fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
メニー売りスマスではないものの・・・
こんばんはです。

ところで変異種の感染力アップというのは、
飛沫だけではなく空気感染をするということなのか・・・
何かに付着したウイルスの生存期間が長くなったりしたのか・・・
マスクを突き抜けるほどにパワーアップしたのか・・・
一体どんな現象で感染力アップになったのかと疑問に思ったのですが、
強毒化してなくとも毒性が変わらぬままの感染力アップならば厄介ですし、
もしかするとPCR検査に引っ掛からないとか、ワクチンが効かないとか、
抗体がすぐに切れるとかの可能性もあるそうなので、
せめて感染力アップと引き換えに弱毒化してくれるといいのですが・・

そんな感じでコロナの変異種に対して、これまでのようなスルーではなく、
世界中で懸念が報じられると共に各国政府は、
震源地の英国、南アに対する渡航制限を始めたり、
変異種を問わず世界的な感染拡大となっていることで、
各国は経済活動の規制も拡大しつつあります。

一方で米英欧・一部の新興国ではワクチン接種も開始しているので、
まさかの変異種を含め効果が無いとか、
副作用等で接種停止にでもならない限り、いつの日か接種開始国では、
経済活動規制の拡大にも歯止めが掛かるでしょうし、
経済活動本格化にも向かうことにはなるのでしょうけど、
米英ですら全国民の6割以上の接種完了のメドは来春とのことなので、
その次が欧州、接種を開始した新興国、その後が日本となるのであれば、
途上国を始め世界中に行き渡るとなると、いつになるのやら・・・
(東京五輪は無観客か客数制限でやるしかないのか・・・)

途上国を置き去りにするような言い方にはなってしまいますが、
日本を含む先進国と経済力のある新興国だけでも、
コロナリスクが和らいで経済活動の本格化にメドが立てば、
金融市場も実体経済にも安心感が拡がるでしょうけど、
それまでは各国の金融&財政政策に頼るしかないです。

しかも現時点での金融市場は、政策による押し上げの動きは見えず、
よく言えば下支えしている、悪く言えば反応薄の動きとなっており、
週初からはリスクオフ風味の動きにも変異しつつあるので、
日英欧で策定済(予算編成済)の追加財政政策の前倒し、
トランプマンがゴネている米国の追加財政政策の発動、
温存したとも言える日米英の追加金融緩和に動かないことには、
ワクチン接種の拡がりによる経済活動本格化のメドが立つか、
感染そのものが収束にでも向かわない限り、
さらなるカネ余りコロナバブルモードの継続は厳しいので、
このままでは日に日に悪材料探しモードが活発化して、
単なるガス抜きの一服とかリスクオフだけでなく、
コロナショックセカンドインパクトになってもおかしくないです。

恐らく世界的な金融緩和状態が継続されているのも事実なので、
マネタリーベースの拡大さえ維持されているのであれば、
過熱してない需給環境とも相まって、
セカンドインパクトにまで至らない可能性はありますが、
昨日も書いた通り、変異種に対する政治のシビアな動きを見ていると、
ファーストインパクト前と似ているデジャヴ感はあるので、
深押しのリスクオフ程度は覚悟しておいた方がいいでしょう。

ちなみに昨夜は米英欧の債券が売られて長期金利が上昇しておりますが、
金融市場目線でのグロース株にとっての重石になるだけでなく、
コロナ禍の真っ只中である実体経済にとっても重石になるだけなので、
昨夜の様なバリュー株買い主導の株買い、債券売り、
という健全なリスクオン(グレートローテーション)の動きは、
長続きはせずに一時的な動きに過ぎず、長期金利がさらに上昇すると共に
ドル高(円最強高)も加われば、原油や商品も売られ(仮想通貨も)、
結局は債券高・金利低下の加速に転じ(いずれは金売りも)、
グロース株もバリュー株もひっくるめて売られ、
ベタなリスクオフになるだけでしょう。
可能性は極めて薄いとは思いますけど、最悪は財政悪化懸念によって、
米トリプル安を始めとする債券バブル崩壊となることですけどね。

そして現時点の市場の動きを見ても、
グレートローテーション風味な動きが続くような力強さもなく、
(この程度の金利上昇でグロース株が売られる自体がね)
むしろ金利上昇を警戒する動きが見られ、
かと言ってカネ余りバブルモード再開に転じる動きも見えず、
クリスマス休暇モードでのハッキリしないマチマチの動きです(商いも)。

ということで週末でもある明日については、
米英欧を始め海外市場がクリスマスで休場という鬼の居ぬ間ですが、
現在の悪材料探しモードの主役は、休日も関係ないコロナ動向、
それによる政治の動きですから(米追加財政協議も含む)、
メニー売りスマスの如くリスクオフとなってもおかしくないので、
短期勝負については週跨ぎを控えておきましょう。
腰を据えての新たな参戦については、
週明けの動きを見てから判断するくらいの姿勢で構えておきましょう。

新興市場についても、明日は週末なので同様ですが、
本日は商い増での上昇とは言え、IPOが半分強を占める商いであり、
18日高値を超えたわけでもないので、
IPO以外の全体に買いが拡がっての商い増での上昇にでもならない限り、
資金の集まるIPOやテーマ株でのサーフィンに留め、
全体感としては慎重に構えておきましょう

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

みずほ | URL | 2020-12-25-Fri 12:45 [編集]
感染力、従来の型より70%アップしているそうですね。イングランド南東部で、感染者が急増したので調べたら変異した型だったと、BBCで見ました。
大陸側のヨーロッパも秋から感染者が急増したので、どう違うかわかりませんが、寒くなった…、バカンスの移動の結果…、慣れからの油断…とか言っていました。

イギリスで変異したものかは分からないそうです。
今のところ、当初の悪い予想が当たっていますが、番長さんもご自愛ください。
株の市場は今はまったりしていますかね。私はほとんど付いて行けていけずもう年末w 流石に例年よりは良かったかな。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2020-12-25-Fri 13:48 [編集]
> 感染力、従来の型より70%アップしているそうですね。

どういう感染の仕方がアップしたのかを知りたいものです。
70%って具体的な数字が出ているならばわかりそうですけどね。

> イングランド南東部で、感染者が急増したので調べたら変異した型だったと、BBCで見ました。
> 大陸側のヨーロッパも秋から感染者が急増したので、
> どう違うかわかりませんが、寒くなった…、バカンスの移動の結果…、
> 慣れからの油断…とか言っていました。

昨日もTVではこれまで数十回の変異があったと言ってましたが、
今回が何が違うのかがよくわからないです。
国内の街中を見ても、緊急事態宣言の頃とは違って、
通所運転ですからねw

> イギリスで変異したものかは分からないそうです。
> 今のところ、当初の悪い予想が当たっていますが、番長さんもご自愛ください。

お気遣いありがとうございます。
普段の生活はコロナ対策を怠らずに過ごしております。

> 株の市場は今はまったりしていますかね。私はほとんど付いて行けていけずもう年末w 
> 流石に例年よりは良かったかな。

今年は笑うしかないバブルでしたからね。
さすがにそろそろ危ない匂いが市場から漂っているので、
私もほぼお休みモードです。

みずほ | URL | 2020-12-26-Sat 09:15 [編集]
番長様、確か…70%アップは、1人が何人に感染させているか、の推移と合わせて説明していました。1人が0.4人に感染させていたのが増えてきた…、のように数値を出していました。(数字については記憶がかなり不確か!)
全編、現地ニュースを見ている訳ではないのでアレですが、こんな話でした。

本当に今までの変異は無問題扱いでした?が、感染率が変化したから発表したのですかね。
昨日もメニー売りスマス🎅ではなく良かった?です。
株の谷のナウシカw、ぴったり過ぎですねw 鹿マーケット!
来年も駄洒落砲、楽しみにしております。日米の大物の顔ぶれは変わりませんが。
みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2020-12-26-Sat 22:19 [編集]
> 番長様、確か…70%アップは、1人が何人に感染させているか、の推移と合わせて説明していました。
> 1人が0.4人に感染させていたのが増えてきた…、
> のように数値を出していました。(数字については記憶がかなり不確か!)
> 全編、現地ニュースを見ている訳ではないのでアレですが、こんな話でした。

数字としては確かにそうですけど、数字の仕組み等ではなく、
結局は感染の仕方が変わったのか?これまでの対策ではダメなのか?
ただの油断なのか?といった中身を知りたいところです。

> 本当に今までの変異は無問題扱いでした?が、感染率が変化したから発表したのですかね。

妙な感じですよね。
ワクチン接種を促すためなのか、人々の行動規制・・・自制を促すためなのか、
単に危険だからなのか・・・

> 昨日もメニー売りスマス🎅ではなく良かった?です。
> 株の谷のナウシカw、ぴったり過ぎですねw 鹿マーケット!
> 来年も駄洒落砲、楽しみにしております。日米の大物の顔ぶれは変わりませんが。

ありがとうございます。
オヤジギャグは変わらず続けますw

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.