fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
色んな意味で際立った本日
こんばんはです。

昨夜発表された3月のISM非製造業までが過去最高となり、
先週からの米経済指標のゴリラっぷりが際立っており、
それを追随する堅調ぶりの中国、やや弱い欧州と日本という構図です。

我が国は世界有数と言える大規模な財政出動、最長&大規模な金融緩和、
感染者数は増加傾向ながら先進国の中で最も少ないにも関わらずなので、
結局、現在の実体経済に限っては、財政政策や金融政策の規模よりも、
ワクチン接種の進展と共に経済活動のギアを上げることこそが、
(結局はコロナの克服次第なのかとも言えます)
景気回復&加速の鍵なのかと今さらながら改めて感じるだけに、
先進国の中でワクチン接種が際立って遅れている我が国は、
自力で感染者数を減少させない限り、
景気回復は米国、中国、欧州の後塵を拝することになるか、
米中欧に引っ張り上げて貰うしかないとも言えますが・・・

ただし金融市場に限って言えば、
コロナワクチンや感染状況、財政出動も重要ですが、
それよりも最も重要なのが金融政策のドーピング(緩和策)なので、
実体経済の構図通りに動かないのも現実ですが、
本日の日本株については、昨夜の米国市場の堅調ぶりをよそに、
際立った弱さを見せて引けているので(欧州株は上昇スタート)、
今さら先に述べたワクチン接種や実体経済の構図が原因とか、
まさか朝方のカリアゲマンの五輪不参加表明が原因なのか・・・
それとも日本が五輪開催を断念することを見込んでいるのか・・・
まさかまさかのアルケゴス問題で野村でも破綻するのか・・・
単に週末の米欧市場が休場だったことでのズレた動きなのか・・・

とにかく本日の日本株の際立つ弱さは何が原因だったのか・・・
ただの需給要因なのか・・・何ともよくわからないのですが、
急落前にありがちなネチネチ売りが朝から続く寄り天唐竹割りとなり、
やや商いも増加しているのも事実なので、
今夜の海の向こうと共に明日の日本株の動きが注目でおます。

ちなみに昨夜の米国市場は、冒頭で書いたゴリラ経済指標が、
金利上昇への耐性を示す裏付け材料になったのか、
イエレンおばさんとバイデンじいさんの法人税増税も嫌気することなく、
米グロース株は高止まりしている米長期金利に悲鳴をあげないどころか
むしろ米株の上昇を主導する展開となり、半導体SOX、ダウ、
SP500、輸送株は最高値更新で引けているので、
米株の動きとしては、良い金利上昇論相場の動きではあります。

ただし昨夜は薄商いであり、米金利高止まり&ドル安だったので、
米金利高止まり(上昇)、ドル高のコンビとなった際に、
昨夜急落した原油、マチマチだった商品が崩れず、
米株も悲鳴を上げずに商いを伴って耐えられるのであれば、
ほんまに良い金利上昇論相場になったと頭を切り替えるしかないですが、
(個人的には長続きする相場とは思えないですけどね)
その動きが継続・確認できるまでは、
念のためバリュー株中心の物色に留めておくのが無難です。

もし緩やかな金利低下・安定、ドル安、原油高、商品高、株高
というカネ余りバブルモードの動きとなれば、
バリューもグロースも短期も長期も問わず、
アホになって参戦すればいいでしょうし、
むしろグロース株中心の物色でもいいとすら言えます。

残念ながら金利上昇(ドル高)に悲鳴を上げり、
ベタなリスクオフでの商いを伴う株安に転じて継続するならば、
調整入りと判断して慎重に構えておきましょう。

見ての通り、以上は米国市場中心の見方なので、
本日が際立った弱さとなった日本株としては、
明日以降の動き次第とも言えますが、
先に述べたような国内独自の要因や動きが明確にでもならない限りは、
米国市場中心の見方でいいでしょう。

新興市場についても基本的には同様のスタンスでいいのですが、
連日の様に書いている通り、肝心の商いが盛り上がらないままなので、
目安としてマザの売買代金が2000億円超え、
JQも含めた3000億円超えとなるまで、
もしくは薄商いでもマザが直近高値を超えるまでは、
国内外のグロース株&金利動向は置いといて、慎重に動きましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.