FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
キナ臭さも含んだバブリーな週末
こんばんはです。

米国と欧州では、ついに来週からコロナワクチンの供給を開始し、
米国は11日から、欧州も再来週あたりから接種も開始するようですが、
我が国は供給開始も接種開始も聞こえて来ないのですが・・・

米欧に比べると感染拡大が軽微で後回しになっているからなのか、
厚労省がお得意の腰の重さを発揮しているのか、
シンプルにガースー政権の問題なのか・・・どうなったのでしょう。

メイド・イン・ジャパンのワクチンで聞こえてくるのは、
某株券印刷会社のばかりという寂しさもありますし、
個人的にはワクチンを接種する気にはなれないので、
我が国は治療薬や治療法でリードすることを期待したいですが、
そういやかなり有望と言われていた血漿療法もどうなったのか・・・

とにかく足元では世界的にコロナ感染者が拡大しており、
国内でも都市部では感染者が拡大しているので、
検査数が多いだけで陽性率や死亡率が高くなかったとしても、
ワクチンが行き渡る前や治療薬、治療法が確立する前に、
重症患者が増えて医療崩壊を起こしてしまうと、
ウィズコロナといって経済活動のギアを上げるわけにもいかなくなるので、
ワクチンが安全で普及にもメドが立っているのであればこそ、
今は正念場というか岐路なのかな・・・という気もするばかりです。
ここで何としても医療崩壊だけは食い止めておけば、
長い目でも安心に繋がりそうそうですからね。

ということで、このままコロナに対するどっちつかずが続き、
各国の追加財政&金融政策も注入しないままでは、
国内外共に(特に寒くなる北半球)経済活動再規制の動きが拡大し、
実体経済の回復期待もさらに剥げ落ち、
それらを無視というか回復の先取りとしていた金融市場においても、
コロナショック第二弾が襲来してもおかしくはないですし、
そもそも実体経済の回復は織り込み済みであり、
ワクチン接種開始と共に出尽くしで崩れるとの見方も出来なくはないので、
いっそのこと12月の米英欧日の金融政策会合まで、
ガス抜き調整をした方がいいような気がしなくもないですが・・・

ちなみに本日の我が国を含む現時点での市場の動きとしては、
原油安、大賑わいだった仮想通貨安という不穏な動きは続いており、
ここにドル高が加わるとトドメを刺され、
一気にリスクオフムードというオイニーも漂っておりますが・・・

とりあえず債券がやや買われているものの金利を含め落ち着いており、
為替は円最強高がキナ臭いもののドル安が継続中です。
商品も原油以外は高値圏で踏ん張っており(穀物はやや軟調)、
米株先物、欧州株、中国株も踏ん張っており(VIXも21台)、
本日の日本株もTOPIXのリバランスによる商いの嵩増しを除けば、
イマイチな商いながらも上昇しては終えているので、
株式市場だけでなく金融市場全体の動きとしても、
概ねカネ余りバブルモードは継続していると言えます。

ただし繰り返しになりますが、コロナ状況や実体経済等の環境は、
決してよろしくないはないので、これらに関わるネタがきっかけになるか、
(目先のきっかけになりそうなイベント日程は昨日の記事を御参照下さい)
シンプルに金融市場での原油と仮想通貨の崩れが続き、
ドル高(円最強高)がトドメとなって一気にリスクオフ・・・
となってもおかしくない状況ですから、
週明けについては、リスクオフならば慎重に構えておくべきですが、
債券(金利)安定、ドル安(出来れば円最弱安)、原油の下げ止まり、
銅を始め他の資源高、金の安定、商い増での株高、
というカネ余りバブルモードが継続しているならば、
引き続き、いつハシゴ外れてもおかしくないことだけは覚悟の上で、
割り切って(アホになって)波乗りすればいいでしょう。

新興市場については、本日は商い増での上昇となったものの、
活況には程遠いので、せめてマザの売買代金が2000億円以上と共に、
上昇が継続するまで、もしくは薄商いでも直近高値を抜けるまでは、
アホになり過ぎないようにだけはしておきましょう。

ということで、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




相変わらずのまま、明日は週末
こんばんはです。

今夜の米国市場が休場(感謝祭)、明日も半ドン、
実質的には4連休ということで外人さんが屁こいて休んでいたせいか、
本日の日本株は商いが減少しており(昨夜の米株も)、
昨日の様なジュリアナ東証のようなバブリーな商いではなかったものの、
日経、TOPIX、新興市場共に上昇して終えております。
(昨夜の米株はバリュー安、グロース高のマチマチ、VIXは低下)

株式市場以外の動きを見ても、債券はリスクオフの買いでもなく、
大きく売られてもなく、金利を含めて落ち着いており、
為替もリスクオフのドル高・円最強高ではなく、
リスク資産には追い風のドル安・円最弱安、それを受けて原油高、
銅&貴金属高(穀物は下落)、金安、HY債高なので、
足元で賑わっていた仮想通貨は売られているものの、
株式市場も含め、いわゆるカネ余りバブルモードの動きは継続中です。

(欧州時間に入ってから原油と仮想通貨が大きく売られ、
 ドル高がトドメ・・・追随しそうな動きなので、ちとキナ臭いです)

昨日も含め繰り返し書いている通り、
30年前のバブルよりも実体経済を伴わない金融市場だけのバブルであり、
何かをきっかけに、いつ弾けてもおかしくはない状況ではあります。

金融市場は世界的な大規模金融緩和の恩恵をモロに受けているからこそ、
金融引き締め観測&実施を機に弾ける可能性が最も高いのでしょうけど、
足元では世界的なコロナ感染と経済活動の再規制が拡大しており、
国内外共にマクロ指標には回復の頭打ち・鈍化が散見され、
足元の企業業績も米国ですら2桁減益ですから、
12月から接種開始のワクチン効果が実体経済で確認されるか、
確認されずとも世界的に経済活動のギアが上がるか、
各国の追加財政政策と各国中銀の追加緩和策が出て来ないと、
(日米英欧中銀は追加緩和に動くとの観測は拡大中です)
何をきっかけに崩れてもおかしくない状況ではあります。

ちなみに以上の様なきっかけとなりそうな継続しているリスクではなく、
目先の決まったイベントとしては、
今夜までのOPEC専門家会合、明日のTOPIXリバランス、
29-1日頃に発表されるBフライデー&サイバーマンデーの売上速報、
30ー1日のOPEC総会、30日の週の特盛な米経済指標、
中間配当の振込ピークである30-7日、
1日のFRB議長と米財務長官の議会証言、
10日のECB理事会、10-11日のEU首脳会議、
11日のMSQ、ワクチン接種開始と米つなぎ予算期限、
16-17日のFOMC、17日の英中銀会合、17-18日の日銀会合、
18日の米MSQ、31日の英・EUのブレグジット協議期限、
といったところです。

ということで、米国が屁こいて休んでいるに等しい明日の週末としては、
欧州時間に入ってからキナ臭い動きも見られますが、
冒頭でも書いた通り、債券(金利)安定、ドル安(出来れば円最弱安)、
原油高、他の資源高、金安(安定)、HY債高、商い増での株高、
というカネ余りバブルモードが継続しているならば、
割り切って(アホになって)波乗りすればいいでしょう。
ただし先にも述べた目先の日程を見据えながらの短期勝負を中心にして、
腰を据えての新たな参戦については、出遅れのバリュー株を拾うに留め、
買値を割るか直近安値を割れば撤退するくらいの姿勢で動きましょう。
当然ながら以上とは逆のリスクオフの動きとなっているならば、
慎重姿勢のまま週末を迎えましょう。

新興市場については、足元で本日を含む上昇局面では商い減、
下落局面で商い増という売りゴリモードが続いているので、
小難しい話よりもシンプルに商い増での上昇に転じるか、
薄商いでも直近高値を抜けるまでは、
アホになり過ぎないようにだけはしておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



バブル感のないバブル
こんばんはです。

本日の商いはジュリアナ東証の如く3兆円超えとなり、
日経、TOPIXの終値としても1991年以来の高値を更新中です。

上ひげチャビンの安値引けやがな!新興市場は売られとるがな!
というツッコミは置いといて、ちなみに1991年は、
御存知の通り、ジュリアナ東京が5月にオープンしたものの、
定義上のバブル期は2月に終了していたので、見方を変えれば、
バブルが終わったことにも気づかずジュリ扇を振り回しながら、
まだまだバブルやで!と狂乱の宴を繰り広げていたとも言えます(笑)

当時の私は投資をしていたわけでもないので、
マーケットの記憶は全くありませんけど、
バブル期が終わったとされる1991年ですら街の空気は賑わっていたり、
羽振りのいい話も腐るほど耳にしていたことを覚えているので、
現在は株価が1991年以来の水準であったりコロナバブルと言われても、
投資をしてない身近な人達はもちろんのこと、
街の雰囲気等の景況感も含め、バブル感が全く無いです(笑)

つまり現在のコロナバブルというのは、
まだまだバブルやないで!との見方もあるでしょうけど、
バブルだとするならば金融市場だけで起きているに過ぎず、
狂乱のバブルと言われた1991年よりも、
かなり危ういバブルだなと思うばかりです。

ただし実体を伴わない金融市場だけのバブルだからこそ、
弾けたとしても金融市場だけがショック安になるだけで、
意外と実体経済は変わらないのかも・・と言う微かな期待もありますが、
金融危機に発展して金融機関が潰れるようだと、
さすがに実体経済にも影響が及んでしまうので、
そういう意味では、金融引締め観測とか引締めに舵を切ることで、
リスクマネーの大逆流が起きると共に債券バブル崩壊にまで及ぶ・・・

まぁそんな先の良からぬシナリオを案ずるのは置いといて、
現状としては以上の様な実体を伴わないバブルであり、
その要因となったコロナ禍は、ワクチンにメドが立っているものの、
世界的に感染者が再拡大しており、経済活動の再規制も拡大中です。

かと言って実体経済を支える各国の財政政策は、
協議中とは言え、未だ追加策が出ておらず、
金融政策だけが世界的に大規模緩和を継続中&追加緩和観測もあるので、
コロナ禍では金融政策があるだけでも良いと言えますけど、
金融市場だけのバブルを助長しているとも言えます。

ということで、ワクチン期待や政権移譲による米政治の落ち着き期待、
イエレンおばさんの財務長官就任による米金融政策とのコラボ期待、
各国の追加金融緩和期待、いずれ出て来る?各国の追加財政政策期待、
これら期待オールスターズに対して、
足元で悪化しているコロナ禍という現実(実体)との綱引き状態ですが、
金融市場ではツッコミどころが満載であろうとも、
期待オールスターズが優勢でバブル状態となっているのも現実なので、
いつバブルが弾けてもおかしくないことだけは覚悟の上で、
割り切って(アホになって)波乗りするしかないです。

冒頭でも触れた通り、本日の日本株は上ひげチャビンの安値引けとなり、
商いを伴っているからこそのバイクラ感も漂っていたり、
先行しがちな新興市場が商い減ながらも売られていたりしますが・・・

昨夜の米欧株に続き、本日の日本株も商いを伴った上昇では終えており、
株式市場以外もリスク回避な債券高・金利低下、ドル高・円最強高、
原油安、資源安ではなく、いずれは悲鳴を上げる債券安の加速でもなく、
債券安定(低金利安定)、ドル安(円最弱安)、原油高、資源高、金安、
そして商い増での株高、VIX低下、HY債高、
というカネ余りバブルモードの動きとなっているので、
商い増での株安を含む市場全体がリスクオフに転じるまでは、
繰り返しになりますけど、割り切って(アホになって)波乗りしましょう。
ただし昨日も書いた日程を見据えながらの短期勝負を中心にして、
(今週末と来週初は米ブラックフライデーの売上速報も出ます)
腰を据えての新たな参戦については、出遅れのバリュー株を拾うに留め、
買値を割るか直近安値を割れば撤退するくらいの姿勢で動きましょう。

新興市場については、昨日も書いた通り、特に変更はないですが、
商い増での上昇が継続するか、直近高値を抜けるまでは、
アホになり過ぎないようにだけはしておきましょう。
当然ながら米ハイテク株や金利とドルの横睨みも忘れず。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



カウントダウンな空気が薄まったかのような三連休明け
こんばんはです。

三連休明けは沸く湧くワクチンとBUYデン、いや買イエレンなのか、
日米株は商い増での株高となり(昨夜の欧州株は薄商いでの反落)、
コロナショック第二弾へのカウントダウンとは程遠い展開に・・・

何やら米国はPMIが堅調だったとも言われてますが、
日本は低調だった英欧のPMIを少し上回った程度であり、
日英欧だけでなく米国、新興国も含め、コロナの感染拡大は収束に程遠く、
経済活動の再規制も拡大中なので、口実としては沸く湧くワクチン期待、
イエレンおばさんによる米国の財政&金融のW政策発動期待によって、
米感謝祭&月末に向けた買いが入ったと言えそうです。

それにしても米財務長官がブレイナードではなくイエレンおばさんならば、
FRB議長のパウエルおじさんはイエレンのイエスマンのようだったので、
米政府とFRBというか米財政政策と米金融政策の両輪が、
潤滑に回りそうな期待は膨らんでしまいます。

ただしイエレンおばさんが、バイデンねんのイエスマンになると、
バイデンねんはウォール街に対して厳しいじいさんですから、
イエレンおばさん次第では、一気に市場へ逆風が吹く可能性もあるので、
現時点では手放しで喜ぶのは早計な気もします。
そもそも正式に就任が決まったわけではないですからね。
(バイデンねん人事は今夜発表予定)

沸く湧くワクチンについても、12月11日から接種開始とのことですが、
広範に行き渡るのは来年夏以降とも言われており、
集団免疫の獲得には6-7割が接種を受けなければならないらしく、
しかも世界的に渡航制限を緩和したり経済活動を本格再開するならば、
米国だけでなく世界中の6-7割の人々が接種しなければならず、
私を含めワクチンは大丈夫なのと疑っている人も多いでしょうから、
6-7割には満たない可能性も無きにしも非ずです。

(そういや新型コロナは再感染の例もあり、ワクチンは効くのか?
 という意見はどうなったのでしょう・・・)

もしワクチンの安全性に問題があったり副作用があるとなれば、
以前にも触れた通り、一昨年あたりに見た英国のドラマのように、
コロナの拡散は序章に過ぎず、本丸はワクチンとなり兼ねないので、
ほんまにシャレにならないですからね・・・
(まさかドラマのように生殖機能への副作用なんてことになれば、
 副作用に気付くのにも時間が掛かりますからね)

だけに、得体の知れない面が多いワクチンよりも、
既存の治療薬での確実な治療法が見つかるといいのですが・・・。

そんな陰謀ドラマみたいな展開はともかくとしても、
足元のコロナの状況もへったくれもない金融市場の動きを見ると、
コロナショック第二弾のカウントダウンは継続していると言えますし、
もしワクチンの効果や普及に躓いたり、金融&財政の両面で頓挫すると、
一気にコロナショック第二弾が到来してもおかしくないです。
先日も書いた通り、足元の株高を含む金融市場の動きだけを見ても、
523ショック前にも似てますから、コロナショック第二弾ではなくとも、
政策面(特に金融政策)や金利上昇もしくはドル高をきっかけに、
株を含むリスク資産売りというハシゴが外れそうな空気も漂ってます。

以上の通りなので、沸く湧くチンや買イエレン、
さらにBUYデンや実体経済の回復といった期待相場には懐疑的であり、
コロナショック第二弾のカウントダウン中だとは思いますが・・・

私がケチを付けたところで、昨夜からの市場の動きは、
懐疑的でもない本気の期待のような商い増での株高であり、
債券も過度に売られての金利上昇でもなく、
リスクオフの様に過度に買われての金利低下でもなく安定しており、
為替もドル安の継続と共に円最弱安にも傾きつつあるリスクオン風味、
それと共に商品は、金の大幅安や他の金属の息切れ感も見られますが、
米株と共にリスク資産の代表でもある原油は買われているので、
ほぼカネ余りバブルモードの動きと言えます。
(VIXも22台まで低下、HY債も上昇)

ということで、ドル高が進むと米国からゴングが鳴りそうな気もしますが、
(足元で大賑わいとなっている仮想通貨も)
以上の様な動きが続いている限り、いつゴングが鳴ることも覚悟の上で、
アホになって乗るのもいいでしょう。
ただし腰を据えての新たな参戦については、出遅れのバリュー株に留め、
短期勝負中心が無難でしょうから、超目先としては、
今夜(明朝?)のバイデンねん人事発表、26日の米感謝祭、
25ー26日のOPEC専門家会合、トピのリバランがある27日、
30ー1日のOPEC総会、30日の週の特盛の米経済指標、
中間配当の振込ピークである30-7日、
1日のFRB議長と米財務長官の議会証言、
10日のECB理事会、10-11日のEU首脳会議、
11日のワクチン接種開始と米つなぎ予算期限、16-17日のFOMC、
17日の英中銀会合、17-18日の日銀会合、
といった需給面、政策面、経済指標等に関わるイベントは、
動くきっかけになる可能性があることは頭に入れておきましょう。

新興市場についても基本的には同様でいいのですが、
本日は主力大型株とは違って商いが減少しての上昇ではあったので、
商い増での上昇が継続するか、直近高値を抜けるまでは、
アホになり過ぎないようにだけはしておきましょう。
当然ながら米ハイテク株や金利とドルの横睨みも忘れず。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



カウントダウンな空気も漂う週末
こんばんはです。

またしても感染者の増加と共に医者や専門家が、
180度違うような持論の展開を繰り広げております・・・
良かれと思ってやってて悪気も無いのでしょうけど、
持論に自信があるのならば、官邸やホワイトハウス、WHO、国連、
何やったらノーベル財団にでも電話すればいいと思うのですが、
そういったアクションを門前払い覚悟でやっているならばまだしも、
単にSNSやマスコミで持論を展開しているだけなのであれば、
出来れば控えて頂きたいものです。

結局は医者や専門家ですらわからないという状況に等しいのですから、
素人には何が正しいのやら・・・各自で判断するしかなく、
誰しもが正解、誰しもが不正解という状況に変わりがないので、
自身の判断や見方を押し付けるわけにもいかず、
異なる判断・見方の人であろうとも尊重しなければならないだけに、
社会的には分断とは言わないまでも、混乱や迷走は続きそうです。

少なくとも政治には、正解であろうと不正解であろうとも、
責任だけは負った上で判断・見方を統一して頂きたいものですが、
コロナの状況は地域ごとにバラつきあがあるので、
せめて地方自治体の首長でもいいので統一して頂きたいものです。

個人的には足元の感染者数急増の原因が、単なる検査数の増加なのか、
GOTOや経済活動のギアを上げたことによるものなのか、
気温や湿度、それとも変異によるものなのか教えて欲しいものです。

まぁとにかく、経済活動の規制もせずに注意喚起だけならば、
国民への多少の危機感や意識付けにはなったとしても、
感染者数の増加は続くでしょうから、陽性率や死亡率まで上昇したり、
重症患者が増加して医療機関がひっ迫して来るようだと、
ワクチンの普及や治療薬(法)が確立されない限り、
いずれは経済活動の規制に踏み切らざるを得ないので、
現状はワクチンと治療薬(法)とのせめぎ合い状態、
悪く言えば、再規制に向けてカウントダウンが始まっているとも言えます。

以上の通り、実体経済にとっては厳しく不透明な状況なので、
せめて各国から追加の財政政策が出てくるといいのですが、
現時点では米国と欧州は相変わらずの協議中であり(協議再開)、
日本は進展しているものの規模が渋チンとも言われ始めており、
結局は実体経済にとって間接的に恩恵のある金融政策頼みな状況です。

一応、米英欧日共に大規模金融緩和の継続だけでなく、
追加緩和観測も台頭しているので、それ自体はポジティブであり、
直接的に恩恵のある金融市場にとってはさらにポジティブなのですが・・

なにやら昨夜はムニューチンおじさん(米財務長官)が、
FRB向けの緊急融資プログラムを12月31日で終了とか、
未使用資金を返却しやがれと言い出しているので、
現在の金融政策の恩恵が大部分を占めているバブリーな金融市場にとって、
かなりよろしくない話であり、クリスマスラリー期待にも水を差します。
そもそも先にも述べた通り、コロナ状況が悪化の一途を辿ると、
クリスマスラリーどころではなく、サンタも自粛を強いられそうです(笑)

っつうか、もしかしてトランプマンが、
大統領選での敗退が濃厚になったことで(諦めたことで)、
在任中のようなマーケット(株高)フレンドリーな姿勢も止めたというか、
あえてクラッシュを起こすことで、トランプマン政権が良かったと思わせ、
4年後の再選を狙う作戦に切り替えているのであれば、
1月の任期ギリギリまでは、FRBへの支援プラグラムの渋チンを含め、
マーケットを無視どころかショックを与えてもおかしくはないですからね。

そもそもバイデンおじさんの政策は、財政政策が大規模な以外、
増税、GAFAMやウォール街への規制強化など、
マーケットにとってよろしくない政策のオンパレードであり、
コロナ対応についてもトランプマンとの違いを見せようと、
ロックダウンのオンパレードも十分に有り得るじいさんなので、
ただでさえ政策の全容判明以降、1月の就任以降自体が厳しいところに、
トランプマンが前倒しで鉄槌を振り下ろす可能性も有り得ます。

そう言えば少し話が逸れますけど、
大統領選の不正投票ってバイデン陣営だけのことなのでしょうか?
トランプ陣営には全く不正がないのでしょうか?という素朴な疑問が・・
出来ればトランプマンの大ドンデン返しを期待したいですけど、
自らの陣営に不正が発覚すれば、ドンデン返しも吹き飛びますからね。

そんな大統領選の不正を巡る素朴な疑問は置いといて、
以上の通り、現在は実体経済、金融市場共に、
良く言えば、どっちに転んでもおかしくない丁半博打の様なせめぎ合い、
悪く言えば、ショックへのカウントダウンの空気が漂っており、
現在の金融市場全体の動きとしても、
ややリスクオフ風味が強いですが、どっち付かずとも言える動きです。

コロナネタについては、市場が開いている時間だけでなく、
三連休中もへったくれもなくネタが出て来るので(情勢は変わるので)
三連休明けがどうなっていてもおかしくないはないのですが、
とりあえず三連休明けのスタンスとしては、
リスクオフ風味の債券高・金利低下の加速ではなく低金利安定、
リスクオフのドル高(円最強高)ではなくドル安(出来れば円最弱安)、
原油高、資源高(金は安定)、商い増での株高、VIX低下、
というカネ余りバブルモードとなってない限りは、
短期も長期も新興市場も含めて慎重に構えておきましょう。

国内の感染再拡大のせいで、マインド低下や行動委縮が心配されますが、
感染に気を付けつつ、良い三連休をお過ごし下さい。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.