FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望、想定為替レート、月次売上データなどなど。
とにもかくにもな今週
おはようございます。

週末の市場の動きを振り返ると、
債券市場では米英欧債券高(金利低下)ながら南欧債券安(金利上昇)、
というベタによろしくない動きとなっており、
同じくよろしくないながらも忘れられてる?米金利の逆イールドも継続中、
債券と同様、安全資産の金も買われております。

為替市場ではドル高ながら円最強高(円>ドル>ポンド>ユーロ)なので、
定番のリスク回避風味が漂っており、原油は横ばいで踏ん張ったものの、
景気と中国の鏡でもある銅は続落(他の商品も軟調)しており、
株式市場では米株が踏ん張りを見せてマチマチとなったものの、
パワーを感じられない薄商いであり(VIXは低下)、
英株は薄商いながらも続落、欧州株は商いを増加させての続落、
我らが日経平均先物は円ゴリラもあって軟調に帰って来ております。

以上の通り、概ねベタなリスクオフの動きが継続しているのですが、
米株だけの踏ん張りを見ると、まさにアメリカンファーストだなと、
少々呆れてしまう動きとも言えます。

こういった市場の動きの小難しい背景として、
景気の重石となる米FRB主導の金融引締めによる金利上昇、
米政府が仕掛けた景気の先行きに影響する貿易戦争が火に油となり、
世界的な景気の鈍化「懸念」から鈍化が「顕在化」しているのですが、
足元では日中欧の景気鈍化ばかりが顕在化し、米国だけが堅調・・・

せめて米国が牽引するアメリカンファーストならまだしも、
日中欧を牽引できるほど米景気は堅調ではないので、
このまま米国だけのアメリカンファーストが続くのかは怪しく、
遅かれ早かれ日中欧の鈍化に米国も呑み込まれそうです。

だけに、米FRB主導の金融引き締め姿勢、
米トランプマン政権が仕掛ける貿易戦争、
という2大迷惑を止めるなり、緩めるなりしないことには、
景気も市場も落ち着かないということなのですが・・・

今のところ米FRBは、そんな手の平返しな後手後手政策で大丈夫か?
トランプマンのパワハラに屈したのか?というツッコミも気にせず、
金融引締め姿勢を鈍化させているので、貿易戦争さえ落ち着けば、
もしかしたらすでに手遅れの可能性も否定は出来ないものの、
あわよくば日中欧の景気鈍化は一時的とか10-12月期が底となり、
米景気へ悪影響が及ぶことなく米景気が日中欧を牽引、
という形になる可能性が残っていると共に、
そういった期待が膨らむと言えます。

先週末の記事でも書いた通り、これまでトランプマンは
「景気鈍化の原因はパウ吉(パウエル)の金融引締めのせいや!」
と責任転嫁してきただけに、現在はFRBが忖度したのか、
手の平を返して金融引締めを鈍化させていることからも、
このまま米景気にも鈍化が及び、市場も落ち着かないようだと、
トランプマンが貿易戦争を止めへんからや!
長かった政府閉鎖の影響もあるで!
米企業だけでなく日欧企業の低調な決算発表では、
貿易戦争の影響という文言が多いがな!ということで、
今さらながらトランプマンへの責任論が台頭することになるので、
メキシコ国境問題を含む予算協議(政府閉鎖)で譲歩したように、
今週から協議が始まる米中通商協議を皮切りに、
貿易戦争は打ち止めに向かうと見ておりますが・・・

そしてトランプマンは対中追加関税発動期限の3月1日まで、
習近平とは会わないと言いながら、これは私の推測ですが、
期限前の27-28日に中国の隣のベトナムでカリアゲと会う前後に、
電撃的に中国を訪問して、期限ギリギリに通商協議で合意したで!
トップ同士やから決まったんや!というサプライズ演出があるのでは?
とも思っているのですが・・・そうなると今週の米中通商協議は、
サプライズの効果を高める前フリとしては、
双方があえて強硬姿勢を貫くプロレスのゴングが鳴る可能性も(笑)

ついでにもう一つやや気掛かりなのは、
貿易戦争とか景気鈍化の責任論から目を逸らす?ごまかす?ためなのか、
それとも定番の「強いアメリカアピール」なのか、
イランだけでなく、急速にベネズエラに対して圧力を強めており、
そこに軍事面・資金面で集中させようとしているのか、
シリアやISからは目を逸らし、カリアゲとは歩み寄っているので、
どうも胡散臭く、キナ臭く感じます。
今週はベネズエラやシリア、イランに関わる会合が、
米主催のものから国際会議まで数多く開催されるので、
ドンパチのきっかけ(口実)にされそうな感じもあり、
ほんまにドンパチが始まると、どさくさに紛れて貿易戦争に対しても、
強硬姿勢を貫く可能性も否定は出来ないとも言えます。

まぁ飛躍した推測に近いドンパチはともかくとして、
今週としては景気の先行きに影響する貿易戦争が、
主役である米中間の通商協議をきっかけに落ち着かないことには、
FRBの手の平返しな金融引締め鈍化による金利低下に対しても、
適温相場という御都合解釈とはならず、
単なる安全資産の債券買い(金利低下)という都合悪解釈となり、
マクロ・ミクロ面での悪材料に対する解釈も、
適温相場のような出尽くしとか織り込み済みにならず、
FRBが鈍化に転じたということはやっぱり景気が悪いんや・・・
と素直に悪材料となり、政治面でのリスクについても同様ですので、
しつこいようですが、貿易戦争が落ち着くことが先決であり、
次に期待は薄いですけどFRBが更に鈍化姿勢を強めることです。

それらに関わる今週のイベントとしては(詳細は前記事参照)、
週明けから始まる米中次官級の通商協議、
14-15日の強気なライトハイザーUSTR代表、
融和的なムニューチン米財務長官が出席する閣僚級協議が最も重要であり、
その次に12日のパウエルおじさんの講演(議会証言は26-27日)、
他の政治イベントでは、先に述べたキナ臭い関連の会合や国際会議、
英ブレグジット関連イベントが週を通して続き、
15日が期限の米つなぎ予算を巡る攻防も続きます。

マクロ指標では米経済指標が材料としては大きいことに変わりないので、
FRBの本業である物価指標(13日の米1月消費者物価)、
米GDPの7割を占める消費関連指標(14日と15日の米小売売上高)
米景気への影響確認となる15日のNY連銀製造業、米鉱工業生産、
ミシガン大指数あたりが注目なのですが、
鈍化の顕在化が話題の欧州マクロ指標がいつも以上に注目であり、
11日に英国、14日に独とユーロ圏の各GDP、
何気に前期は欧州よりも低調だった我が国の10-12月期GDPも
リセッション入りの称号を懸けて14日に発表されます。

企業決算としては、我が国は14日でほぼ一巡となり、
米国は11日のロウズ、13日のシスコシステムズ、
14日のエヌビディアやAマテリアルズ、コカ・コーラが注目です。

需給要素の強い日程面については、週明けが中国の春節明け、
15日は米国が三連休前の週末&SQ(SQは英欧も)、
最近では風化気味の45日前ルールの該当日でもあります。

ということなので今週としては、貿易戦争が落ち着かない限り、
政治面、マクロ面、ミクロ面共に適温相場での御都合解釈とはならず、
都合悪解釈な低温相場となってしまうので、
イベントの日程からも、早くとも15日までは、多少の反発はあれど
冒頭で書いた先週後半からのリスクオフ基調自体は続きそうです。

ただし足元の需給環境としては、債券と為替の巻き戻し余地はありますが、
株式市場と原油はかなりガスが抜けている状況なので、
まさかの何ちゃらショックでも起きない限り、
リスクオフ基調が続いたとしても、クリスマス安値は割りそうになく
貿易戦争等の行方を見ながら下値を探るような動きとなりそうです。

シンプルに見るならば、株式市場の先週後半からの売り局面では、
先週前半までを上回る商いを伴いつつ売られているので、
薄商いでの反発には惑わされず、商いを伴った上昇に転じるまでは、
腰を据えての「新たな」参戦は控えておきましょう。
短期の方についても、日跨ぎ等の中途半端な短期勝負は控えましょう。

新興市場については、国内外のリスクオフモードが落ち着いていれば、
サンバイオの悪影響も落ち着いてきたことでの資金流入もありますが、
先にも述べた通り、現状の国内外はリスクオフモードになりつつあり、
本格的なリスクオフとなれば、新興市場はリスク資産の最たるものとして、
過度に売られるのは相場の常な上に新興企業決算のピークも迎えるので、
今週は局地的なお祭り銘柄の短期勝負は自由ですが、
ピークの新興企業決算を始め、国内外の動きにも目を向けながら、
主力大型株以上に慎重に動いた方がいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


今週のスケジュール
おはようございます。

今週の見通しについては明日の記事で書きますので、
当記事は今週のスケジュールを貼っておきます。

引き続き、良い三連休をお過ごしください。


国内 海外
11日 建国記念日 人民元基準値発表(10:15)
(月) 中国1月財新サービス業PMI(10:45)
若田部日銀副総裁がアイルランド・英出張 スイス1月消費者物価(16:30)
 ※欧州金融フォーラム出席等(10-15日) 英10-12月期GDP・速報値(18:30)
河野外相が比ダバオ訪問(9-11日) 英12月貿易収支(18:30)
第23回 大阪オートメッセ2019(9-11日) 英12月鉱工業生産指数(18:30)
みずほ銀がATM休止(9日0時-12日8時) 米中次官級通商協議(11-13日:北京)
 ※ムニューシン米財務長官、
北・東日本を中心に最強寒波襲来   ライトハイザーUSTR代表らが参加する
 ※15日頃まで   閣僚級協議は14-15日
イランイスラム革命勝利40周年の大行進
 ※新型弾道ミサイルのお披露目も
アフリカ連合(AU)首脳会議(10-11日)
ポンペオ国務長官が欧州訪問(11-15日)
 ※NATO国防相理事会、中東和平会議、
  ミュンヘン安全保障会議等に出席
 ※ファーウェイ欧州進出への懸念の訴えも
ユーロ圏財務相会合
バークレイ英離脱担当相と
 バルニエEU首席交渉官がEU離脱協議
デギンドスECB副総裁講演(17:30)
ボウマンFRB理事講演(25:15)
メキシコ国境警備案を含む政府閉鎖を
 回避するため法案が合意するとの見通しも
中国春節明け
(決算)ロウズ
12日 1月マネーストックM2(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
(火) 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民銀の公開市場操作(10:15)
12月第三次産業活動指数(13:30) OPEC月報(20:00)
気象庁:エルニーニョ監視速報(14:00) 米レッドブック週間小売売上高(22:55)
12月工作機械受注・速報値(15:00) 米12月JOLT労働調査(24:00)
米1月月次財政収支(28:00)
閣議、閣議後会見 API米週間原油在庫統計(30:30)
 ※電波法改正案を閣議決定見通し
衆院予算委員会基本的質疑(8:55) 米中次官級通商協議(11-13日:北京)
若田部日銀副総裁がアイルランド・英出張  ※ムニューシン米財務長官、
 ※欧州金融フォーラム出席等(10-15日)   ライトハイザーUSTR代表らが参加する
金融庁とJPX共催の「気候関連財務情報開示   閣僚級協議は14-15日
 タスクフォース」に関するシンポジウム(13:00) ポンペオ国務長官が欧州訪問(11-15日)
五輪会場施設のメディア向け公開 EU財務相会合
ベネズエラの反マドゥロ大統領派が反政府集会
みずほ銀がATM休止(9日0時-12日8時) パウエルFRB議長講演(26:45)
クリーブランド連銀メスター総裁講演(32:30)
(決算) 約250社  ※投票権なし
日産自、シマノ、ヤマハ発、曙ブレーキ
東海カ、DMG森、Vテク、タカラトミー、凸版 (決算)アンダーアーマー、トリップアドバイザー
国際帝石、太平洋セ、三菱マ、そーせい
鹿島、飯田G、マクドナルド、USS、ヤオコー
楽天、GMO、GMOPG、フィンテック
ネクソン、Amazia、AmidAH
ACSL、BBタワー、ビープラッツ、エコモット、他
13日 1月国内企業物価指数(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
(水) 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) IEA石油市場月報(18:00)
2市場信用取引残高(16:00) 英1月消費者物価(18:30)
英1月生産者物価(18:30)
衆院予算委員会基本的質疑 ユーロ圏12月鉱工業生産(19:00)
経産省:2050経済社会構造部会 米MBA住宅ローン申請指数(21:00)
若田部日銀副総裁がアイルランド・英出張 米1月消費者物価(22:30)
 ※欧州金融フォーラム出席等(10-15日) EIA米週間原油在庫(24:30)
NISAの日 米中次官級通商協議(11-13日:北京)
 ※ムニューシン米財務長官、
5年債入札(12:35)   ライトハイザーUSTR代表らが参加する
  閣僚級協議は14-15日
(決算) 約320社 メイ英首相がEUとの離脱案修正協議の
ダイキン、東芝、大日印、朝日インテク  進捗状況を議会で説明・発表
ホシザキ、リョービ、KYB、平田機工、JMC  ※EUから合意案の修正を勝ち取れば、
日ペイント、クラレ、住友ゴム、アシックス   14日からの審議は見送られ、

ポーラHD、ライオン、ロート、サッポロHD   25日の週に採決の可能性
ペプチド、ヘリオス、ソレイジア、メドピア ペンス副大統領がポーランド・独訪問(13-16日)
日揮、千代建、昭和シェル、近鉄G、セイノー  ※NATO国防相理事会、中東和平会議、
ソニーFH、住友不、TATERU、デュアルT   ミュンヘン安全保障会議等に出席
マツキヨ、トリドール、QBネット、和心、壽屋 ポンペオ国務長官が欧州訪問(11-15日)
リクルート、ウェルビー、キャリインデ、シェアテク NATO国防相理事会(13-14日)
光通信、東映、カドカワ、テリロジー、DMP 中東和平に関する閣僚級国際会議(13-14日)
パークシャ、サイボウズ、イーソル、エーアイ 米・コロンビア首脳会談
ラクス、FFRI、ユーザーロカ、KLab、イグニス NZ準備銀行金融政策発表(5:00)
オイラ大地、ユーザベース、アドベンチャ、他 ラウテンシュレーガーECB理事講演(8:30)
カンザスシティ連銀ジョージ総裁講演(9:30)
 ※投票権有
スウェーデン中銀金融政策発表(17:30)
クリーブランド連銀メスター総裁講演(22:50)
 ※投票権なし
フィラデルフィア連銀ハーカー総裁講演(26:00)
 ※投票権なし
(決算)
シスコシステムズ、ネットアップ、AIG
マリオット、ヒルトン
14日 10-12月期GDP・速報値(8:50) 中国1月貿易収支
(木) 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 人民元基準値発表(10:15)
プログラム売買状況(15:30) 人民銀の公開市場操作(10:15)
英1月RICS住宅価格指数(9:01)
若田部日銀副総裁がアイルランド・英出張 トルコ12月経常収支(16:00)
 ※欧州金融フォーラム出席等(10-15日) フィンランド10-12月期GDP・改定値(16:00)
法務省:法制審議会総会(13:30) 独10-12月期GDP・速報値(16:00)
ユーロ圏10-12月期GDP・改定値(19:00)
(決算) 約320社 米12月小売売上高(22:30)
郵政3社、大手損保各社、第一生命、スルガ銀  ※政府閉鎖で発表が延期となっていたもの
大林組、オープンH、アンビション 米1月生産者物価(22:30)
キリン、アサヒ、サントリー、コカBJH、山パン 米前週分新規失業保険申請件数(22:30)
クボタ、アマダ、セイコー、JDI、昭電工、DIC 米11月企業在庫(24:00)
出光、コスモHD、浜ゴム、ユニチャーム EIA週間天然ガス在庫(24:30)
電通、ユニバーサル、サンリオ、RIZAP、リミポ
ロイヤルHD、ペッパー、フジオフード、大塚家 米中閣僚級通商協議(14-15日:北京)
パーソル、アウトソシン、りたりこ、フロンテオ  ※ムニューシン米財務長官、
トレンド、ソースネクス、チェンジ、クラウドW   ライトハイザーUSTR代表らが参加
インフォMT、エボラブルA、ベルトラ、トレンダ 英議会にてEU離脱問題全般を巡る動議提出
アルテリア、スプリックス、くふう、オークファン  ※13日まで協議するメイ首相次第
エクストリム、Aiming、マイネット、アエリア  ※野党側、各議員からも含む
GNI、DWTI、ブライトパス、PSS、カイオム   新たな修正案が提出され、審議開始
サイバダイン、フェローテク、テクポイント、他 ロシア投資フォーラム(14-15日)
露、トルコ、イラン首脳会談
ペンス副大統領がポーランド・独訪問(13-16日)
 ※NATO国防相理事会、中東和平会議、
  ミュンヘン安全保障会議等に出席
ポンペオ国務長官が欧州訪問(11-15日)
中東和平に関する閣僚級国際会議(13-14日)
NATO国防相理事会(13-14日)
ベネズエラのグアイド国会議長ら反政府側が
 ワシントンにてベネズエラ情勢について協議
フィラデルフィア連銀ハーカー総裁講演(25:00)
 ※投票権なし
米30年インフレ連動国債入札(27:00)
(決算)
エヌビディア、Aマテリアルズ、コカコーラ
ルノー、クレディスイス、コメルツバンク
15日 対外対内証券売買契約等の状況(8:50) 人民元基準値発表(10:15)
(金) 日銀国債買入オペ通知(10:10)(14:00) 中国1月生産者物価(10:30)
12月産業機械受注(11:00) 中国1月消費者物価(10:30)
12月鉱工業生産・確報値(13:30) 欧州1月新車販売台数(16:00)
投資主体別売買動向(15:00) 英1月小売売上高(18:30)
ユーロ圏12月貿易収支(19:00)
閣議、閣議後会見 米2月NY連銀製造業景気指数(22:30)
クルツ豪首相訪日(15-17日) 米1月小売売上高(22:30)
日豪首脳会談 米1月輸出入物価指数(22:30)
若田部日銀副総裁がアイルランド・英出張 米1月鉱工業生産(23:15)
 ※欧州金融フォーラム出席等(10-15日) 米12月企業在庫(24:00)
徴用工訴訟の原告側が被告側の新日鉄住金、 米2月ミシガン大消費者態度指数速報値(24:00)
 三菱重、不二越の3社を訪問 米12月対米証券投資(30:00)
米石油掘削リグ稼働数(27:00)
45日前ルール該当日 シカゴIMM通貨先物ポジション(2/12時点分)
10年物価連動国債入札(12:35) 米中閣僚級通商協議(14-15日:北京)
 ※ムニューシン米財務長官、
(決算) 約30社 ※企業決算一巡   ライトハイザーUSTR代表らが参加
ブリヂストン、TOYO、菱鉛筆、ユニオンツル ロシア投資フォーラム(14-15日)
シノケンG、ホットランド、セルシード、テラ ペンス副大統領がポーランド・独訪問(13-16日)
ALBERT、ホットリンク、アートSHD、YKT、他  ※NATO国防相理事会、中東和平会議、
  ミュンヘン安全保障会議等に出席
ポンペオ国務長官が欧州訪問(11-15日)
ミュンヘン安全保障会議(15-17日)
アトランタ連銀ボスティック総裁講演(23:55)
 ※投票権なし
米つなぎ予算期限
米SQ
米国は三連休前の週末
(決算)
ディア、ペプシコ、クラフトハインツ、アリアンツ
16日 クルツ豪首相訪日(15-17日) 金正日総書記生誕記念日
(土) ペンス副大統領がポーランド・独訪問(13-16日)
 ※NATO国防相理事会、中東和平会議、
  ミュンヘン安全保障会議等に出席
ミュンヘン安全保障会議(15-17日)
ナイジェリア大統領選挙、連邦議会選挙
17日 クルツ豪首相訪日(15-17日)
(日) 吉川、厚木、篠山、鳥栖各市長選投開票 ミュンヘン安全保障会議(15-17日)


お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




そうだ京都へカチ込もう
おはようございます。

本日は最強寒波が到来したのことで、随分と冷え込んでおりますが、
先日に雪が降った際、豪雪な雪景色でも見たいなと思い付き、
ウホウホと近所の山の上まで登れば見られたかも知れないのですが、
いつもの如く、そうだ雪景色の京都へカチ込もうと思い付き、
電車に飛び乗って京都へ降り立つと・・・

すでに駅周辺でも雪が薄っすらと積もっており、
遠くに見える山が雪化粧していたので、
大原とか貴船、奥座敷の花背にでも行けば、
豪雪な雪景色が見られそうだなと思い、
バスターミナルでバスを物色していたら、
大原行のバスが空いていたので乗り込み、いざ大原へ・・・

約1時間ちょっとバスに揺られながら大原に降り立つと、
豪雪とまではいかないものの、なかなかの雪景色・・・

IMG_0361.jpg

昨年に訪れた寂光院へ行こうかと迷ったのですが、
定番の三千院の方へ向かうことに・・・

IMG_0396.jpg

しかしながら三千院の前に着いた途端、
そう言えば新緑の季節に行きそびれた宝泉院とか実光院が、
三千院の近くにあったことを思い出し、結局は定番の三千院もスルーして、
少し先にある実光院へカチ込むと、宝泉院よりもマイナーだからなのか、
人は少なく、のんびりと過ごすことが出来ました。


IMG_0368.jpg

IMG_0372.jpg

IMG_0381.jpg

さらに寺のハシゴとばかりに、もう少し先へある宝泉院へカチ込むと、
人が多いのかと思いきや数人しか居らず、
ここは抹茶と和菓子付きだったので、
王者の風格で・・・いや、お上品に頂きながら、
垢にまみれた心も洗い?ながら、実光院よりもゆっくりと過ごせました。

何より宝泉院は紅葉と桜の季節もいいのでしょうけど、
新緑の季節に来るべきだなと思わせる寺でした。


IMG_0405.jpg

IMG_0421.jpg

IMG_0447.jpg

IMG_0455.jpg

いやはや寺は好きになれず、神社がいいと言っていた私ですが、
最近はすっかり信心深くなったのではなく、
観光のプロを感じさせる寺の姿勢(失礼?w)に魅せられて、
寺巡りに勤しんでおります。

そしていつもの如く、京都のおいしいラーメン屋を探し、
今回は一乗寺というか茶山にある「岡本屋」という店へカチ込み、
ベタな京都背脂醤油ラーメンを食べて帰って来ました。

以上、ゴリラ男の「そうだ京都へカチ込もう 雪景色編」でした。

引き続き、良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




サプライズへの前フリ?だといいのですが・・・
こんばんはです。

欧州委員会がユーロ圏の成長率見通し引下げというネタもありますが、
何やらガキ大将(トランプマン)がガキデカ(習近平)との首脳会談は、
今のところ関税引上げ開始の3月1日までに予定はありまへんと・・・

ん?ちょっと待てよ・・・

そう言えばガキ大将がカリアゲ将軍と会うのが2月27-28日、
しかも場所は中国のお隣さんであるベトナム・・・

もしかしてカリアゲ将軍と会う前、もしくは28日に、
電撃的にガキ大将が中国へカチ込んでガキデカと通商協議を行い、
3月1日の期限ギリギリで電撃合意というサプライズを狙ってる?
昨夜の発言は来週の通商協議を前にした牽制だけでなく、
サプライズ効果を高めるための前フリ?
と思うのは私だけでしょうか・・・(笑)

と言うのも、パウエルおじさん率いるFRBが、
パワハラに屈して忖度したのかはどうかはともかく、
トランプマンの意向通りに金融引締め姿勢を鈍化させたわけですから、
この状況下で景気が失速したり、株式市場が崩れることになると、
強気な金融引締め姿勢を維持していた昨年までならば、
パウエルの野郎のせいや!と責任転嫁できたでしょうけど、
現状では自らが貿易戦争に火を点けておいての責任転嫁は無理があり、
来週末には米つなぎ予算の期限も控えていることからも、
トランプマンが戦犯扱いされてもおかしくないだけに、
米中通商協議は譲歩するか、もしくは期限を延長して協議継続、
という最悪の結果は回避すると思うのですが・・・

もしかすると、先日にトランプマンがパウエルくんと飯を食った際に、
米中通商協議はゴリゴリに強気で行った方が、
大統領選に向けた長期的な目線では大きな成果になるから、
市場と景気を支えるためにも金融引締め姿勢はユルユルに鈍化してくれ!
とパワハラしていたら、米中協議はこじれる可能性があり、
それを受けて市場のリスクオフが加速するようだと、
パウエルおじさんの講演か下旬の半期に一度の議会証言にて、
満を持してユルフン横チン姿で登場し、
さらなる金融引締めのユルユル姿勢をぶち上げるまで、
市場は落ち着かないというシナリオもありますけど・・・

私としてはパウエルおじさんが救世主となる後者のシナリオよりも、
前者の電撃サプライズ演出大作戦になると見ておりますが、
来週の米中協議が始まらないことには、ほんまに前者となるのか、
後者のリスクオフ加速からの救世主パウエルマン降臨となるのか、
わからないですし、いずれのシナリオになろうとも、
昨夜から本日までの市場の動きを見る限り、
日米欧債券高(金利低下、伊・ギリシャは債券安(金利上昇))、
ユーロ安・ドル高(リスク回避風味な円ゴリラ)の動きに対して、
適温相場だという御都合解釈とはなっておらず、
冒頭で書いた欧州景気懸念や米中貿易戦争懸念というのを口実に、
商いも増加させてのほぼリスクオフという冷温相場となっております。

我が国については、本日がSQ、三連休前、国内企業決算2回目ピーク、
という国内独自の需給&日程&ミクロ(決算)の節目ではありましたが、
本日はSQ分やハゲバンコ分の商いを差し引いたとしても、
昨日に続き、やや商いを膨らませての株安ですから、
いずれ前者と後者のどちらかのシナリオになろうとも現状は、
売りゴリラモードに転じたと言ってもおかしくない状況です。
(今のところはプチゴリラ程度ですけどね)

ただし海の向こうについては、
今夜も商いを増加させてのリスクオフの動きが続くようだと、
日本だけでなく海の向こうも売りゴリラに変身したと言えますが、
昨夜だけの一時的なリスクオフの動きで終わり、
今夜は反発するようならば(理想は商いを伴う反発ですけど)、
売りゴリラに変身したとは言い切れず、
我が国も含めて一時的なリスクオフ(一服)のだったとも言えますので、
まずは今夜の海の向こうを見極めた上で、
来週の見通しについては、改めて三連休中の記事で書きます。

良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




温度差のあるまま三連休前の週末へ
こんばんはです。

本日はハゲバンコがボーボーに生えたものの(S高)、
日経・TOPIX共に下落、東証1部の値下がり銘柄数も74%に及び、
昨夜の半導体SOXがゴリラ上げだったにも関わらず、
我が国の半導体株は冴えず、トヨタら主力の外需も売られ、
売買代金もSQ前やボーボー商いはあれど2.55兆円となったので、
中身の悪さとそれなりに商いの伴った下げとなっております。

新興市場についても、狂乱のサンバ祭(S高)となったものの、
マザーズ、JQ共に下げており、マザの値下がり銘柄数も75%に及び、
売買代金もサンバの426億円を除くと約820億円なので、
週初からのサンバを除いた商いよりもやや膨らんでの下げと言えます。

本日はZOZO力彩芽の呟かない宣言高も含め、
ハゲゾゾサンバ祭という局地的な賑わいのあった一方で、
主力・新興共に全体としては中身も悪く、やや商いを伴った下げであり、
昨夜も薄商いだった海の向こうとも一線を画す動きでおます。

これらの原因が明日のSQ、週末は三連休、
と言った国内独自の需給面と日程面での都合であったり、
明日で2回目のピークを迎える国内企業決算、
来週は新興企業決算のピークと共に国内企業決算の一巡、
といったミクロ面も含む国内独自のものであるならば、
SQや三連休前の週末と言うのは通過すればいいとも言えますが、
ミクロ面に対する過度なネガティブ解釈だと厄介ではあります。

マクロ面では来週に我が国の10-12月期GDPが発表され、
前期に続く2期連続のマイナス成長となれば、
定義上はリセッション入りとの称号を得ることになり、
先進国の中でも際立つことになってしまい、
さらに今年は消費税増税というドMプレイも控えているので、
いくら過去の数字の経済統計とは言え、ちと心配ではあります。
しかも経済統計の不正騒動が炎上している最中ですから、
計算方法を変えたばかりのGDPに不正は無いと信じたいですが、
まさかの不正での嵩増しがあったというか、
今回は正直にドイヒーな数字・・・ってことだけは勘弁願いたいものです。

黒だぬき親方としても、一向に上がらない物価にも負けない図太さで、
デフレ脱却を目指してゴリゴリの金融緩和を続けているのに、
実質賃金のインチキ判明に加えGDPまでがインチキやったとすると、
何もかも前提が崩れてしまい、もしかして金融緩和の効果ってゼロ?
という市場参加者を含めみんなが胸に秘めた心の声が、
隠し切れずに(我慢できずに)溢れる可能性が高くなります(笑)

以上の通り、国内独自の需給や日程の都合ではなく、
マクロ・ミクロ両面でのネガティブ解釈だと厄介ではありますが・・・

米国主導の金融引締めと貿易戦争による影響が大きいので、
足元で鈍化に転じた米金融政策、収束期待の高まっている貿易戦争、
これらが継続すれば景気の先行き期待へと繋がり、
マクロ・ミクロの悪材料に対しても織り込み済み等の御都合解釈となり、
我が国独自のマクロ・ミクロ環境の低調ぶりも軽減されます。
(今のところ米国のマクロ・ミクロ環境は堅調とも言える状況です)

ということなので、こういった状況が継続するためにも、
来週から始まる米中通商協議が重要ですが、
昨夜発表された米貿易収支は僅かながらも赤字が縮小しており(対中も)、
穏便に終わらせたいムニューチンおじさん(財務長官)も参加することで
ゴリゴリ強気のライトハイザーのブレーキにはなりそうですから、
貿易戦争の収束期待は高まりそうです。

そして市場については、
こういった貿易戦争収束期待による景気の先行き期待、
市場と景気にやさしい米金融引締めの鈍化姿勢、
今のところ堅調と言える米マクロ・ミクロ環境があるのであれば、
もう少し商いを伴った本気買いとなるはずなのですが・・・

海の向こうは昨夜も薄商いが続いているので、
こういった環境になるとは誰も信じてないのか・・・、
何かリスクが爆発することを警戒しているかのようではあり、
本日の我が国の商いが膨らんだことについても、
SQ前とかハゲバンコの影響等の一時的な国内要因に見えてしまいます。

足元の裁定買い残が低水準等(かつての様に常態化しているだけ?)
かなりガスは抜けた状況であり、海の向こうの株式市場も同様なので、
クリスマス底を下回ることはなく、下値は限定的だとは思いますし、
いずれは先に述べた御都合解釈な環境と共に、
商いを伴う上昇となりそうですが・・・
明日のSQ、、もしくは45日前ルール該当日、米SQ、
米つなぎ予算期限、これらが重なる15日までは、
先に述べた環境に変化が無ければ、薄商いが続く可能性もあります・・・

当然ながら来週からの米中貿易戦争がこじれるようだと、
米金利低下(債券買い)ドル安を適温と御都合解釈せず、
単なるリスクオフの債券買い・株売り(油等のリスク資産売り)
という低温相場になってしまいますけどね・・・

いやはや、市場を取り巻く環境としては、
景気の先行き期待が高まりそうなので、目先はポジティブ目線ですが・・
いかんせん足元の市場の動きは、金利低下等の適温が続いているものの、
全く期待を感じられないというか、未だ何かを待っているかのように、
株式市場の薄商いが続いており、本日の日本株に至っては、
やや商いを膨らませての下落となっているので、
明日については、SQ&三連休前の週末ではありますが、
シンプルにSQ分の商いを差し引いた上で、
商いを伴った上昇となるようであれば、素直に乗るのもアリですが、
もし明日も商いを伴った下落が継続すれば、
大人しく慎重に週末を迎えた方がいいでしょう。
明日に限っては短期・長期の参戦は問わず、同様の見方でいいでしょう。

新興市場についても同様ですが、
サンバの商いを差しい引いて判断しましょう
一応、新興企業決算の本格化は三連休明けですしね。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


Copyright © 2019 不沈艦日記. all rights reserved.