FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
燻りと金利上昇が続く中で
こんばんはです。

前日の野村やCSを巻き込んだアーケゴス騒動は、
今のところは国内外共に金融株が売られているだけに留まり、
短期金利、銀行間金利、CDSにまで延焼してないので、
金融市場全体としては局地的&一時的な騒ぎに留まっておりますが、
昨日も書いた通り、足元の長期金利上昇を正当化する良い金利上昇論は、
銀行が潤うことで実体経済へマネーが還流する、
ということが根幹の一つとなっているので、
もし銀行に多大なダメージがあったり破綻なんてことになれば、
良い金利上昇論が揺らぎ兼ねないですし、
疑心暗鬼が拡大して信用不安が起こって金融危機なんてことになれば、
良い金利上昇論も悪い金利上昇論もへったくれもなく、
金融市場だけでなく実体経済にも大きな打撃を喰らわすことになり、
金融市場への逆風が強くなって金融規制の強化に加え、
(すでにHFへの規制論は台頭してますけどね)
キャピタルゲイン課税等の増税論にも拍車が掛かりますから、
くれぐれも局地的&一時的な騒ぎで終わり、
かつてのリーマンショック前の前兆と同じやった・・・
ってことにならないことを願うばかりです。

以上の通りなので、引き続き、国内外の金融株が下げ止まるのか、
短期金利、銀行間金利、CDSにまで延焼してないのか、
これらへの横睨みは継続しておく必要はありますが、
現時点での金融市場全体の動きとしては、
長期金利上昇&短期金利低下(健全?とも言えるイールドカーブ拡大)、
ドル高(豪ドル高、円最弱安、仮想通貨高)、
原油上昇、銅は下落、他の商品はマチマチ、
昨夜の米株はダウのみ上昇(商い減少)、VIX上昇、
本日の日本株は金融株とマザを含むグロース株が軟調だったものの、
日経は商い減少ながら配当落ち分を埋める小幅高、
TOPIXはほぼ配当落ち分程度の下げに留まっており、
中国株も反発(商いやや減)、本日の英欧株は金融株の反発も含め、
上昇してスタートしており、ナス先は軟調なものの、
ダウと日経先物は上昇して推移中・・・

つまり冒頭で書いたアーケゴス騒動は置いといたとしても、
足元の長期金利上昇にも屈せず、グロース株が上昇できるのか?
ドル高にも屈せず、原油・商品が上昇できるのか?
今のところ悪い金利上昇とまでは言えないですが、
原油以外は屈しているような動きが続いているので、
少なくとも金融市場では良い金利上昇だと言えない動きです。

言っても足元では国内外共にコロナ感染が再拡大していることで、
市場でのワクチン効果期待と実体経済の回復期待が、
剥げ落ちてはないものの、やや薄れつつある?飽きつつある?
というムードが漂っているのも事実であり、
冒頭で書いたアーケゴス騒ぎも燻ったままなので、
今週と来週に発表される月初の特盛な米経済指標(日本は日銀短観も)、
継続している世界的な大規模金融緩和策に加え、
すでに可決された給付金を含む米追加財政政策、
31日にバイデン爺さんが発表する3兆ドル規模のインフラ投資策、
(米財務長官はこれの財源として増税が必須とも言ってますけどね)
これらによって市場での良い金利上昇論を後押しする動きとなるのか、
結局は低金利安定のカネ余りバブルモードの動きになるのか、
それとも悪い金利上昇論のような動きとなるのか、
アーケゴス騒ぎ等でベタなリスクオフとなるのか・・・

ということで、明日のスタンスとしては特に変更はないですが、
金利低下・安定、ドル安、原油高、商品高、
商いを伴う株高というカネ余りバブルモードの動きならば、
短期も長期もバリューもグロースも月末も月初も問わず、
リスク覚悟でアホになって参戦すればいいですが、
金利上昇(債券安)ドル高ではなくドル安、原油高、商品高、
商いを伴う株高、もしく市場全体の方向感の見えないマチマチならば、
良い金利上昇論が定着するまでは、
金融機関を除くバリュー物色に留めておきましょう。

当然ながらまさかの財政悪化&インフレ懸念等、
悪い金利上昇論のような動きであったり(主に米トリプル安)
ベタなリスクオフの動きであれば、嵐が収束するまでは慎重に構え、
短期勝負も月跨ぎを控えるくらいの姿勢で動きましょう。
しつこいようですが、以上のいずれの動きであっても、
しばらくは先に述べた金融株等の動きだけは注視しておきましょう。

新興市場も同様のスタンスでいいのですが、
連日の様に書いている通り、商いが増えないと話にならないので、
海の向こうの小難しい金利を巡る云々や米グロース株動向云々よりも、
シンプルに商い増での株高が継続するまでは、慎重に動きましょう。
商いの目安としては、マザの売買代金が2000億円超え、
もしくは足元で活況なJQと合わせて3000億円超えです。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.