fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
変わぬままのアテにならない週末
こんばんはです。

本日は黒ちゃんマンの口車もありましたが、
騒ぎの発端は米国であり、米金利であり、
米金利へ直接的に影響するのは米金融政策ですから、
昨夜のパウエルおじさんのお言葉とそれに対する米金利動向、
それを受けての金融市場全体の反応(動き)を重視せざるを得ないです。

パウエルおじさんは昨夜の講演にて、足元で上昇している米金利に対し、
目からビームを出して注視しているものの、無秩序な動きとは言えず、
介入等で金利上昇を抑える程でもないでっせと言いながら・・・
足元の景気回復は不十分、物価上昇も一時的なものであり、
むしろ根深い低インフレ懸念があるので、現状の大規模金融緩和は継続、
完全雇用とインフレ率が2%に達するまで利上げはしまへん、
QE縮小もこれらの進展状況をかなり事前に伝えてから動きまっせと、
なんだか甘じょっぱいというかどっちやねん!な発言でしたが、
少なくとも足元の金利上昇に対しては放置プレーにしております。

それを受けて米長期金利が上昇したことで、
GAFAM、テスラ等のハイテク株、半導体SOX、ナスダック等、
チームグロース株が大幅安、輸送株まで大幅安となり、
ダウとSP500も含めた米株全体としても商い増で売られ、
VIXも28.57と大幅に上昇しております。
為替市場でもドル高が加速したことで
(円安、資源国・新興国通貨安、仮想通貨安も)
金も含めた商品が概ね続落となったのですが、
相変わらず原油だけが、OPECプラス会合での減産延長も追い風に、
高値更新の上昇で終えているので、金融市場全体としては、
意外とゴリゴリのリスクオフ感には欠けると言う感じです。

従って繰り返し書いている通り、最後の砦のような原油が崩れると、
バリュー株も売られてゴリゴリのリスクオフとなり(円最強高にも)、
結果的に程良い債券買い・金利低下ではなく、
安全資産としての一気の債券買い・金利低下となりそうですが・・・
(米長期金利と米株の配当利回りも拮抗しつつあります)

そうならずとも騒ぎの発端である米金利上昇、
それきっかけのグロース株売り、これらの動きが止まらないことには、
騒ぎが収まったとは言えないので、
本日の黒ちゃんの口車を含む日本株の引けに掛けての戻しであったり、
TOPIXのプラテン引け、さらに円安についても、
アテにはならんと見ておくべきであり、
むしろ日本のグロース株とも言える日経平均は商いを伴った下落、
グロースどころかリスク資産の最たるものであるマザーズは、
エネルギー源である商いの減少と下落が続いていると見ておきましょう。

そして前日の英国での法人税増税の話だけでなく、
我が国の復興税や米国のキャピタルゲイン課税、
大規模な財政出動を行った国でも増税論が燻っており、
昨夜は米債務が30年で倍増した等、財政悪化懸念ネタも出ているので、
これら増税&財政悪化懸念が台頭すると、
来週に採決とも言われる米追加財政法案が素直に好感されず、
悪い金利上昇(債券売り)株売りという展開も無きにしも非ずです。
(米国ではGAFAMや金融への規制強化懸念もあります。)

以上の通り、金利上昇(債券売り)株売りパターンは置いといて、
一応、今夜は雇用統計も控えているので、
それを受けた今夜の米国市場にて、原油も崩れるリスクオフとなれば、
調整が長引きそうではありますけど、先にも述べた通り、
少なくとも米金利上昇、米グロース株売りが止まらないことには、
週明けの日本株も含め、まだまだ安心はできない状況でおます。

ということで、本日は週末なのでこれにて失礼します。
良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.