fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
ピロピロ
こんばんはです。

緊急事態宣言が再び延長になりそうです・・・
なんでしょう好意的に言えば臨機応変とも言えますし、
実際に延長した方がいいのかも知れませんけど、
度重なる風見鶏のような延期判断を見ていると、
後手後手にウンザリと言わざるを得ないです。

実際にガースー黒光り内閣の支持率は右肩下がりが続いており、
東京五輪の開幕(7月23日)を前に、
東京都議選が6月25日の公示、7月4日の投開票なので、
五輪よりもコロナよりも都政よりも都民よりも、
政局こそが大好物な小池おばさんがここぞとばかりに、
独断専行で東京五輪の辞退表明パフォーマンスをすると、
東京五輪自体に暗雲が漂うだけでなく、
ガースー黒光り内閣が死に体となってしまい、
日本株の最も大きな材料だった政治の安定が揺らいでしまうので、
コロナ動向を含む緊急事態宣言の顛末と共に、
都議選を見据えたガースーと小池おばさんのお粗末劇場は、
注目せざるを得ないと言えます。

いやはや、五輪が心配でなりまへん・・・

そんな日本のコロナ禍も含む政治リスクや五輪懸念は置いといて、
本日の日本株は昨夜の米英欧株と共に戻しておりますが、
昨夜の米株は今年最低の薄商い、英欧株も薄商い、
本日の日本株も薄商いなので(値下がり銘柄数も約6割)、
腰の据わった本気買いには程遠く、買戻し中心のピロピロ上がり、
というアテにならん戻りに過ぎないと言えます。

何やら足元の長期金利低下は、米インフラ投資の縮小によって、
インフレ懸念が後退し(財政悪化懸念の緩和にはなるけど)、
結果的に金融引締めざるを得ない懸念も後退したとか、
グロース株の逆襲が始まったとのポジティブ解釈が溢れてますが、
本気でそう思っているならば、株式市場の商いも膨らむので、
ポジティブ解釈は額面通りに受け取れないです。

そもそも主役のネタがインフレ懸念であるならば、
物価に影響する原油、商品は高値圏を維持しているので、
大崩れすると単なるリスクオフですけど、
緩やかに下落するくらいにならないと、
インフレ懸念後退とは言えないですからね。

結局のところ足元でドル安になっていることで、
市場全体の「動き」だけはカネ余りバブルモードとなっており、
これと定番セットの御都合解釈モードにもなっているのでしょうから、
薄商いではなく商いを伴った動きになるのであれば、
御都合解釈であろうともケチを付けず、割り切って市場の動きに合わせ、
長期も短期も自由に参戦すればいいでしょうけど、
現在のアテにならない薄商いが継続しているならば、
ドル高が加速すると単なるリスクオフになる、
金利上昇が加速するとインフレ懸念が再燃する、
という覚悟だけは忘れず、短期勝負を中心に動きましょう。

新興市場についても同様でいいのですが、
いつも書いている通り、相変わらず激薄商いが続いているので、
とにかくエネルギー源である商いが戻るまでは、
主力大型株以上に気を付けて動きましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.