FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
ハッキリしないまま、不穏なままの週明け
こんばんはです。

相変わらずコロナは危険?危険ではない?論争も続いているようですが、
もはや争点はそこではなく、政府と医療機関が陽性者に対して、
ホテルや自宅療養もしくは入院という隔離措置を取っている限り、
他の病や事故と比べたり、致死率、陽性率、検査数云々と言ったところで、
陽性者(感染者)自体が増えてしまうことになると、
結果的に病床が埋まって医療体制が圧迫され、
それこそ他の病の犠牲者も増えてしまいますから、
今は感染者数を増やさないようにするか、政府が新型コロナに対して、
インフルエンザや他の病と同じ扱いするしかないのが現実なのですが、
政府の扱いが変わらないと言うことは、何らかの理由があるのか、
未だにコロナの正体が不明なのか、ワクチンや薬、治療法がないからか、
そんな状況で単に責任を負いたくないからなのか・・・
とにかくコロナの扱い(対処)と正体がハッキリするまでは、
危険なのか、危険じゃないのかの正解はわからず、
専門家だけでなく人々のコロナに対する見方は二分したままでしょうから、
コロナに対しては各自の判断で動くしかないです。

ちなみにコロナは危険じゃないという専門家は、
他の病や事故の数字と比べることが多いですが、
後遺症が残る説とか治療法は無視されていたり、
(感染した海外のスポーツ選手の中には運動能力が回復しないとも)
一方、危険だと言う専門家は、未だわからないものに対して、
数字で比べても仕方ないとか、そもそも治療薬やワクチンは無く、
明確な治療法もない状態で、危険ではないと言えないと言っているので、
名乗らないSNS上の専門家の意見は無視すればいいでしょうし、
私を含む専門家ではない個人の意見(見方)については、
みんなが監督になりがちな阪神ファンくらいに見ておくか、
どんな受け止めや解釈をしようが自由でいいとしか言えませんけど、
せめて政府が責任を持って扱いや見方をハッキリしてくれないことには、
医療機関、企業、人々はどうしたもんかという状況です。
そして少なくとも重症化しやすい高齢者や既往症を持った人々にとっては、
感染者の増加自体が、危険であることに変わらないのも事実です。

まぁ以前にも書いた通り、コロナの潜伏期間が1-3週間であるならば、
思い切って1カ月間の完全な補償ありきのロックダウンでもやってみれば、
論争の答えも含めて色々とハッキリと見えて来ることも多いでしょうし、
あわよくば収束に向かうのであれば、1カ月のロックダウンは、
長い目で見ても経済的にもマインド的にも、
効率が良い結果になるのでは・・・と個人的には思いますけどね。
ハッキリしないままWithコロナという名の元に、
ダラダラと続くのだけはカンベン願いたいですからね。

てな感じで、危険論争を繰り広げるよりも政府に対して、
ハッキリせんかい!もしくは特措法を改正せえよ!と声を上げないと、
人々や企業のマインドも含めて何も変わりそうにないので、
実体経済への悪影響も続くことになってしまい、
ダラダラ続けば続くほど、市場でのV字回復シナリオ期待は削られ、
U字工事ならぬU字L字K字懸念とか、最悪の2番底懸念にも繋がります。

足元では悪いながらも回復基調だったマクロ指標は、
頭打ち・鈍化する指標が増えつつあり(特に今週の米経済指標は注目)、
発表が本格化している国内外の企業決算は市場予想比で堅調あっても、
4-6割減益どころか、赤字企業も3社に1社ペースで出ており、
全体としての見通しもV字回復どころではなく、
各国の大規模な金融&財政政策効果も怪しくなりつつあるので、
株高を含めた金融市場のリスクオンが続くのかは大いに疑問であり、
もし続くのであれば、マクロ・ミクロ両面の実体経済の裏付けがないまま、
大規模金融政策によるカネ余りを含む需給環境のみの息の短いバブルだと、
頭を切り替えて・・・アホになって・・・割り切るしかないです。

本日は先週末比で株式市場の商いが減ったこと、
金融政策のせいで何とも言えない債券高と金高は置いといたとしても、
市場全体としてはドル高ながら円高ではなく円安、原油と資源がやや軟調、
そして株高、というリスクオンとまでは言えないチグハグな動きなので、
先週末時点の不穏な空気(動き)は残っていると見ておきましょう。

そして今夜の米ISM製造業を始め、
週末の雇用統計まで連日の様に続く特盛な米経済指標を控え、
目白押しな国内外の企業決算も控えており、
もはや追加の金融政策ではなく財政政策こそが必要と言われる中、
米国で難航している財政協議も続いているので、
今週も市場がどこで一変してもおかしくない状況ではあります。

ということで明日のスタンスとしては、
昨日も書いた通り、新興市場も含めて特に変更はないです。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.