fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
今夜のFOMC後を見据え
こんばんはです。

目先のヤマ場である今夜のFOMCを受けて、
市場の主役と化している金利がどう反応するのか・・・
それに対する「市場の中」での解釈がどうなるのか・・・

良い金利上昇という解釈と共に株高も続くのであれば、
健全なグレートローテーションの動きとは言えますし、
現在がバブルであってもかつてのバブル期には、
過熱しながらも金利上昇、株高にはなっていたので、
十分に有り得る動きではあるのですが・・・

繰り返し書いている通り、そもそもコロナショック(コロナ禍)は、
ありがちな金融市場から始まったショックではなく、
まさにコロナウィルスの感染拡大によって、
経済活動の縮小から始まり、しかも未だ回復途上という段階なので、
実体経済にとって株高になることは、資産効果という恩恵はあるものの、
金利上昇は実体経済の回復の妨げになる面が多過ぎるとしか思えず、
挙句に原油、商品までが上昇加速となれば、
市場でのリスクマネーの活性化に繋がる面はあれど、
実体経済にはコスト高、インフレ加速という妨げになる面もある上に、
金融市場にとっては、金融引締めに近づくことになりますからね。

従って現在の実体経済にとっては、大規模な財政出動があるとは言え、
低金利を維持することが必要であり(過度な原油高・商品高の抑制も)
金融市場にとっても決して健全ではなく不健全であり、
将来の金融市場のバブル化を加速させる要因にはなりますけど、
コロナ禍の発端となった実体経済を優先するのであれば、
低金利安定こそが必要と思うばかりです。

そして経済活動の縮小→金融市場でのコロナショック発生だったので、
順序としては経済活動の拡大・回復→金融市場の回復かと思いきや、
見ての通り、金融市場が先に回復するどころか、
コロナ禍前の水準も超えている状況であり、
すでにバブルと言えなくもない状況だけに、
先走った金融市場でバブルが弾けて金融不安にでも陥ってしまうと、
実体経済には新たな爆弾が降って来ることにはなってしまうので、
それを避けるためにも今夜のFOMCを始め各国中銀が、
早目に金融引締めに動くとか示唆することで、
ガス抜きをさせるのもアリと言えますけど、
そうなると523ショックのような事態が起きてもおかしくないです。

しかも現在は一部ながら財政悪化懸念やインフレ懸念、
といった金利上昇を後押しする懸念も燻っているので、
単なる金融市場だけの嵐に過ぎない523ショックの様なものではなく、
米トリプル安を始め何もかにもが売られ、
嵐の収束が見えない最悪の動きになることも有り得るだけに
各国中銀の金融政策の舵取り判断というかサジ加減は、
難しい局面に置かれているとも言えますからね・・・

とにかく以上の通りなので、今夜のFOMCにて、
政策変更はなく金融緩和(低金利)政策継続、
物価を含む経済見通しも引締め観測が高まるタカ派な結果にはならず、
それを受けた金融市場も低金利安定、ドル安、原油高、商品高、株高、
というカネ余りバブルモード再開となることが好ましいとは思いますが、
所詮は脳みそ筋肉ゴリラの私の見方?考え?願望?に過ぎないので、
もしかすると良い?健全?な金利上昇相場になるかもしれないです。

ネガティブシナリをとしては、金融引締め観測が高まったり、
インフレ懸念や財政悪化懸念も加わったり、
金利上昇を容認(放置)する姿勢を示したりと、
なんにせよ金利上昇の加速を招き、悪い金利上昇だとの見方が拡がり、
先に述べた最悪のシナリオにはならなくとも、
株安、ドル高と共に原油安、商品安となり、
金利上昇加速から金利低下(債券高)に転じて安定するではなく、
安全資産としての一気の債券高・金利低下というベタなリスクオフ、
まさに523ショックのような動きとなることです。

ということで、明日のスタンスとしては、
先に述べた低金利安定(ドル安も)カネ余りバブルモード再開となれば
短期も長期も問わず、グロースもバリューも問わず、
アホになって株高の波に乗ればいいです。
そうではなく良い金利上昇相場の動きとなるのであれば、
本物だと信じるならば、同様にアホになればいいですが、
私と同様に疑っているならば、金利上昇・株高は長続きしないと見て、
短期勝負は自由に動くとしても、腰を据えての新たな参戦は、
バリュー株物色に留めておきましょう。

当然ながら米トリプル安を始めとする最悪シナリオの動きであったり、
523ショック(リスクオフ)のような動きとなっていれば、
潔い撤退も含めて嵐が過ぎるのを待つ慎重姿勢に切り替え、
その日限りの勝負かコロナ恩恵銘柄物色くらいに留めておきましょう

新興市場についても同様のスタンスでいいのですが、
リスクオフとなれば、新興市場はリスク資産の最たるものとして、
過度に売られることは覚悟の上で動きましょう。
そして何より肝心のエネルギー源である商いが細ったままなので、
小難しく考えずシンプルに、商い増での株高に転じるまでは、
慎重に立ち回るという見方でもいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.