FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
頭を切り替えるほどでもなく
こんばんはです。

日経平均、TOPIX共にほぼ騒ぎ前の水準まで戻し(JQ、2部も)、
商い増での上昇なので、日本株目線だけでリスク覚悟でアホになって、
波に乗るというのもアリと言うか自由ですけど、
震源地だった米株は騒ぎ前の水準には届いておらず、
英欧中株はさらに遠い水準であり、商品も届いてないので
原油だけが騒ぎ前の水準を突破している状況です。

しかもリスク資産にとってもコロナ禍の実体経済にとっても重石となる
金利上昇(債券安)ドル高が続いております。

ただし足元で発表されている国内外の企業決算は、
減益で着地しそうではありながら、思った以上に堅調な結果であり、
米議会で審議中の追加財政政策も数の力で成立しそうであり、
(世界的な大規模金融緩和も継続)
コロナ禍についても感染拡大が収束したとは言えず、
世界的な経済活動規制は続いているものの、
効果が現れつつあるワクチン接種の進展と期待が高まると共に、
日米では感染者が減少傾向なので、
ロビンフッド騒動に端を発した米国の金融規制強化懸念も吹き飛ばし、
もはや金利上昇もドル高も重石やないで!とばかりに、
債券売り(金利上昇)・ドル買い・株買い・リスク資産買い、
という平時のリスクオン(グレートローテーション)が続くのか・・

個人的にはとてもやないけど継続するとは思えず、
低金利安定・ドル安、株買い、原油等のリスク資産買い、
というカネ余りバブルモードの動きしか長続きはしないでしょう。

せめて・・・金利上昇とドル高が今の水準近辺で安定するならば、
もう少し継続する余地はありそうですが、
その余地と言うのも日本株・原油以外のチームリスク資産が
騒ぎ前の水準に戻るまでの余地程度でしょうから、
カネ余りバブルモードの動きにでもならない限り、
現在の無理くり感のあるリスクオンの動きも含め長続きはせず、
いつリスクオフ再開、下手をすれば最悪の米トリプル安、
となってもおかしくない状況だと見ておきましょう。

そもそも金融市場はロビンフッド騒動前から、
織り込み済み・出尽くしの動きからのリスクオフ風味だったので、
冒頭で書いた日本株目線だけで判断するのは自由ですか、
震源地となった米株も騒ぎ前の水準を超えるか、
低金利安定・ドル安のカネ余りバブルモードにならない限り、
短期勝負はその日限りに留め、腰を据えての新たな参戦は、
決算を終えた銘柄だけに留めるくらいにしておきましょう。

そして今後も国内外の企業決算ラッシュは続き、
今週は米国の追加財政政策審議と採決、特盛の米マクロ指標の発表等、
市場が動くきっかけになるイベントは続きます。

新興市場についても同様ですが、金利低下、米グロース株高が続くか、
(決算を発表したアマゾンの動きやロビンフッド銘柄の動きも注視)
せめてエネルギー源である商いが戻るまでは(本日も薄商い)、
主力大型株以上に慎重に構えておきましょう。
ちなみに新興企業決算が本格化するのは来週半ば以降です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.