fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
不健全なモヤモヤ感はあれど
こんばんはです。

昨日までの薄商いとは打って変わって、
本日は商いを伴うカネ余りバブルモード継続の動きでしたが、
昨夜の米国市場を見ていると、堅調な経済指標に対して、
米景気は堅調だからこその健全なインフレと言う解釈よりも、
インフレ懸念&金融引締めざるを得ない懸念という解釈の方が強く、
金利が上昇すれば、さらにその解釈(傾向)が強く感じるので、
ドル高までが加わると、悲鳴に変わりそうではありますが・・・

御存知の通り、足元では先進国を始めとする海の向こうは、
ワクチン接種の加速によるコロナ禍の好転も顕著になっていると共に、
経済活動のギアも上がっているのですから、
ポジティブ解釈が増えても不思議ではないのですが、
残念ながらそうではなくバリュー買い程度の現状を見ると、
ポジティブ解釈はすでに織り込み済みの可能性も無きにしも非ずですし、
シンプルに株を始めとするリスク資産(特にグロース株)にとっては、
結局のところ金融引締めざるを得ない懸念が台頭することが、
最も大きな重石になるとも言えるので、
今週末の雇用統計や来週の米消費者物価(こっちが本命?)を始め、
今後発表される経済指標は(特に震源地の米国)、
ドイヒー過ぎると論外ですが、程良く低調な結果になった方が、
インフレ懸念&金融引締めざるを得ない懸念が台頭せず、
むしろ金融緩和継続期待が高まるので、懲りない光景と言うか、
不健全ながら金融市場には追い風になるとも言えます。
(特に週末の雇用統計と来週の米消費者物価は)

そういう意味では、世界的なインフレ&金融引締め観測が台頭する中、
それとは無縁のデフレ&金融緩和継続の我が国は異質なので、
本日の日本株の商いを伴った上昇は、異質で不健全の極致とも(笑)

以上のような日本だけでなく海の向こうも含め、
不健全なモヤモヤ感が漂っており、それがリスクでもあるので、
常に頭の片隅に置いておくべきなのですが、
シンプルに市場の動きだけで判断するならば、
本日の動きでもある金利低下or安定、ドル安で安定、
インフレ懸念を招かない程度の原油高、商品高(仮想通貨も)、
商いを伴う株高というカネ余りバブルモードが継続しているならば、
不健全なモヤモヤ感には目を瞑り、リスク覚悟でアホになって、
短期も長期も問わず参戦すればいいですが(ただしバリュー中心で)、
再び薄商いとなれば、直近高値を超えるまでは、
腰を据えての参戦は控え、短期勝負を中心にしておきましょう。
当然ながらインフレ懸念&金融引締めざるを得ない懸念等によって、
リスクオフとなっていれば、大人しくしておきましょう。

新興市場については、本日のマザはIPOがあったにもかかわらず、
相変わらずの激薄商いが続いているので、
海の向こうの金利低下やグロース株買いが戻ることよりも、
とにかくエネルギー源である商いが戻るまでは、
自然落下が続くと見て、主力大型株以上に気を付けて動きましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.