は軽微や!
という御都合解釈にはなりそうですが・・・

さらに昨夜はFRBがお薬注入(レポ市場への資金供給)について、
減額すると言いながらも2月まで延長すると発表しているので、
さらなる減額を発表するまで・・・少なくとも2月の一般教書演説までは、
お薬が市場を支えることにもなりそうです。

そしていざとなればトランプマンは、
以前に報じられた減税と頓挫したままのインフラ投資、
という温存していた財政政策を打つことも出来ますので、
米企業決算シーズン一巡まで・・・少なくとも2月の一般教書演説までは、
株式市場が商いを伴ってグングンと上昇となるのかどうかは、
決算次第でしょうけど(我が国も決算次第と言える)、
株式市場は崩れずに高値圏でのBOX相場が続きそうです。
(決算シーズンなので商いもボチボチ程度しか期待できないでしょう)
昨日も書いた通り、足元の需給環境は原油と金が過熱気味なだけで、
株、為替、債券の過熱感はなく、テクニカル的な過熱感がある程度です。

以上の通りなので、今夜の米中署名式を経て、
超短期的には織り込み済みでの株安は否定できませんが、
直近安値を割る事態とはならず、高値圏のBOXは維持しそうなので、
株安になったとしても、ほんの一服・押し目と見ておけばいいでしょう。
(米金利が昨年末と11月の水準を超える上昇となれば、
 市場がザワつく可能性もあるで米金利動向は注視しておきましょう。
 昨夜から米金利は低下してますけどね)

一方、もし商いを伴う直近安値割れの株安、債券高(金利低下)、円高、
油安(資源安)というフルゴリラリスクオフとなるようであれば、
残念ながら私のお気楽な見通しは間違っていたということであり、
潔く撤退するなり、国内外の決算が一巡するまでは慎重に構える、
という姿勢に切り替えるしかないです。

ちなみに本日の日本株は下落し、米債券高(米金利低下)も継続中ですが、
日本株は商い減少という本気感の薄い下げであり、
米債券高(米金利低下)もリスク回避というよりは、
FRBの発表を受けての動きと言った方が妥当でしょう。

新興市場については、昨日に続きJQの上昇が継続、
テーマ株、小型株といった個別の賑わいが見られる一方、
マザーズ指数はほぼ横ばいながらも小幅安となっており、
商いもやや増加しているので、マザーズの全体感としては、
下落局面は商い増、上昇局面は商い減という下げゴリモード継続中なので、
シンプルに商いを伴った上昇が継続するまでは慎重に構え、
テーマ株等の資金の集まる銘柄での波乗りに留めておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



長めの正月休み明け&浦島太郎状態
こんばんはです&あけましておめでとうございます。

年末年始は海の向こうへ約2週間行ってた上に、
相場もほとんど見て無かったので、すっかり浦島太郎状態ですが、
それにしても株式市場は、年末年始のほんの一服だけに留まり、
日経平均は24000円奪還、米株も史上最高値圏って・・・

まぁ相場操縦士トランプマンが2月に一般教書演説を行うので、
強い大統領アピールのために、軍事的にイランことをするとか、
カリアゲ頭に鉄槌を喰らわすとかの可能性に加え、
株価も2月に高値圏を付けてドヤ顔するためにも、
中旬頃までは一服かなと思い、悠長に屁こいて休んでいたら、
思いのほか早くに戻しております・・・(笑)

となるとこのまま2月の一般教書演説までは、
株価が突っ走る展開となるのか?という疑問も湧いて来るのですが、
日本株の商いは地味に増加傾向な一方(中国株は活況)、
米株は商いが減少傾向なので(欧州も)、
日米欧株共に高値圏でありながらも商いという面では過熱感はなく、
投機的な需給面でも株、為替、債券共に過熱感はなく(油と金は過熱)、
テクニカル的にやや過熱感があるだけなので、
ファンダメンタルズと地政学のリスクさえ噴き出さなければ、
テクニカル的なほんの一服を挟みつつも、
意外と2月までは突っ走ってもおかしくないと言えますが・・・

御存知の通り、ファンダメンタルズ面での最大リスクである米中協議は、
15日に控える第一弾の合意署名がまさかのちゃぶ台返しとなったり、
第二弾以降の協議継続期待が剥落しない限り、
大きなリスクにはならないでしょうけど、
株価が高値圏という状況の中で、今夜から米企業決算シーズンが始まり、
来週後半からは我が国の企業決算シーズンも始まるので、
よほどの好決算&堅調な見通しを出さない限り、
織り込み済みとなってもおかしくないです。

従って2月まで株式市場が突っ走るという展開というよりも、
商いもボチボチな高値圏でのBOX相場が続きそうす。

お察しの通り、未だ浦島太郎状態が続いており、
目先のイベントリスク等も把握出来てない状況なので、
アテにならない楽観的な相場感ではありますけど、
明日のスタンスについては、シンプルに債券高(金利低下)、円高、
油安、金上昇と共に商いの伴った株安というリスクオフとならない限り、
高値圏でのBOX相場が続くと見ておきましょう。
但し米金利が年末と昨年11月の水準(1.9%)を超えるようだと、
リスクオフへ転じる引き金となる可能性はありますので、
米金利動向も横睨みしておきましょう。

新興市場については、JQの高値更新が続いている一方、
足元のマザーズは下落局面でやや商いが増加傾向であり、
本日も薄商いながらやや増加しての下落で終えているので、
資金の集中しているテーマ株や短期勝負はともかくとして、
全体感としては、シンプルに商い増での上昇に転じるまでは、
警戒モードをやや強めて見ておいた方がいいでしょう。
(深刻な下げゴリモードではないですけどね)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


正月休み
おはようございます。

昨日も触れた通り、本日から長めの正月休みを取るので、
記事の更新も含めてお休みさせて頂きます。

少し早い挨拶となりますが、
今年も長ったらしい当ブログを読んで頂き、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

さて屁こいて遠くの地へ行って来ます。

良いお年を。



目先は手仕舞い
こんばんはです。

明日から長め&早めの正月休み入りで遠くの地へ行くので、
しばらくは相場を見られなくなりますが、
年末年始の日本市場は、大発会の6日まででは大納会だけ、
成人式まででは6日しか開いておらず、
しかも足元では記録的な薄商い相場も続いているので、
いっそのこと休んでもいいのでは・・・と個人的には思うばかりです。

ちなみに来週は、月初恒例の米経済指標発表ウィークが始まるものの、
主要な米経済指標は3日のISM製造業だけ、
あとは米住宅価格と各国の製造業PMI・改定値の発表程度であり、
ISM非製造業、米貿易収支、ADP雇用、大トリの雇用統計は、
再来週に発表ということになるので、年末年始に警戒すべきものとしては、
ISM製造業の鈍化が止まったのかどうかも注目ですが、
(さらに鈍化していると米中合意が不十分との解釈になる可能性も)
国内外共に政治絡みイベントの方が警戒すべきリスクと言えます。

ただし政治リスクだけは、地合い次第でどうにでも解釈されたり、
なによりいつ噴き出すのかわからない予測不能というのが現実ですから、
通常ならば負うべきリスクと割り切るのもアリなのですが、
如何せん日本市場は屁こいて休んでいる期間が長い上に、
国内外共に足元の株価は高値圏ですから、
いつもより悪材料には敏感でリスクが高いと見ておいた方が無難です。

そんな政治リスクとしては、市場と景気に最も影響する米中通商協議は、
今のところトランプマンが「第一段階の署名は間近やで」と言っており、
確かに2月4日の一般教書演説でドヤ顔するためにも、
株価と支持率は低下させたくないでしょうから、
米中協議のちゃぶ台返しの可能性は極めて低いでしょうけど、
年明けからの米議会再開で弾劾ムードが高まったりすると、
目を逸らせるためにちゃぶ台返しをする可能性も無きにしも非ずですし、
何より中国側がどう出て来るのかはわからないところがあります。
台湾総統選を年明けに控え、お膝元の香港デモも継続しているだけに、
米国の内政干渉のような姿勢が続くと、中国側のちゃぶ台返しも・・・

カリアゲリスクについては、ミサイルを撃つぞとの脅しは続いており、
トランプマンも一般教書演説での強いアメリカアピールのために、
カリアゲとイランを外敵に仕立て上げやすい面はあるので、
カリアゲをなだめることなく、譲歩することもなく強硬姿勢を続けると、
日本にとってのリスクであるカリアゲ砲が撃たれる可能性はあります。
(一時的なショックに過ぎないでしょうけどね)

ブレグジットについても、1月末の離脱期限に向けて、
ハードブレグジットになるのでは?との一部の観測もあるので、
年明けからの英議会再開と共に騒がれる可能性は無きにしも非ずです。

そして我が国の政治についても、
IRを巡るスキャンダルが思いのほか拡大しており、
奇妙なくらいに検察の強硬姿勢も見られるので、
(奇妙な野党の静けさも気になりますけどw)
更に逮捕の波が続くようだと、日本株の最大の上昇要因は政治だけに、
いくら景気対策の発動が間近に控えていようとも、
日本株を売る口実にされてもおかしくないです。
(小泉ジュニアのヤリチン&ポッポないないスキャンダルもあるので)

以上の通りなので、あくまで年末年始跨ぎと言う短期目線(目先)では、
年明けが堅調なスタートになったとしても御縁が無かったと割り切り、
明日と大納会で手仕舞いして、正月を迎えた方がいいでしょう。

一応、昨夜の為替市場では、昨年の年末年始のように、
フラッシュクラッシュらしきことが起きており、
足元の需給環境としても、ドル、原油、VIXがキナ臭いままなので、
ドルと債券が動くようだと、需給主導の負の連鎖リスクはありますし、
株式市場目線では、以前にも書いた通り平成から令和に変わった今年は、
昭和から平成に変わった年と符合する事象が多いので、
平成の様に大納会高値をピークに崩れる可能性も無きしも非ずです。

腰を据えて構えている方については、足元の債券買い(金利低下)、
金の上昇といったリスクオフ風味な動きであったり、
先に述べた異常な激薄商いと需給環境も気掛かりなのですが、
本日時点においても9月からのリスクオン基調は崩れてないので、
明日と大発会が商いを伴ったリスクオフにでもならない限り、
そのまま構えておけばいいのですが、
新たに腰を据えて参戦するのだけは、年明け以降にしましょう。

新興市場については、本日も商いを伴った上昇が継続しているので、
シンプルに商いを伴った下落が継続するまでは、
上目線を維持しておけばいいのですが、短期勝負の方については、
先に述べた国内外の状況の中での長い休みもありますので、
年跨ぎでの勝負は控え、年内で手仕舞いしておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



閑サンタクロース
こんばんはです。

昨日は商いが減リスマス・イブ、本日はさらに閑サンタ・クロース・・・
売買代金は1.09兆円と2012年12月12日以来の薄商いなので、
アベノミクス相場が始まって以来の最低ということです。

ちなみに民主党政権末期の野田総理と野党自民党総裁だった安倍ちゃんが
党首討論で激突して解散が決まったのが同年の11月14日、
そして11月16日に解散して12月4日から総選挙に突入し、
12月16日の投開票で暗黒の民主党政権が終了となった時期ですが、
12日の頃には自民党圧勝ムードだったにも関わらず、
この程度の商いであり、民主党政権時代は1兆円割れの常態化どころか、
5000億円すら割れこともあっただけに、
つくづく恐ろしい時代だったなと思うと共に、
今の野党を見ていると、政権交代だけは勘弁願いたい思うばかりです。

ただし売買代金だけで比較すると野田政権以来の低水準なのですが、
当時と比べれば株価自体が大きく上昇しているので、
実感としては5000億円割れ時代と変わらないとも言えますし、
本日の売買代金ではなく売買高で言えば、
2005年1月4日以来の低水準なので、
民主党時代を飛び超え、小泉政権時代以来の薄商いであり、
いくらクリスマス&年末の閑散相場の時期とは言え、
ちょっとばかし安倍ちゃんマン政権は大丈夫なのか?と心配にもなります
景気対策を打ち出したばかりにも関わらずですからね・・・

そんな野田政権以来の売買代金、小泉パパ政権以来の売買高、
となった本日ですが、カリアゲ砲やなくて文春砲が小泉ジュニアに・・
疑惑が真実であるならば、激おこの滝川クリステルが、
まさに小泉進次郎をクリ捨テル・・・というのはどうでもいいとしても、
秋元議員の逮捕に続き、小泉ジュニアが環境相を辞任&議員も辞職、
なんてことになると、安倍政権にも軋みが出てきますからね。

日本株を売リステルにまではならんと思いますけど、
言っても日本株上昇の長期的な大きな要因は政治ですから、
本日の激薄商いは政治への懸念も少しは含まれているのかなとも・・・

以上の通り、あまりにも薄商いだった上に、
足元の未だ数字的には鈍化した国内景気や消費税増税の影響もあるので、
多少の無理くり感はあれど、国内政治への懸念を書いてみましたが、
海の向こうについても、トランプマンが中国との通商協議について、
習近平との署名式も有り得るで!と言っているにも関わらず、
昨夜の米英欧市場は反応薄、本日の中国株は横ばいなので、
激薄商いのクリスマス休暇モードだから仕方ないと言っていいのか?
と疑問も感じるばかりです。

確かに第一段階の合意に過ぎず、
肝心の関税を全て撤廃するわけではなく一部の撤廃だけなのに、
わざわざ米中首脳が会って署名式って大げさ過ぎないか?
となると米中協議はこれで打ち止め?残りの関税はそのまま?
という懸念が台頭してもおかしくはないですからね。

まぁとにかく国内外共に激薄商いでの煮え切らない相場の答えは、
今後のイベントを見ても、実質的なクリスマス休暇明けの来週、
もしくは日本が休んでいる年明けにならないとわからないでしょうけど、
現時点での市場全体の動きを見る限りでは、
昨夜からの債券高(金利低下)と上昇が続いている金は気掛かりですが、
リスクオン基調が崩れたわけではなく一服の範疇なので、
更なる債券高(金利低下)、ドル安だろうとドル高だろうと円高、
原油安・資源安、更なる金上昇(HY債の崩れも)、
商いの伴う株安というフルゴリラリスクオフにでもならない限り、
一服の範疇&リスクオン基調は継続と見ておきましょう。

新興市場については、国内外共に煮え切らない静かな相場だからこそ、
資金が流入している面はあるので、国内外が明確な動きになると、
逆に資金が抜けるのではという懸念もありますが、
現時点では商いを伴う上昇が継続、資金の循環が旺盛なのも事実なので、
シンプルに商いを伴う下落が継続しない限り、
上目線を維持しておけばいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.