FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
チグハグと温度差は変わらぬまま
こんばんはです。

市場全体としてはまだら模様&日替わり定食な動きが続きながらも、
国内外の株式市場はイマイチな商いと共に上値が切り上っております。

昨夜の海の向こうも債券高、油と銅以外は資源安だったものの、
ドル安ながら円安、米英株高(商いやや増)、VIX低下、欧州株先物高、
前日に売られた米IT・ハイテク株、グロース株も踏ん張っており、
本日の日本時間もやや円高で推移したものの概ね同じ動きとなり、
日本株はイマイチな商いながらやや増加させての株高&高値引けです。
(中国株は商い減とは言え大商いでの続落)

以上の様なまだら模様のマチマチな動きが続くと(特に先週)、
良からぬことが起きがちなのですが、市場を取り巻く環境としては、
昨夜は3名の米連銀総裁とFRB理事が景気は厳しいでっせと言及し、
本日に金融政策決定会合を開催した黒ちゃんマン、展望レート共に、
国内景気は回復しとるけどV字回復やないでと言っており、
その原因であるコロナ感染者は、国内外共に増加が続いており、
米国では経済活動停止の動きも拡大中(新興国や欧州も)、
我が国は東京都が基準の曖昧な警戒レベルを最大に引き上げており、
黒ちゃんや各国中銀の景気見通しが正解だと思うばかりですが・・・
(企業、IMF、OECD、世銀も同様の見通し)

相変わらず日米を始め各国の政府は、強気な景気見通しと共に、
経済活動再開を推し進めており、金融市場も債券と為替以外、
つまりリスク資産である株式市場や原油、資源も(HY債も)、
政府と同様どころかそれ以上の楽観姿勢で動いていると言えます。

昨夜はモデルナのワクチンの治験結果が良好だったことを口実に、
金融市場の楽観姿勢に拍車が掛かったようですが、
そのワクチンも含め、世界中に行き渡るには時間も要するでしょうし、
その間と言うか足元では感染者の増加ペースが上がっているので、
ワクチン期待での楽観姿勢は賞味期限が短いと見ておきましょう。
(既存の治療薬ならば期待してもいいとは思いますけどね)

そして金融市場の中で最も楽観色の強い株式市場では、
需給と期待以外の株価の根幹である業績(配当を含む)の発表が、
米国企業は今週から本格化、日欧企業は来週から本格化されるので、
特に重要な業績見通し(配当を含む)を受けて、
指数としてはコロナ前の水準超えや更なる最高値更新となるのは、
さすがに厳しいと思うのですが・・・
個別としても牽引役&高値圏にあるIT、ハイテク、グーロス株は、
織り込み済みとはならずに高値更新となるのも厳しいと思うのですが・・

ちなみに国内企業決算の特に外需については、
日銀短観の想定為替レートを割り込んだ円高水準のままでは、
短観の業績見通しよりもドイヒーとなる可能性が高く、
そうなると先進国の中でも際立つ業績見通しの悪さとなり兼ねないだけに、
本日の黒田薬局会合では、決算シーズン前の円高対策も兼ねて、
何らかの追加策か黒ちゃんの口車が無かったのは気掛かりです。
しかも明日はECB理事会、28-29日にはFOMCですからね。

そんなこんなでこれから本格化する国内外の企業決算に対して、
私がどう思っていようとも、市場に従うべきなのでしょうけど、
少なくとも決算が減収減益で着地、見通しも非開示もしくは減収減益、
配当も無配もしくは減配になろうとも、
コロナ前水準を超えたり、史上最高値更新となるようであれば・・・

もはや中銀や国際機関の悲観的な見通しを否定しているだけでなく、
株価の根幹である企業の業績見通しも否定することになり、
(コロナ前の状態には戻ってないマクロ指標も)
各国政府の景気とコロナに対する強気な見通しへの期待、
大規模な金融緩和によるカネ余りを含む需給環境だけで、
株高が続くということなので、かつてのバブルよりも質が悪いと言うか、
実体が伴ってないバブルだと言うことだけは肝に銘じておきましょう。

とりあえず目先としては、日々のコロナと経済活動動向、米中動向、
政策動向も重要なのですが、米企業決算は今夜が並盛、明晩が大盛、
(米企業決算は来週から特盛、国内企業決算は来週から開幕)
明日は中国のGDPを含む経済統計、ECB理事会、
米6月小売売上高、新規失業保険、米7月フィリー指数、
明後日の週末は米SQ、米6月住宅着工、米7月ミシガン大学指数、
18日はEU首脳会議2日目とG20財務相・中銀総裁会合なので、
明日から週末にかけては今週の注目イベントが重なります。

ということで明日のスタンスとしては、基本的に変わりはないのですが、
市場全体の日替わり定食&マチマチの動き、もしくはリスクオンならば、
以上に書いたリスクや明日以降のイベントリスクは承知の上で、
短期勝負で割り切って乗るのはアリですが、
そうではなく商い増での株安、リスクオフとなっているならば、
日替わり定食で終わったとしても、御縁が無かったと割り切り、
日跨ぎすらも控える慎重な姿勢で構えておきましょう。
腰を据えて新たに参戦する方は、リスクオン・オフは関係なく、
現在の状況(水準)は腰を据えて参戦する状況ではないので、
決算を見極めてから参戦するくらいの姿勢で構えておきましょう。

新興市場はマザが大幅高とはなったものの、
商いは減少しているので、商い増での上昇が継続するか、
直近高値を抜かない限り(先週高値は少し超えましたけど)、
慎重姿勢を維持しておきましょう。
そして米IT・ハイテク株、グロース株が踏ん張るのかも重要です。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.