fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
明晩はFOMC
こんばんはです。

トヨタがついに10000円を突破して上場来高値更新です。
日経平均が史上最高値を付けたバブル期と現在のトヨタの株価を
比較しても意味はないでしょうし、
(日経も当時とは構成銘柄自体も違いますしね)
実体経済と株価が乖離することはいつものことであり、
そもそもトヨタは海外需要が大きいグローバル企業でもあるのですが、
現在の我が国はコロナ禍で緊急事態宣言も発令されており、
先進国の中で唯一のデフレ、GDPもマイナス成長なのも事実なので、
景気実感との温度差が風邪を引きそうなくらいにも感じられます(笑)
(コロナも風邪の一種だけに・・・)

それこそが世界的な大規模金融緩和によるカネ余りバブルモードやで!
と言って割り切るのもアリですが、
せめて我が国は先進国並みの温度差くらいまで追いつかないと、
それこそ風邪を拗らせて肺炎等の重症化の道を辿るか、
病や痛みを誤魔化す終わりなき麻薬(金融緩和)によって、
廃人と化してしまってもおかしくないのですが・・・
(すでに麻薬でラリってしまっていて、重症化に気づいてないだけ?
 との廃人説もありますけどね・・・)
現在の海の向こうではインフレ懸念が台頭しており、
それによる金融引締めざるを得ない懸念も台頭しているので、
我が国が追い付く前に良からぬことが起きる可能性もあります。

そういう意味でも、今週のメインイベントである明日のFOMC、
その前に思惑が先行する可能性もある今夜の米小売売上高、
生産者物価も注目ではあります。

以上のような景気実感と金融市場の温度差や我が国の状況、
海の向こうのインフレ&金融引締めざるを得ない懸念もありますが、
現実として世界的な大規模金融緩和(薬)と共に、
両輪となる財政出動(栄養補給)が、
我が国を含め世界的にも大規模で行われており、
(コロナきっかけで経済の構造変化(治療)も起きてます)
先進国はワクチン接種加速と感染者数減少によって、
経済活動のギアも上がりつつあるのも事実なので、
実体経済と金融市場に温度差はあれど、
インフレ&金融引締めざるを得ない懸念も台頭せず、
実体経済が金融市場を追い掛ける構図が続き、
日本も他の先進国を追い掛ける構図が続くのであれば、
トヨタを含めた株価が正しいとか正しくないとかは置いといて、
先走る株価を含む金融市場との温度差にも目を瞑るのはアリです。

金融市場に限って言えば、最も影響が大きいのは金融政策であり、
大規模金融緩和の継続こそが重要なので、
金融市場の動きとしても、緩やかな金利低下もしくは安定、
ドル安で安定(仮想通貨高も)、
原油・商品はインフレ懸念が台頭しない程度に堅調、
商いを伴う株高(VIXは低下・安定)、
というインフレ&金融引締めざるを得ない懸念の動きが見られず、
カネ余りバブルモードを示す動きが続くならば、
短期も長期もバリューもグロースも問わず、
リスク覚悟でアホになって参戦すればいいですが、
もはや明晩はFOMCなので、それを通過してからの参戦が無難です。
薄商いでのカネ余りバブルモードの動きが続くならば、
アテにならない一時的な動きと言わざるを得ないので、
短期勝負だけに留めておきましょう(FOMC跨ぎも控えましょう)

当然ながらインフレ&金融引締めざるを得ない懸念を示すかのように
金利上昇が加速したり、市場のリスクオン・オフ役となっているドルが、
オフであるドル高に転じて、市場全体がリスクオフとなっていれば、
FOMCを見極めてから考え(動き)ましょう。

新興市場は本日の商いがやや増加しておりましたが、
まだまだ薄商いの範疇であり、明日はFOMCもあるので、
同様のスタンスで構えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.