fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
悲鳴は継続中
こんばんはです。

長期金利は先週末をピークにやや下げておりますが、
昨夜の米株はバリュー株が踏ん張ったもののグロース株が売られ、
本日の我が国でもバリュー株が反発したものの、
グロース株、新興市場が売られております。

さらに先週末から堅調だったドルが昨夜から売られたことで、
商品も概ね反発したのですが(仮想通貨も)、原油は軟調なままです。

つまり米長期金利上昇に悲鳴を上げたグロース株、
ドル高に悲鳴を上げた原油は、未だに悲鳴を上げたままなので、
まずはこれらの悲鳴が止まないことには、
足元の金利低下とドル安は不十分と言うことであり、
カネ余りバブルモード再開とは言えないです。

かといって、踏ん張っているバリュー株も上昇局面では商いが減少、
下落局面では商いが増加する売りゴリモードは続いているので、
バリューシフトというにも心許ない動きであり、
最近になって散見される良い金利上昇論による債券売り(金利上昇)、
株買い・リスク資産買いという健全な動きとも言えないですし、
繰り返し書いている通り、コロナ禍から回復半ばの実体経済にとって、
金融機関以外は金利上昇が重石になるだけですから、
私としては良い金利上昇論というのは謎としか思えないのですが・・・

脳味噌筋肉ゴリラの私が謎に思うのは置いといて、
各国の中央銀行の大規模金融緩和継続姿勢自体に変わりはなく、
昨夜のブレイナードFRB理事を始めとするFRBメンバーも、
改めて緩和継続姿勢を示す講演も続いているので、
リスクオフによる一気の債券買い・金利低下ではなく、
このままジワジワと債券買い・金利低下が続くと、
どの水準なのかはわからないですが、いずれはグロース株が買われ
ドル安も進めば原油・商品も買われるカネ余りバブルモードが、
再開する可能性はあり、実体経済にとっても好ましいと言えますので、
現在は良いガス抜きが行われていると見ておきましょう。

もし原油安が止まらず、バリュー株にも波及し、
リスクオフムードが高まることでグロース株売りにも拍車が掛かり、
ドル高と共に一気の債券買い・金利低下というリスクオフになっても、
ガス抜き(調整)に時間は掛かるでしょうけど、
いずれはカネ余りバブルモードが再開すると言えますので、
くれぐれも債券売り・金利上昇、バリューすらも売られる株売り、
という財政悪化懸念なのか歯止めの効かないインフレ懸念なのか、
中銀すらもコントロール不能になるような動きにだけには、
ならないことを願うばかりです(可能性は極めて低そうですけどね)。

ちなみに市場が動くきっかけになりそうな今週イベントとしては、
連日のように書いているので詳細は割愛しますが、
明日はパウエルFRB議長の会見が控えているので、
改めて緩和姿勢を示すことで金利が落ち付くと共にドル安も継続し、
悲鳴を上げているグロース株と原油が切り返すのかが注目と言えます。
同じく4日にはOPECプラス会合、週末は雇用統計、
来週はMSQ、再来週にはFOMCや日銀会合、米MSQもあります。

ということなので、明日のスタンスとしては
一気ではなく安定した金利低下(債券高)、ドル安の継続と共に、
原油高、商品高(仮想通貨高も)となり、
グロース株主導の商いを伴う株高へと転じるならば、
ダメならば即座に撤退する姿勢で打診程度に参戦するのはアリですけど、
言っても明日だけではアテにならず、継続は力なりですから、
せいぜいバリュー株を拾う程度に留めておくのが無難です。

当然ながらシンプルにリスクオフの動きが継続、
もしくはグロース株と原油の売りが続いているならば、
明晩のパウエルおじさんの講演を受けて、
市場がどう反応するのかを見極めてから動くくらいでいいでしょう。

新興市場も同様です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.