fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
温度差はあれど
こんばんはです。

本日は場中に大阪府知事と大阪市長が会見し、
イソジン・オブ・ジョイトイがコロナに効くと報じられ、
うがい薬銘柄が急騰したりと賑わうことに・・・

何やらケチも付けられるお馴染みの光景もあり、
株価がM字開脚になるのか?なんて動きも見られ、
私は専門家でもないので詳しい事はわかりまへんけど、
ほんまに重症化リスクを軽減し、飛沫感染リスクも軽減するのであれば、
感染への恐怖も軽減され、経済活動のマインドも後押しするので、
ワクチンよりも期待をしたくはなりますけど・・・

さてさて、イソジンが世界を救うのかどうかはともかくとして、
金融市場では昨夜の米株が商いチョイ増での株高、
ナスとSOXは高値更新、VIX低下、欧州株も商いチョイ増で反発、
本日の日本株も商い増での株高、バリュー株が大きく買われ、
原油、銅、資源も上昇とチームリスク資産は買われております。

一方、チーム安全資産の債券と金はやや売られたものの堅調であり、
為替市場はドル高が進行する場面が見られたものの、
足元のドル安ながら円安基調は続いているので、
金融政策効果なのか安全資産買いなのか判断の難しい債券と金以外は、
概ねリスクオンの動きになっております。

そして金融市場ではなく実体経済はというと、
昨夜の米ISM製造業は懸念された頭打ち・鈍化ではなく堅調な結果、
米欧中の製造業PMIも50超えと堅調だったのですが、
我が国の製造業PMIだけが45.2と低調・・・
発表が本格化している企業決算は、国内外共に大幅減益、
来期の見通しすらもコロナ禍前水準には達しないと言われつつありますが、
国内企業決算は二極化というよりも低調ぶりが際立っております。

そんな実体経済の落ち込み要因であるコロナ禍についても、
イソジンはともかく、WHOが特効薬は無いかもと言ったり、
ワクチンも完成ではなく行き渡るのは来年後半とも言われ始めており、
感染者については、米国と欧州はピークアウトの兆しは見られるものの、
我が国と新興国は感染拡大が続いており、経済活動を規制する動きは、
米欧も含めて自治体主導での動きが拡がりつつある状況です。

実体経済の重石となる米中対立も鎮静化は見られず、
実体経済を支える政策についても、金融政策の具体的な追加策はなく、
肝心の財政政策の追加策は、米国で協議が難航しており、
日本は消費税を含む減税論が囁かれている程度なので、
先に述べた実体経済の現状を見る限り、追加策が出て来ないと、
更なる実体経済の押し上げには繋がりそうになく、
政治家と市場の強気なV字回復目線(期待)も剥げ落ちつつあります。

今週は国内外の企業決算シーズンと共に、
月初恒例の米経済指標特盛ウィークであり、
昨夜のISMに続く堅調ぶりなのか、足元で散見される頭打ちとなるのか、
そして米消費とロビンフッターの原資にも関わる米財政協議が、
折り合いが付いたとしても渋チン大魔王となる可能性もあるので、
コロナ動向、米中動向も含め、騒がしい一週間ではあります。

ということで、実体経済を含む市場を取り巻く環境を見れば、
現在の金融市場は裏付けなきバブルなので、
決算を終えた銘柄かコロナが追い風の銘柄以外は、
腰を据えて投資する時期でも水準でもなく、短期勝負が無難ですが・・・

日替わり状態の小難しい市場を取り巻く環境は無視して、
市場の動きだけで判断するのであれば、
商い増でのい株安(VIX上昇、30超え)、原油安・資源安、金安、
と共に債券高(金利低下)、ドル高ながら円最強高、
というリスクオフの動きが継続するか、
まさかの債券バブル崩壊(米トリプル安のリスクオフ)となれば、
腰を据えての新たな参戦は控え、短期勝負についても、
日跨ぎを避けるくらいの姿勢で構えるべきですが・・・
判断の難しい債券は置いといて、ドル高であろうとドル安であろうとも、
原油と資源が崩れず(金も)、円安も継続、
商い増での株高が続くのであれば、あくまで週末の雇用統計までというか、
短期目線ではありますが、商い増での株安、資源安に転じるまでは、
騒がしい今週のリスクは覚悟の上で参戦するのはアリです。
新興市場のスタンスについても同様です。
(新興市場の決算本格化は週後半以降です)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.