fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
ゴールデンウイーク前の騒がしいウィーク入り
こんばんはです。

昨日から私の住んでいる地域に緊急事態宣言が発令され、
日曜日は近所の様子に変わりは無かったものの、
街中の方はほとんどの商業施設や大型店舗が休業していたせいか、
かなり人波が減っており、経済的な打撃が心配なのは置いといて、
お願いレベルに等しい措置にも関わらず、
国民や企業は自主的に協力しているようなものなのですから、
これでも感染者減少等の結果が出ないようだと、
さらなる政治不信にも繋がり、何より緊急事態宣言の延長程度では、
協力しない国民や企業が続出しそうですからね・・・

そもそも以前の緊急事態宣言の効果への疑心暗鬼が募っているところに
今回は緊急事態宣言の発令前からすでに感染者数がピークアウトし、
減少傾向に入っているとの専門家の見方もあり、
相変わらずの後手後手感満載とか、
五輪に向けたパフォーマンスに等しいとか言われているからこそ、
(IOC会長の来日に合わせた忖度とも・・・)
結果(成果)が出ないと、政治不信だけでは収まらず、
やけっぱちなロックダウンとかを強行する悪循環に陥りそうなので、
緊急事態宣言が後手後手だろうと効果が怪しくとも、
感染者数減少と医療機関の切迫が収束という結果を期待したいものです。

てな感じで、ワクチンを含むコロナ動向だけでなく、
我が国の政府にも危うさを感じるばかりであり(五輪も危うい?)、
だからこそ日本株は下げるときは際立って売られ、
上げる時も際立って買われないのか・・・と言いたくもなりますし、
現実として我が国の感染者数自体は世界的にも少ないという面はあれど、
ワクチン接種の遅れが世界的に際立っており、
明日に金融政策の結果を発表する日銀はETF買いを渋チン化しており、
(渋チン化は健全な事なので、大いに結構ですけどね)
マクロ指標は世界的にも低調ではあるので、
今週からさらに本格化する国内企業決算が(特に今期見通し)、
コロナ禍を過剰に鑑みて、お得意の控えめ予想オンパレードとなれば、
日本株の際立つ弱さに拍車が掛かってもおかしくはないです。

そして以上のような国内事情だけでなく、
海の向こうも米英中以外はコロナ禍が悪化・停滞しており、
足元で発表が本格化している米企業決算は、
先週後半から市場予想を上回る企業が多くなっているものの、
株価の反応は織り込み済なのかイマイチな反応が多く(マクロ指標も)、
本気買いのような商い伴った株高には繋がっておらず、
先週末も米株は商いを伴わない反発でおました。
(英欧株は薄商いの反落、本日の日本株は薄商いの小幅反発)

ただし先週末はドル安と共に原油高、穀物以外の商品高だったので、
足元の金利低下に対してリスク回避ではなく低金利安定バンザーイ、
との解釈になっていることも株価の反発に寄与したとも言えますが、
とにかく低金利安定、ドル安、原油高、商品高と共に(仮想通貨高も)、
商い増での株高(日本株も)、VIX低下、
というカネ余りバブルモードの動きが継続するまで、
せめて米株が直近高値を超えて来るまでは、
海の向こうはリスクオフ基調が止まっておらず、
鍵を握るドルが買われて原油安、商品安となれば、
再び債券買い・株売りのリスクオフが加速すると見ておきましょう。
(日本株は際立った売りになると見ておきましょう)

以上の通り、シンプルに市場の動きだけで判断するのもアリですが、
連日の様に繰り返し書いている通り、
今週は日米の金融政策イベントと国内外の企業決算ラッシュを控え、
今夜はテスラ決算、明日は日銀金融政策決定会合、
夜にはグーグル、マイクロソフト、TIの決算、
GW入りの前日となる明後日の28日はソニー、富士通、三菱電、
信越化、TDK、村田、キーエンス、デンソー等、国内の注目企業決算、
その夜には寄り前のボーイング、引け後のアップル、FBの決算、
アップルとFB決算の直前にFOMCの結果、
日本が休場の29日にはアマゾンとツイッターの決算、
という怒涛の一週間であり、大ヤマ場は28日と言えますが、
日々のコロナ動向、燻ったままの米中対立とアルケゴス騒動、
増税懸念もあって好悪入り混じる米インフラ投資法案協議動向もあり、
いつ市場が動いてもおかしくない一週間ではあります。

ということで、明日のスタンスとしては特に変更もなく、
先にも述べた通りです(新興市場も)。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.