FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
ひとまず明日
こんばんはです。

なにやらイエレン・オブ・ジョイトイ(米財務長官)が、
話題沸騰中の足元の金利上昇に対して、
インフレ高進懸念の台頭やなくて景気回復期待の表れやから、
心配せんでもよろしいでっせとお墨付き?を与えたようであり、
それが正しいのかどうかはいずれ答えが出るでしょうけど、
昨夜から金利は低下しているので、
更なる金利上昇に対する金融市場の答えも出ておりません。

来週のFOMCを機に答えが出るとわかりやすいのですが、
答えはともかく旬の材料であり重石になっていた金利上昇が、
昨夜からリスクオフでの一気の金利低下・債券高ではなく、
程良く低下していること自体は、金融市場にとってだけでなく、
実体経済にとっても好ましい状況ではあります。

本日の日本株についても、バリュー主導の上昇に変わりはないものの、
商いを伴った上昇で引けておりますので、
今夜の海の向こうが程よい金利低下&落ち着きと共に、
昨夜に大きく売られたグロース株の反発と商いを伴う株高となり、
明日の日本株も最近の鯨幕での下落ではなく商いと共に上昇となれば、
小難しく考えずに上目線に切り替えるのもいいでしょう。

ただし昨夜から金利低下とは言っても、まだ高い水準に変わりはなく、
足元ではドル高の進行と共に原油が反落、他の商品も軟調であり、
繰り返し書いている通り、これらの動きが継続すると、
バリュー株安にも波及してリスクオフムードが高まり(円高も)、
結果的に程良い金利低下ではなくリスク回避の一気の債券高・金利低下、
グロース株も含めた株売りというベタなリスクオフにもなりますので、
上目線へ切り替えるにしても、これらの動きの横睨みは欠かさず、
加速すればリスクオフへのカウントダウンだと気を引き締めましょう。

ちなみに今夜に予定されている米追加財政法案採決、
全人代の閉幕、明後日のECB理事会、
週末は大人の都合な需給イベントでもあるMSQを控えており、
来週にはFOMCと日銀会合も控えているので、
目線を切り替えた途端に逆方向へ動く可能性があることだけは、
くれぐれも承知の上で動きましょう。

以上はあくまで金利が低下&落ち着く前提のシナリオなので、
再び金利が上昇する展開となれば、慎重姿勢を継続し、
バリュー株物色だけに留めておくべきだとは思いますけど・・・
金利上昇に屈することなくグロース株が商いを伴って買われる上に、
ドル高と共に原油・商品まで堅調という展開が継続するのであれば、
私が連日のように言っている金利上昇は重石に過ぎないでっせ!
という見方を一旦は改め、金利上昇にも負けない実体経済と金融市場、
良い金利上昇だったんだ・・・イエレンおばさんの言う通りか・・・
と頭(見方)を切り替えるしかないです(笑)
(あくまで市場で立ち回るためだけの切り替えですけどね)

ということで明日のスタンスとしては、
以上に書いた動きに合わせて動けばいいでしょうけど、
新興市場については、本日もエネルギー源である商いが減少しており、
アテにならない反発と言わざるを得ないので、
先に述べたような小難しい市場を取り巻く環境(動向)よりも、
シンプルに海の向こうのグロース株が上昇に転じると共に
商いを伴う上昇に転じるまでは、目線を切り替えるのは控え、
慎重に構えておくのが無難でおます。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2021-03-10-Wed 03:41 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
マーケット番長 | URL | 2021-03-10-Wed 08:34 [編集]
おはようございます。
こちらこそありがとうございます。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.