FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
薄気味悪いまま4連休へ
こんばんはです。

昨夜から金、銀、プラチナ、パラジウムが高騰すると共に、
他の金属も買われたり、原油もやや上昇、
そして債券もゴリゴリ高、ドル安だったので、
世界的な大規模金融緩和によるジャブジャブマネーが、
決算発表が佳境に入る株式市場を避けて、
債券高・金利低下とドル安を追い風にコモディティへ流入しているとか、
単なる適温相場の一環だと受け止めるべきなのか・・・

いかんせん現実としては世界的なコロナ感染者数の増加と共に、
自治体や企業が経済活動を縮小する動きが拡大しつつあり、
人々の感染を警戒する動き(マインド)も再拡大しつつあるので、
いくら各国政府が大規模な金融&財政政策の効果も見込んで、
強気な経済活動加速の進軍ラッパを鳴ならそうとも、
それに呼応して金融市場も適温相場とかバブルだと言おうとも、
随分と温度差を感じるだけに、薄気味悪い動きに見えてしまいます。

一応、足元では株高、資源高というリスク資産買いが続いていたり、
昨夜の米株もやや商い増でのマチマチ、欧州株は薄商いでの続伸、
本日の日本株は薄商いでの株安と緊張感はありませんでしたけど、
ついに株安からリスク資産売りの口火が切られるのか・・・
昨夜からの資源高も最後の打ち上げ花火とばかりに、
遅かれ早かれ崩れると見るのが妥当な気もするのですが・・・
もし佳境を迎える企業決算を受けて再び株高となるのであれば、
適温相場とかバブルと言われるリスク資産買いが続くでしょうから、
いずれにせよ株式市場だけでなく市場全体としても、
目先は国内外共に企業決算が重要と言えます。

もちろん来週以降にも国内外の企業決算はテンコ盛りであり、
FOMCや米財政の崖も控えておりますが、
(週明けにはGAFAトップたちの米議会への呼び出しも)
超目先としては今夜に決算を控えるバブルの象徴とも言えるテスラ、
牽引役のマイクロソフトやバイオジェン、明日のアマゾン、ツイッターが、
IT・ハイテク、グロース株売り・リスク資産売りを加速させるのか、
それとも再び株買いを含むリスク資産買いとなるのか注目です。

言っても株価は高値圏で決算を迎えるので、決算が堅調だったとしても、
織り込み済みの反応になるのが妥当だとは思うのですが、
米グロース株を新参者とも言えるロビンフッター達が支えているならば、
織り込み済みといった市場あるあるな穿った反応をするのではなく、
素直に買いでカチ込んでくる可能性も否定は出来ないです(笑)

一方、国内企業決算ですが、本日発表されたコロナが追い風、
コロナの影響が少ない企業の決算は、堅調なものも多いですが、
外需企業決算は昨日の決算優等生の日本電産、
決算期待組のディスコ、富士通ゼネとは違い、
減収、2ケタ減益、50%以上減益も続出状態なので、
来週からラッシュを迎える国内企業決算は、
米企業決算とは比べ物にならない程に先が思いやられます。

まぁとにかく我が国は明日から4連休なので、
まずは先に述べた今夜以降の米企業決算を受けた海の向こうの市場が、
週末までにどういった反応をするのか見極めるしかないです。

ということで、4連休中は天気が悪かったり、
なにより国内の感染者数が増加傾向なので、
GoToトラベルどころか遠出する気も失せてしまう状況ですが、
良い連休をお過ごしください。

連休中は気が向いたら記事を更新します。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.