FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
冷ややかなままの週末
こんばんはです。

相変わらず米株だけが強いアメリカンファーストですが、
米株も含め薄商いも相変わらずであり、
喜んでいるのはトランプマンだけ・・・いや、昨夜はイヴァンカ嬢も、
ダウが史上最高値の27000超えよ!オホホホホと煽っていたので、
トランプ一家だけが喜んでいるようです(笑)

ところで本日は仮想通貨の流出騒動がありましたが、
昨日と一昨日のパウエルおじさんの議会証言を見ていても、
やたらと米議員からFBの仮想通貨に対する質問が多く、
しかも批判的な態度すらも感じられ、
パウエルおじさんも同調というか牽制していたので、
やはり政治家や中銀関係者にとっては仮想通貨が邪魔?脅威?なのか、
とにかく来週17日の米上院でのFBの仮想通貨に対する公聴会は、
紛糾しそうな空気も漂っております。

っつうか、未発行のFBの仮想通貨に対する紛糾はいいとしても、
来週16日には米下院にて、デジタル市場の競争問題について、
GAFAを始めとするハイテク企業の幹部を呼んでの公聴会もあり、
昨日には仏政府がデジタル課税の導入を承認したりと、
最近はどうもGAFAに対して、米国だけでなく、
世界的に課税や独禁法など、圧力や批判が強まっているのは気掛かりです。

なんだかんだ言ってもトランプマンは、ツイッター廃人のくせに、
公約の雇用増やそれを支持する層の影響もあるのでしょうけど、
GAFA等のハイテク企業よりもオールドエコノミー寄りの人ですから、
大統領選が近付くにつれ、人気取りのために圧力を増しそうな気もします。

何よりGAFA等のハイテク企業は図体もデカイだけに、
株価が崩れると市場への影響も大きく、
昨夜もトランプ一家が歓喜したダウとSP500の上昇に対し、
ナスダックは小幅安だっただけに、アメリカンファーストやなくて、
ダウとSP500、いや、ダウファーストで満足する可能性も・・・

まさかダウだけが突っ走るとは思いませんけど、
足元の米国と日英欧中の株価の乖離が続いているのを見ると、
あながちダウファーストも有り得なくないのではとも思ったり・・・

来週以降は意外とGAFAを始めハイテク企業が波乱要因となるのか、
決算も含めて注目でおます。

そんなGAFA&ハイテクへの逆風は置いといて、
現在の市場では、世界的にマクロ環境と業績の鈍化が顕在化している中、
その要因の一つであるトランプマンが仕掛けた貿易戦争動向、
それらの悪影響を麻薬でごまかす・・・失礼、
悪影響を和らげようとする米FRBを始めとする金融政策の動向、
日中の景気対策と米インフラ投資動向が焦点となっており、
他のリスクとしてイラン情勢、ブレグジット動向といった所です。

御存知の通り、昨夜までのパウエルおじさんの議会証言にて、
麻薬の乱用期待は高まっているのですが、市場の動きとしては、
昨夜から米金利の上昇が続いており、冒頭でも書いた通り、
株式市場の薄商いは続いているので、
薬でラリったような狂乱状態に程遠いのはもちろんのこと、
誰も麻薬効果に期待してないよう冷めた空気が漂ってますが、
このまま米金利とドルが緩やかではなくピッチを上げて上昇するようだと、
それこそハイテク株を中心に悲鳴を上げそうなのですが・・・
貿易戦争も何ら解決してないだけに・・・

ちなみに本日の我が国もSQ日としては激薄商いであり、
SQ売買分を差し引けば、昨日よりも薄商いだったと言えますので、
日本株に至っては、麻薬効果に期待してないだけでなく、
アメリカンファーストな米株高に引っ張られるとの期待すらも感じられず、
良好な需給環境だけを手掛かりに、先物主導で動いているだけであり、
低調な安川電機決算やまだら模様だった小売企業の決算を受けて、
現物は再来週からの1Q決算シーズンを見極めてからでも・・・
という空気すらも感じられます。
しかも消費税増税を抱えたまま、参院選に踏み切り、
投開票は決算本格化の前日である21日なので尚更です。
参院選を前に米国からホルムズ海峡警護の有志連合に加われとの圧力も、
やや選挙に影響しかねないですからね・・・

まぁとにかく本日は週末なので、今夜の海の向こうを見極めた上で、
改めて来週の見通しは三連休中の記事で書きます。

良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




動きだけはバブリー、一方で疑念は増すばかりのまま三連休へ
こんばんはです。

パパパパパウエルでバババババブルや!利下げやバンザーイ!
と盲目的な株高にはならず、商いも伴わなかったことからも、
米株が史上最高値圏で利下げすんのかい!
そもそも利下げ効果はあるのか(英欧日中の緩和姿勢も含め)?
効果は長続きするのか?危ういバブルを招くだけでは?という疑念と共に、
そもそもな貿易戦争や実体経済に対する懸念を感じるばかりですが・・・

一応、疑念や懸念があろうとも市場全体の動きとしては、
理想的な緩やかな金利上昇と商いを伴う動きではないものの、
債券高(金利低下)、ドル安(円高)、株高、原油高、商品高(金も)、
というバブリー・・・いや、利下げ期待な動きとなっているので、
泡立ち気味の危うい波頭に割り切って乗るのもアリですけど、
日本株については、本日の動きを見る限り、
さざ波どころかすぐに消える波紋くらにしか見えないのですが・・・

地合いが良い場合のドル安・円最弱安ではなく円高にも関わらず、
薄商いでの日本株高という胡散臭過ぎる動きで終えているので、
明日にSQを控え、ガスが抜けている足元の需給環境と共に、
短期的に大人の都合だけで動いている危うさが満載です・・・

しかも本日発表された安川電機の1Q決算は、
対中を始め受注がちょっぴり回復しとるで!
中国は景気対策を断続的に打っとるからやで!通期予想は据え置きやで!
わかってたことやから織り込み済みやで!出尽くしやで!アク抜けやで!
取組もええで!というポジティブゴリラな声もありますが、
受注が大きくマイナスであることに変わりなく、1Qの減益幅も大きく、
想定為替レートが1ドル110円、1ユーロ125円、1元16円のまま、
さらに貿易戦争は収束してない状況のまま、
米国を始め世界的な金融緩和頼みしかない状況の中で、
下期V字回復のように通期予想を据置と言われても、
さすがに説得力には欠けますし、先日の竹内製作所の決算も含め、
再来週から本格化する外需企業の決算への疑念が増すと共に、
足元の国内小売企業決算はまだら模様ですから、
(本日のユニクロ決算は無難でしたけどね)
株価の根幹である業績面での懸念によって割安感も薄れてしまい、
消費税増税というオマケまであるので、
国内景気だけでも底打ちというには早計過ぎると思うばかり・・・
(現在の想定為替を割り込んだ円高による業績圧迫懸念も含め)

日本株の先高感についても、明日の安川電機自体の反応はともかくとして、
いくら米株が史上最高値圏であろうと、世界的な金融緩和姿勢であろうと、
せいぜい決算が本格化する直前の参院選まで、
薄商いの中で忖度な公金買い等を含む良好な需給環境によって、
下支えされる程度しか見込めないです。

それにしても安川電機の決算を含む国内景気の鈍化、中国と欧州も同様、
その原因の一つである貿易戦争を仕掛けた米国は、
景気鈍化が最も軽微ながら利下げ、しかも貿易戦争は収束させず・・・
つくづく思うのですが、ほんまにアメリカンファーストというか、
アメリカンだけファースト、なんやったらトランプマンファースト、
とすら思えて来ます・・・

昨夜のパウエルおじさんの議会証言でも、
景気の不透明感の要因はトランプマンの貿易戦争や!とか、
クビやと言われても辞めへんで!と言いながらも、
結局は金融市場の総元締めでもあるFRB議長ですらも、
トランプマンに忖度したように利下げを示唆しているので、
子分の日本としては、政治的にも経済的にも安全保障的にも、
親分米国に媚びを売り、引っ張ってもらうしかないのが現実であり、
金融市場目線でもトランプマンのサジ加減に合わせるしかない状況です。

以上の通り、国内外の業績を含む景気が明らかに鈍化しており、
その要因である貿易戦争は収束しておらず、景気対策も未だ出ず、
世界的なドーピング(金融緩和)頼みという危うい状況ではありますが、
米利下げ観測(期待)な動きが続くと共に親分米国に引っ張られ、
足元の需給環境にも後押しされる可能性はありますので、
泡立ち気味の波であろうとも、薄商いであろうとも、
割り切って波乗りするのはアリですが、先に述べた通り、
日本株は時間軸では来週一杯(下手すれば明日のSQ明けには崩れる)
値幅的にもチョイ高程度か横ばいくらいしか期待できないので、
短期目線での勝負だけに留めるのが無難です。
言っても、イランリスクはきな臭さを増していたり、
香港デモも収束してないので、三連休前の週末である明日については、
十分にお気を付け・・・と言うか慎重姿勢は強めておきましょう。
腰を据えての新たな参戦については、商いを伴う動きにでもならない限り、
いっそのこと決算を見極めてからでも遅くはないくらいの姿勢で、
屁こいて寝ながら見ておきましょう。

当然ながら海の向こうも含め利下げ期待の動きとはならず、
単なるリスクオフ(債券高、ドル安・円高、商いを伴う株高)となったり、
可能性は低くなったものの金利急上昇、ドル高、株安、資源安、
という金利上昇ショックのような動きとなれば、
収まるまでは、短期の方も長期の方もおとなしくしておきましょう。

新興市場についても同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


袋小路感のままパウエルナイトへ
こんばんはです。

今宵のパパパパパウエルナイトも注目ですが、
昨日の工作機械受注を始め足元の低調な国内マクロ指標もさることながら、
同じく昨日の竹内製作所の低調な決算、本日のノーリツの下方修正、
足元の想定為替レートを割り込む円高からも、
参院選明けの再来週から本格化する国内企業の1Q決算は、
改めて怪しい空気が漂っているので、
決算の先陣を切る明日の安川電機決算も低調ならば怪しさが増します。

とにかく国内だけではなく海の向こうもマクロ環境と業績が鈍化しており、
過度な米利下げ期待や世界的な金融緩和期待はどうかとも思いますが、
まさかの米利上げ姿勢とか過度な利下げ牽制となって、
急ピッチな米金利上昇(ドル高)となれば、
マクロ環境と業績を圧迫することになり兼ねないですからね・・・

だからこそ貿易戦争さえ収束すれば、景気の先行き期待へと繋がり、
足元の低調な決算やマクロ指標に対しても、底打ちとか出尽くしとか、
織り込み済みとの御都合解釈も期待できるのですが、
現状はチームトランプマンの面々が、
口先だけで米中・米欧の通商協議が進展していると言っているだけで、
双方共に発動済みの関税や規制を撤回する様子はないですから、
(米印、米・新興国の協議は再びこじれている)
米利下げを含む世界的な金融緩和政策頼みというのも現実です・・・

果たして貿易戦争が収束しないままの金融緩和に効果があるのか・・・
効果があったとしても長続きはするのか・・・
結果的にバブルを招くだけではないのか・・・
というそもそもな疑問は拭えませんが、
かと言って、まさかの足元の利下げ期待に冷や水を浴びせたり、
まさかの米利上げ姿勢を含む金融引締めなんてことになれば、
先に述べた通りですから、現状は金融政策の舵取りとしても難しく、
市場では袋小路感も漂っております・・・。

だけに貿易戦争・・・としつこく言っても仕方ないので、
まずは今宵のパウエルおじさんの議会証言にて、
市場での過度な利下げ期待(年内2回)に応える姿勢を示すのか、
過度な利下げ期待を牽制し、年内1回程度の姿勢を示すのか、
それともパワハラを繰り返すトランプマンに反旗を翻すかのように、
1回の利下げもするかボケ!とか、
なんやったら利上げしたろかオウ?という姿勢を示すのか・・・

いずれかの結果を受けた市場のポジティブな反応としては、
緩やかな米金利上昇、ドル高、商いを伴う株高(原油、商品も崩れず)
と言うのが健全で理想的なのですが、
米金利低下or現状維持、ドル安、商いを伴う株高(原油・商品高)、
と言うベターな形にでもなるか・・・

市場のネガティブな反応としては、
米金利急騰、ドル高に対して悲鳴を上げるような商いを伴う株安、
原油、商品も崩れるという金利上昇ショックのような最悪の動きとなるか、
米金利低下、ドル安(ドル高かも)、商いを伴う株安(原油・商品安)
というベタなリスクオフとなるか・・・

それとも結局は国内外の企業決算、我が国は参院選も控えているので、
ついでに月末のFOMCも確認しようとか、
イラン情勢や香港デモ、ブレグジット、露疑惑動向も怪しいとなって、
相変わらずのハッキリしない相場が続くのか・・・

足元の債券、為替、株、原油等の需給環境を見ると、
過熱感は無いので、米金利が急騰さえしなければ、
ポジティブ反応の理想的な動きとなる余地が大きい需給環境ではあります。

ということで今宵のパウエルナイトを経て、どの動きになるのか・・
私としては、明晩も上院での議会証言もあり(主に質疑が注目)、
我が国は明日の引け後に安川電機決算とユニクロ決算、
週末はSQも控えているので、ハッキリしない相場が続くにでは・・・
と見ておりますが、私の見方はともかくとして、
理想的な動きで帰って来たならば、あれこれ小難しく考えず、
短期の方も長期の方も素直に乗ればいいでしょう。

ベターな形とかハッキリしない形で帰って来たならば、
商いを伴っていたら素直に乗るのもアリですが、
薄商いのままであれば、長続きするのかどうかは怪しい、
リスクには脆い、と言うことを覚悟の上で、
短期勝負を中心に割り切って乗ればいいのですが、
腰を据えての新たな参戦については、打診程度に留め、
ダメならば即座に撤退する姿勢だけは徹底しておきましょう。

一方、ネガティブ反応で帰って来たならば、押し目等の目線は置いといて、
動き自体が収まるまでは、1Q決算に備えての銘柄選別に費やす等、
屁こいて休むも相場というくらいに見ておきましょう。

新興市場での対応も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


あちらこちらでの揉め事とキナ臭さ
こんばんはです。

いつ起きるのかもわからず、気にしてもキリがないイラン情勢ですが、
昨日で核合意を反故にする形となり、俄かにキナ臭くもなっております。

ただでさえ貿易戦争と金融政策の行方に振り回されているので、
米とイランのドンパチはカンベンして頂きたいものですが、
ロシア疑惑での捜査を担当したモラー特別検察官が、
ついに非公開ではなく公開公聴会(17日)での証言に応じたようなので、
せっかく黒塗りで隠蔽したバー司法長官の努力?が暴かれるようだと、
トランプマンというか共和党が目を逸らすために、
イラン相手にいらんことしそうな気がしなくもないです。

まぁでもトランプマンはドローン撃墜事件の際には、
予想される犠牲者の数に釣り合いが取れないとの理由で攻撃を止めたので、
自制すると信じたいところですが、見方を変えると、
イランが関与する何らかの形で米国側に犠牲者が出るようなことがあれば、
躊躇なく報復するでしょうから、米国のでっち上げも含めちと怖いですが、
なんにせよ冒頭でも書いた通り、米国側に犠牲者が出るとか、
トランプマンが攻撃に踏み切るのかは、誰にもわかりまへんので、
事が起きてから対処するしかなく、
負うべきリスクとして受け止めるしかないのが現実ですけどね。

一方、負うべきリスクとは言えない貿易戦争、
それによる世界的な足元のマクロ環境と業績の鈍化ですが、
(ドイツ銀行のリスクもかな)
先に述べたロシア疑惑騒動が大きくなると、
目を逸らすためのイランに対するいらんことだけでなく、
中国との小競り合いも蒸し返す可能性があります。

何やら米国務省が台湾への武器売却計画を承認したようなので、
中国としては断じて容認できないでしょうし、
中国の言い分として米国が仕掛けているとほのめかしている香港のデモも、
未だ拡大・継続している状況では、中国共産党として、
対内的にも対外的にも色んな意味で弱腰を見せられないでしょうから、
中国側から貿易戦争を蒸し返す可能性はあります。

さらにトランプマンは金融政策を巡っても、
パウエルおじさん(FRB議長)とドンパチしており、
中銀の独立性もへったくれもなく利下げパワハラを繰り返しており、
挙句にトランプファイヤー(クビ)までほのめかして脅しているので、
パウエルおじさんとしては、利下げに踏み切ってしまうと、
金融市場の総本山であるFRBがついに政治の言いなりかいな・・・
と呆れるだけならばまだしも、景気鈍化の責任は貿易戦争ではなく、
昨年末までの金融引締めが原因やとの印象も強くなり、
トランプマンの思惑通りとなり、もはやFRBは機能不全と言うか、
市場からの信認低下を招いていしまい兼ねないですからね・・・

トルコ中銀総裁は結果的にクビをはねられたものの、
独裁者のエルドアン大統領を恐れずに楯突いたのですから、
パウエルおじさんには、あからさまな言いなり感だけは、
感じられないようにして頂きたいものですが、そうなると市場にとっては、
利下げ期待の剥落というもどかしさも沸いてきます・・・

パウエルおじさん率いるFRBだけでなく市場にとっても、
利下げ牽制に説得力のあるマクロ環境も業績も堅調ならばいいのですが、
現状は日中欧の鈍化が顕在化しており、本日の我が国の工作機械受注は、
相変わらずのドイヒーだけでなく、ついに好不況節目となる、
1000億円を32か月振りに割っていたり、
本日発表された竹内製作所の1Q決算も底打ちとは言い難い低調なので、
(明日の竹内製作所の株価の反応はともかく業績は・・・)
明後日の安川電機決算だけでなく中旬以降から本格化する国内企業決算も
ほんまに底打ちなのか?という怪しい空気が漂っております。
にも関わらず消費税増税というドMなことまで・・・
そしてまだら模様だった米国も足元では鈍化色が強くなっており、
来週から本格化する米企業決算にも警戒感が漂いつつあるので、
パウエルおじさんがトランプマンに反抗して利下げを牽制したところで、
現状は説得力に欠ける上に、過度な金利上昇・ドル高を招いてしまうと、
米景気にも市場にも重石となるだけですから、
パウエルおじさんとしては難しい舵取りを迫られております

以上の通り、市場に影響する全ての揉め事の中心がトランプマン・・・
と言うことに呆れると共に疲れる・・・のは置いといて(笑)
とにかくイラン情勢は負うべきリスクとしても(ドイツ銀も?)、
貿易戦争動向と国内外のマクロ指標に加え、
結局は来週から本格化する企業決算を見極め・・という空気もありますが、
目先としては景気対策がすぐに出てくるわけではないことからも、
米FRBを始めとする金融政策頼みというか方向性確認が重要なので
明日と明後日の半期に一度のパウエルおじさん議会証言が注目です。
(今夜にもプチ講演はありますけどね)
そしてこれらを受けて、米金利とドルがどう動くのかも注目です。

今のところ株、為替、原油の需給環境は良好なので、
まさかのドイツ銀行が破綻して信用不安でも起きない限り、
暴落やナンチャラショックとなる余地は極めて低いとは思いますが、
需給的には米債券安(金利上昇)ドル高となる余地は大きいだけに、
パウエルおじさんの証言を含む金融政策動向が重要でおます。

ということで、明日のスタンスとしては、
夜にパウエルおじさんの議会証言を控えているので、
短期も長期もわざわざ跨ぐように「新たに」参戦する必要はないですが、
すでに参戦している方については、昨日も書いた市場の動きを見て、
判断するのもアリですけど、くれぐれもお気を付けください。
明日の新興市場についても同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


動きも環境も変わらずな週明け
こんばんはです。

雇用統計後に上昇した金利がちょっぴり落ち着いていたりもしたので、
ザラ場の日本株は薄商いの中、ETFの分配金捻出売りで下げただけ、
と言われそうではありますけど・・・

本日は日本株が弱かっただけでなく、
中国株は大幅安、アジア株安、米株先物も軟調であり、
本日発表された機械受注と景気ウォッチャー調査は共に低調だったので、
本日と10日が集中日のETF分配金捻出売りだけとも思えず、
普通に国内景気の鈍化傾向と追い討ちとも言える消費税増税への懸念、
これらを反映しているかのようです・・・。

そして海の向こうも含めたマクロ環境と業績についても、
米国は先週末の雇用統計に対する見方は賛否両論ながら、
それ以外のマクロ指標で鈍化色が強くなりつつあり、
日中欧の鈍化は明確になりつつあり、
これらの要因の一つである昨年末までの米英欧の金融引締めは、
足元で日・中・新興国も含め世界的な金融緩和路線に転じているものの、
もう一つ要因のある貿易戦争は、米中が交渉のテーブルに着いただけで、
これまでに発動済みの関税や規制は、
ファーウェイ規制がやや緩んだだけで、ほぼ継続したままであり、
各国の景気対策も中国は断続的に発動しているものの、
日本の渋チン景気対策は未発動な上に消費税増税も控えており、
米国は巨額なインフラ投資法案の協議が頓挫したままなので、
このような状況が変わらないまま金利上昇(ドル高)が続くと、
マクロ環境と業績、株式市場とリスク資産には重石となります。

ただし現在の金利水準は、かつての金利上昇ショック時の水準には程遠く、
米長期金利は3%すらにも達しておらず、
株式市場の投機的な需給環境にも過熱感はなく、国内外の自社株買い、
国内では過去最高の配当再投資、ボーナス支給のピーク、
参院選までの忖度な公金買いもあり、
ETFの分配金捻出売りを十分に吸収出来そうな需給環境なので、
利下げ期待の後退に拍車が掛かると共に、
米金利が急騰(ドル急騰)でもしない限り、悲鳴も限定的でしょう。
そもそも米利下げや日英欧の金融緩和が必要なほど、
マクロ環境と業績が低調なのか?と言えば、それほどでもなく、
ましてや株価は世界的に高値圏ですからね・・・

以上の通りなので、貿易戦争の収束か景気対策が発動されることで
米金利上昇と商いを伴う株高という健全なリスクオンになるとか、
米利下げを含む金融緩和期待が再燃することで、
先週までの米金利低下、株高という不健全なドーピング相場になるとか、
という株高シナリオを描くには早計過ぎる現状でしょうから、
目先としては、雇用統計後の金利上昇(債券安)ドル高に対して、
株・リスク資産売りという巻き戻しがジワジワと続きそうです。

当然ながらトランプマンから利下げパワハラを受け、
仕事をしろとまで罵られているパウエルおじさんが、
10-11日の議会証言にて、露骨に反抗すると言うか、
利下げを否定するような発言をして米金利が急騰すると、
単なる巻き戻しから悲鳴に変わるでしょうし、
スットコドイツ銀行が破綻したり、米イランがドンパチをおっ始めると、
金利低下(債券高)ドル安(円高)、商いを伴う株売り・リスク資産売り、
というゴリゴリのベタなリスクオフになったりしますけど、
いかんせん需給環境が先に述べた通りなので、
悲鳴やリスクオフは限定的でしょうけどね。

ということで明日以降については、
悲鳴モードでの巻き戻しやリスクオフでなくとも、
ジワジワ巻き戻しが続いている限り、慎重に構えておきましょう。

もし米金利上昇と商いを伴う株高という健全なリスクオンが継続すれば、
小難しく考えず、長期の方も短期の方も素直に乗ればいいのですが、
その動きであっても薄商いだったり、
債券高(金利低下)、薄商いでの株高というドーピング期待相場ならば、
リスクには脆いことだけは覚悟の上で、
短期目線を中心に割り切って乗るのは自由ですが、
腰を据えて新たに参戦する方については、打診程度に留め、
ダメならばマッハで撤退する姿勢だけは徹底しておきましょう。

新興市場については、商いを伴う下落となるまでは勝負姿勢の維持、
というシンプルな見方もありなのですが、
最近は外国人の売買比率が高いというのもあり、
世界的なリスクオフとなれば、新興市場はリスク資産の最たるものとして、
過度に売られるのが相場の常というか更に強くなっているので、
商いの伴った新興株高が継続でもしない限り、
国内主力大型株と同様のスタンスで構えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.