fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
デジャブな空気も感じる週明け
こんばんはです。

鬼滅の刃ならぬ買い場の如く祭が開催されたりと、
日本株は新興市場も含め堅調な週明けでしたが、
相変わらずの薄商いであり、本気の買いは見られまへん。
(新興市場は商い減少ながら、まだまだ活況水準の商いです)

週末の海の向こうも同様に薄商いが続いており(SQ分を除く)、
さらに欧州や新興国、米国の中西部ではコロナ感染者が増加し、
経済活動の再規制の動きが拡大しつつある上に、
ワクチンや治療薬の新たな進展も見られないにも関わらず、
(そろそろアストラゼネカの治験結果は発表される予定)
米欧を始め各国の新たな財政&金融政策も出て来ないまま、
市場がシカトしているのは不気味というかデジャブのようにも見えます。

年初に市場がコロナショックに襲われた前も、
各国政府がチャーター機を飛ばしたりとこれまでにない対応に動く一方、
市場ではコロナはただの風邪、大したことではないと言われながら、
薄商いが続き、仮需面での過熱感も無く(空売り比率は高水準だった)、
市場には緊張感が無かったのですが・・・
結局は記憶にも新しいコロナショックが襲ったので、
今の状況はデジャブというか似ている空気はあります。

ただし新たな金融&財政政策は出てないにせよ、
既に各国の大規模な金融&財政政策は打たれており
そもそもコロナの治療法(対処法)や正体も以前よりは進展しているので、
コロナ前の状況と全く同じとは言えませんので、
ショックが起きるにしても、未だに警戒モード&金融緩和モードによって、
ショック後の水準から変わりない金利(債券)は大して動かず、
コロナ前の水準以下のドル(円)、
水準前近辺&以上の株、原油、資源が動くのでしょうから、
ファーストインパクト程のショックにはならないのでしょうけど、
コロナへのシカトっぷりと緊張感のない薄商いという現状は、
なんだかコロナショック前の空気と似ているものを感じるので、
このまま追加策や治療薬、ワクチン等も出て来ない状況が続くと、
何かをきっかけに堰を切ったようなショックがあってもおかしくないです。

しかも足元では海の向こうで企業決算が本格化しているのですが、
市場の反応としては乏しいと言わざるを得ないので、
特に今週から発表が特盛つゆだく状態の米企業決算、
来週から本格化する国内企業決算でも乏しい反応が続くと、
企業業績だけでなく実体経済の回復期待も織り込み済みとの観測が拡がり、
ショックのきっかけ待ちの様な状況が続き兼ねないです。

そのきっかけが米大統領選なのか、米国を始め財政協議、
コロナ動向と経済活動動向、ブレグジット、米中動向、
今後の企業決算やマクロ指標、デカイ企業の破綻なのか、
それとも結局は金融政策次第なのか、どれなのかわかりませんけど、
とにかくコロナショック前の状況(空気)に似たデジャブ感があり、
ショックのきっかけを待っている感もあるので、
少なくとも腰を据えて楽観モードで構える状況とは思えず、
短期勝負に勤しむしかないという状況です。

ちなみに市場では株高観測が大多数なのも事実なので、
私の様な見方は希少なのかも知れませんし、
実際にショックなど起きないのかも知れませんけど、
少なくとも不気味というか本気感のない薄商いが続いている限りは、
本気で市場に参加しなくてもいいと思うばかりです。

ということで明日のスタンスとしても、
ドル安(円最弱安)、加速ではなく程よい債券安(金利上昇)、
原油高、資源高、商い増での株高(VIX低下)が続くのであれば、
リスクも理屈もへったくれもなく、アホになって参戦すればいいですが、
株式市場の薄商いが続いたり、市場全体のマチマチの動きが続くならば、
腰を据えての新たな参戦は、売り込まれたバリュー株、
変則決算銘柄を拾う程度に留め、短期勝負を中心に動きましょう。
(短期目線としては個別は決算発表まで、指数としては大統領選まで)
当然ながらドル高(円最強高)、債券高(金利低下)、原油安、資源安、
商い増での株安、VIX上昇というベタリスクオフならば、
短期勝負はその日限りに留め、腰を据えての参戦は控えておきましょう。

新興市場については、国内外がリスクオフ一色にでもならない限り、
海の向こうや主力大型株が薄商いであろうと、
市場全体がマチマチの動きであろうと、別世界の動きは続きそうなので、
シンプルに商い増での株安が続くか、商いが大幅に減少するまでは、
海の向こう等からの何らかのきっかけネタによって、
鉄槌の一撃を喰らう覚悟だけは忘れず、参戦すればいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.