FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
際立つ国内環境
こんばんはです。

なにやら秋頃に消費税減税を掲げた総選挙との噂もあるようですが、
足元の企業決算を含む実体経済を見ていると、
わざわざ秋に総選挙で信を問うのではなく、
一刻も早く消費税引き下げた方がいいと思うばかりです。
(消費税だけでなく憲法改正の国民投票の是非も問うとの噂も)

御存知の通り、昨秋に消費税を引き上げたことで、
我が国の10-12月期GDP(前期比年率)は
コロナ禍前にも関わらず-7.2%成長・・・
1-3月期以降のマイナス幅が小幅なのは、コロナの影響が軽微ではなく、
すでにコロナ禍前に消費税でダメージを負っていただけですからね。
ちなみに米国はコロナ真っ只中の1-3月期ですら-5.0%成長です。
(米欧の4-6月期はマイナス40-60%とも言われてます)

そして足元で発表が本格化している国内企業決算を見ると、
米企業決算とは比べ物にならないほど低調なことはもちろんのこと、
かつてないほど国内企業決算の明暗・二極化が進んでおり、
消費税の影響以前に、コロナ対策の大規模な金融&財政政策による
効果すらも見えて来ない企業決算が続いております。

かといって現在もコロナ禍が続いている中、
テレワークが可能な労働者は全労働人口の1割とも言われており、
テレワークが不可能な上に消費税とコロナの影響、
というトリプルパンチが直撃する小売業、サービス業等が、
全労働人口の約3割を占めているので、
給付金と融資の拡大と共に影響が甚大だった消費税を引き下げないと、
コロナ自体が収束するか、治療薬やワクチンが完成するまでは、
日本が一人負けにならないかと心配になります。

本日の株式市場を見ていても、日本株の一人負け感も否めないので、
明日以降のテンコ盛りの国内企業決算も二極化するだけでなく、
全体としてドイヒーな結果が続くようだと、
昨夜から目先のヤマ場入りと言える海の向こうの市場がどうなろうとも、
日本株だけが一人負け(日本売り)といういつか見た光景(展開)も、
有り得なくはないのではと思うばかりです。

しかも足元では日銀短観の想定為替レート(1ドル107.87円)、
直近の企業決算で多く見られる想定為替レート(1ドル105円)、
これらを割り込む円高が進行していることも、
外需企業の業績「見通し」悪化懸念に繋がっており、
コロナと消費税の影響が甚大な内需企業の業績懸念も含めると、
コロナが追い風なスーパーやHC、ネット系、半導体等だけで
国内企業業績全体の底上げと国内景気の下支えが出来るとは思えないです。

以上の様な国内環境だけに、コロナの感染拡大と経済活動再規制の流れ、
そして海の向こうヤマ場が、平穏に過ぎるといいのですが、
今夜のFOMC、米企業決算、GAFAトップの米議会公聴会呼び出し、
明日の米企業決算(特に市場を牽引してきたGAFA揃い踏みの決算)、
月末(週末)が期限の米財政の崖を控えており、
マクロ指標についても、明日の米独の4-6月期GDPだけでなく、
足元で頭打ちする指標が増えているだけに新規失業保険も注目です。
(マクロ指標の本番は来月初の特盛な米経済指標ですけどね)

ということで、ただでさえよろしくない国内環境に対して、
目先のヤマ場を迎える海の向こうが火に油を注ぐ可能性もあるので、
明日のスタンスとしては、特に変更はなく
腰を据えての新たな参戦は、決算を終えた銘柄だけに留め、
短期勝負の方は日跨ぎも控えておくくらいの姿勢で動きましょう。
新興市場についても同様です(新興市場の決算本格化は8月以降です)。
先日も書いた通り、バブリーなコモディティが売られ、
ドル高ながら円最強高、債券高が加速すると、
一気にゴリゴリスクオフになるので、これらの動きも要注意です。
(まさかの債券バブル崩壊だと最悪シナリオですけど・・・)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.