fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
明日は市場目線以外でも注目のジャクソンホール
こんばんはです。

市場の注目度が増しているだけでなく大統領選が今秋に迫る中で、
明日はジャクソンホール会議でのパウエルおじさんの講演でおます。

市場目線では金融政策と実体経済の現状への言及が注目ですが、
大統領選目線では、トランプマンの苦戦が報じられる中で、
公約の一丁目一番地だった雇用増はコロナで蒸発していしまい、
足元の米景気も回復途上というか頭打ちや鈍化が囁かれ、
せめて生命線の一つである株高だけでも維持しないと、
いよいよトランプマンの再選にも暗雲が立ち込めそうなだけに、
パウエルおじさんの講演は株高を含む市場に配慮した援護射撃となるのか、
それともこれまでの度重なるトランプマンのパワハラに対して、
大統領選が迫る今こそが倍返しのチャンスとばかりに、
いつもの冷静な表情ではなく半沢直樹のような顔芸と共に、
株安・リスクオフを起こし、市場ならぬ私情優先の絶縁状講演となるのか
という大統領選目線でも注目すべき講演だと個人的には思うばかりです。
(開催中の共和党大会も明日が最終日です)

国内では明後日の金曜日に安倍ちゃんマンの会見も控えており、
体調についても言及するとのことであり、
アマリン(甘利おじさん)曰く、大丈夫とのことですが、
まさかまさかの退陣なんて事態とになれば、
日米で政治ネタが大爆発にもなり兼ねないですからね。

以上のような注目イベントが控えているせいなのか、
国内外共に株式市場の薄商いが続いているので(新興市場は活況)、
昨日までの血漿治療だバンザーイ!治療法も見えて来たでバンザーイ!
経済活動もギアが上がるでバンザーイ!
コロナの影響が大きかったバリュー株が買われるでバンザーイ!
ドル高だろうと金利が上がろうとも大丈夫やでバンザーイ!
というバンザイ相場(健全なリスクオンモード)は一日で終わり、
現時点では一時的な買戻しに過ぎなかったという状況です。

となると実体経済と金融市場の風邪を引きそうな温度差はそのままであり、
それを裏付けるように足元の国内外のマクロ指標は、
住宅指標以外は鈍化したものが多くなっており、
企業業績も4-6割減益での着地、見通しも2ケタ減益、
コロナ前水準に戻るのは来々期とも言われている状況なので、
昨日の血漿治療を含むコロナの治療法や治療薬等への完成期待と共に、
経済活動が元通りとは言わないまでもギアが上がるか、
新たな財政&金融政策が出て来ない限り・・・

ドル高になると(金利上昇も)、実体経済への重石になると共に、
金融市場では株や資源といったリスク資産がザワザワする(上値が重い)、
というドル高ザワザワモードとなり、リスク資産の悲鳴が大きくなれば、
債券も買われて加速(金利低下)、ドル高ながら円最強高も加わり、
ベタなリスクオフモードとなります。
当然ながらドル安になると(金利安定も)、リスク資産が買われ、
実体経済は置き去りの金融緩和によるカネ余りバブルや!
というお馴染みの御都合解釈モードとなります。

できれば昨日のような健全なバンザイモードになればいいのですが、
ジャクソンホール会議でのパウエルおじさんの講演を機に、
(日本時間では明日の22時10分から)
バンザイモードになる可能性は極めて低いので、
米景気は堅調に回復してるけど、追加の金融緩和も辞さないと言及し、
カネ余りバブルモードを期待するか、
ドル高ザワザワモードが継続というのが現実的であり、
下手をすれば先に述べたパウルおじさんの反乱で波乱(市場が)、
という可能性も有り得ますからね。

とにかくジャクソンホールでのパウエルおじさんの講演は、
大統領選目線での政治リスクの大爆発は置いといたとしても、
市場目線ではドルと米金利(米債券)がどう動くのかが最大の焦点であり、
それによって昨日の様なバンザイモード(健全なリスクオン)になるのか、
結局はカネ余りバブルモードかドル高ザワザワモードが継続するのか、
それともリスクオフモードになるのか、
まさか反乱を起こすと共に金融引締めに言及してしまい、
債券バブル崩壊モードという最悪のシナリオになるのか・・・
バンザイモードと債券バブル崩壊モードの可能性は極めて低いですけどね。

ということで明日のスタンスとしては、
短期勝負の方は出来るだけ日跨ぎも控え、腰を据えての新たな参戦も控え、
パウエル講演も見極めてから動くくらいの姿勢で構えておきましょう。

新興市場については、昨日の商いを伴う下落に対して、
本日の商いは前日比で減少したものの大商いでの反発となり、
お祭り基調は継続していると言えるので、
お祭り終了(資金が抜ける)のような商い減少、
もしくはシンプルに商い増での下落が継続するまでは、
お祭りに参加する姿勢でいいとは思うのですが、
先にも述べた通り、明日のパウエルおじさんの講演を機に、
ドル高による世界的なグロース株売り祭とか、
リスクオフ祭にもなる可能性は十分に有り得ますので、
明日だけ日跨ぎするような短期勝負は控えておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.