fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
来週からヤマ場シーズン入り
こんばんはです。

今夜は我らがガースー黒光り首相が米国へカチ込み、
世界で最初の首脳としてバイデンねんとサシで会談を行うので、
それなりに世界的な話題にもなりそうですが、
いかんせんアベトラのような見た目のインパクトはなく、
発信力やハッタリ感にも欠ける地味な両名なので、
くれぐれも肝心な実務面での成果もなく手ぶらで帰国、
なんてことにならないことを願うばかりです。

ただし対中国、対カリアゲ(北朝鮮)といった外交面(地政学面)、
ワクチン手配等のコロナ対策が中心になりそうであり(五輪も?)、
経済面や金融市場にとってポジティブな成果は期待が薄そうなだけに、
何か大きな成果があればサプライズにはなりますけど・・・

安倍ちゃんマンのように米企業を視察をしたり、NY市場にカチ込み、
渾身の一発ギャグであるバイ・マイ・アベノミクスを披露したりと、
ガースーおじさんも何かやってくれるといいのですが・・・

ということで、日米首脳会談についてはサプライズが無ければ、
連日のように書いている通り、来週は19日のIBM、
20日のネットフリックスとP&Gを皮切りに本格化する米企業決算、
22日の日本電産を皮切りに本格化する国内企業決算、
同じく22日のECB理事会とインテル決算、これらに焦点が移り、
審議が開始された米インフラ投資法案(財源としての法人税増税も)、
日々の感染状況やワクチン、経済活動を含むコロナ動向、
激化しつつある米中対立、燻ったままのアルケゴス騒動、
これらの状況を横目で睨むという感じです。

そして再来週は26日のテスラ決算、27日の日銀会合とグーグル決算、
GW入りの前日である28日は信越化学、ソニー、富士通、三菱電、
TDK、村田、キーエンス、デンソー等の注目の国内企業決算と共に、
夜にはFOMCの結果(米市場の寄り前にはボーイング決算も)、
米市場の引け後であり日本が屁こいて休んでいる29日早朝には、
アップルとFBの決算が重なる等、騒がしい一週間を迎えます。
(大ヤマ場は28日と言えます)

ちなみに現在の金融市場の動きとしては、
昨夜の米国市場では大幅な債券高(金利低下)、
ドルは横ばい(豪ドル高、やや円高、仮想通貨高)、
原油高、商品高、金大幅高、薄商いでの米欧株高(VIX低下)となり、
ハイテク・グロース株が堅調だったので、
金利低下によるカネ余りバブルモードとも言えるのですが・・・

昨夜発表された米経済指標が堅調過ぎるくらいの結果にも関わらず、
債券が大幅高(金利が大幅低下)となり、
安全資産の金も大幅高となっており、相変わらずの薄商いなので、
嵐の前の静けさの中で、いずれ襲来するリスクオフを先取っている?
というオイニーも漂っている感が否めないですけど、
ドル高(円最強高、豪ドル安)、原油安・商品安とならなければ、
海の向こうは薄商いながら(今夜は米SQなので引けで商いは膨らむ)、
カネ余りバブルモードが続くと割り切って見るのもアリですが、
来週から先に述べたヤマ場期間入りと共にリスクも燻ったままなので、
いつハシゴは外れてもおかしくないことだけは覚悟しておきましょう。

そして本日の日本株は、相変わらず寂れた農村のような薄商いが続き、
堅調だった親分の米国に追随するような堅調ぶりではなく小幅高・・

来週からのヤマ場期間入りで明確な動きになればいいのですが、
薄商い続きだったとしてもせめて直近高値を超えないことには、
海の向こうほどにカネ余りバブルモードだと割り切るわけにもいかず、
レンジ内でのギッコンバッタン相場が続くと見ておきましょう。

本日のマザーズも相変わらずの薄商いながら、
(指数寄与度銘柄やIPOは買われているのに・・・)
直近高値を抜けそうな大幅高だったので、
来週以降、明確に高値を抜くのであれば割り切るのもアリですが、
先にも述べた通り、来週から国内外共にヤマ場期間入りなので、
金利と米グロース株の横睨みは忘れないようにしましょう。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.