FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
GW明け
こんばんはです。

屁こいて9連休を取っていたので、浦島太郎になるかと思いきや、
相場はセルインメイとなるわけでもなく、日本株は良く言えば堅調、
悪く言えばレンジ内に過ぎない動きでのGW明けとなり、
浦島太郎にはならずに迎えられたのですが、
結局はテンコ盛りの決算に目を通すことに勤しんでいた方が、
有意義な相場とは言えますけどね。

そんな感じで特盛つゆだくの国内企業決算は今週一杯まで続き、
現時点でも堅調な着地、見通しも慎重ながらそれなりに堅調なので、
我が国以上に堅調な決算だった米株と同様とまではいいませんが、
(ダウとSP500と輸送株は史上最高値更新)
追随すべくレンジの上限辺りまで行ってもおかしくないのですが・・・

今週は12日のトヨタとハゲバンコGを始め企業決算のピークと共に、
足元ではコロナ感染者の増加による緊急事態宣言が発令される中、
世界と比べてワクチン接種が遅れており、
かといって追加の金融&財政政策期待もないので、
日本株の上値余地は乏しいとか弱い原因探しには事欠かない上に、
企業決算は織り込み済みとも言われても仕方ない状況とも言えます。

東京五輪についても、日本株の弱い原因になるのかわかりませんけど、
開催が流動的?不透明?な状況というのもあります。

ちなみに東京五輪開催の是非を問う世論調査では、
意外と開催反対の意見が少なかったのは(59%)、
個人的には勇気づけられたというか嬉しくもあります。

最近はマスコミやネット界隈を見ていると、
開催を賛成する声を上げにくいような不気味な雰囲気も漂っており、
実際にコロナが原因で中止せざるを得ないのであれば、
賛成派の私ですらも仕方ないのかなと諦めようとは思いますけど、
与党憎し、スポーツ嫌いが根っこにある反対の声は論外として、
くれぐれも政治的な駆け引きでの中止だけは勘弁願いたいものです。

最近開催されている各スポーツイベントを見る限り(国際試合も)、
選手と関係者を隔離するとか無観客や客数制限にさえすれば、
中止する理由にはならないでしょうし、
経済的な負担は試算にもある通り、開催年の負担は軽微なので、
結局は看護師等の人出をかき集めることで、
ひっ迫している医療機関にさらなる負担となるのかどうかでしょうね。
(病院は診療報酬で成り立っているわけですから、
 何とかならないもんかという疑問はありますけどね)

相場とはやや話が逸れてしまいましたが、
もし五輪が中止となれば、短期的には相場に影響しそうですし、
開催することで医療崩壊が進んでコロナ禍が悪化するようだと、
相場への影響は大きくなりかねないので、
五輪動向が気掛かりではありますけど、
それは置いといて現状の相場を見ると先にも述べた通りなので、
SQと決算が一巡する週末までは(12日のトヨタとハゲ決算まで?)、
米国次第のレンジ内での相場が続きそうではあります。

現在の米国市場については、金利低下(債券高)と共に、
ドル高ならばリスクオフの債券高加速となりますが、
足元ではドル安が進んでいるので、金利低下・安定バンザーイ!
雇用統計も低調やから金融緩和継続や!カネ余りバブルモードや!
と言わんばかりに、原油は高値圏、金も反発基調、
銅や他の商品も高値圏どころか高値更新も多く(仮想通貨も高値圏)、
米株は商いがやや増加程度ながらダウ、SP500、輸送株が高値更新、
ナス、SOX、ラッセルも足元で続伸しているので(VIX低下)、
鍵を握るドルが堅調になって原油・商品が崩れて金利低下が加速するか、
金利急騰が再燃するか、超シンプルに商い増での米株安に転じるか、
いずれかになることで日本株も商い増での株安に転じるまでは、
レンジ上値を目指すことも含め、レンジ内での動きが続きそうなので、
それに合わせて短期的に動くなり、腰を据えての参戦については、
決算を終えた銘柄だけに留めておきましょう。

新興市場については、ずっと書いておりますが、
商い増での上昇に転じて継続するまでは、大人しくしておくべきですが、
今週から本格化する新興企業決算を前にして、
足元では薄いながらも地味に商いを増加させての下落となっているので、
ゴリラ商いでのセリクラのような嵐にでもならない限り、
慎重姿勢は強めで構えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.