fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
危うさに変わりなく
こんばんはです。

米企業決算は2桁減益予想だったものが、現時点で微増益に転じており、
国内企業決算も上方修正ラッシュ自体は続いているので、
増益でなくとも一桁減益くらいで着地出来るのであれば(欧州も)、
バブル崩壊のショック安や金融不安にでも陥らない限り、
織り込み済みの下落は、時間的に長引いたとしても、
程良いガス抜き調整で終わりそうな期待はあります。

ただし現状のまま更なる株高(リスク資産高)を望むのであれば、
当然ながら3Qや今期の着地ではなく来期見通しこそが重要なので、
ワクチンや経済活動を含むコロナ禍の更なる好転と共に、
それをサポートする大規模財政政策も必要であり、
それらの見通しが立つ(条件が揃う)までは、
世界的な大規模金融緩和状態の継続も必須と言えます。

だからこそ見通しが立ったとは言えない現状では、
足元の金利上昇とドル高は株やリスク資産にとっては重石であり、
実体経済にとっても金利上昇は重石に過ぎないので、
債券売り(金利上昇)株買いのグレートローテーションは(ドル高も)、
先に述べた見通しが立たないままだと長続きはしないでしょう。
市場の動き目線でも、足元でゴリゴリな原油や崩れたり(他の商品も)、
ドル高ながら円最強高(豪ドル安も)に転じると、
一気にリスクオフになりそうではあります。
(まさかの米トリプル安の可能性も否定はできませんけど)

つまり現状は低金利安定、ドル安、原油高、商品高(仮想通貨高)、
株高というカネ余りバブルモードの動きにならないと、
長続きはしない相場であり(上値は極めて限定的)
かと言ってロビンフッド騒動をきっかけに、
米国が金融市場へ規制を掛けるような事態になると(増税も)、
カネ余りバブルモードも機能しなくなるので、
米国の追加財政政策の可決成立やコロナ禍の更なる好転によって、
極めて可能性の薄いグレートローテーションの動きが、
継続することを願うくらいしかないです。

何やら今夜はイエレンおばさん(米財務長官)が、
SECやFRBとロビンフッド騒動も含めて協議するようなので、
即座に規制を掛けるとは思わないですが、いかんせんバイデン爺さんは、
格差拡大の要因の一つが株式市場とまで言っているだけに、
口を滑らせた?口先介入?の前科のあるイエレンおばちゃまが、
ボスへの忖度も兼ねて牽制してくる可能性も無きにしも非ずです。

そして今週中にも可決・成立期待の高まっている米追加財政政策審議、
日増しに期待&効果の高まっているワクチンを含むコロナ動向、
堅調な結果の継続と見通しが注目の国内外の企業決算動向、
明日の雇用統計、これらも市場が動くきっかけネタでおます。

ちなみに現在の市場の動きとしては、先にも少し触れた通り、
金利上昇(債券安)ドル高が続いており、原油は屈せずビンビンながら、
他の商品、米株を始め海の向こうの株式市場は、
上値が重くなっており(騒ぎ前の水準には達してない)、
日本株は昨日に騒ぎ前の水準にほぼ達したものの、
本日は商い増での反落ではあったので(マザは薄商いの小幅高)、
カネ余りバブルモード再開でないのはもちろんのこと、
グレートローテーションや!イエーイ!とは言えないので、
アホになって頭を切り替える状況ではないです。

ということで明日のスタンスについては、
国内外&市場全体が商いを伴うカネ余りバブルモード再開となるか、
せめて日本株が商いを伴って騒ぎ前の水準を超えない限り、
短期勝負はその日限りの勝負に留め、
腰を据えての新たな参戦は決算を終えた銘柄だけに留め、
頭を切り替えるのかどうかは週明けを見てからにしましょう。
明日は週末なので新興市場についても同様です。
(新興市場は何より商いが戻ることが先決ですけどね)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.