FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
コロナ動向とバブル軍団と
こんばんはです。

結局のところ新型コロナの感染リスクが最も高いのは、
飛沫?唾液?会話?接触?まさかの呼吸とか空気?どれなのでしょう?
そしてマスク着用だけで大丈夫なのか?

とにかく三密、濃厚接触を避け、手洗い、うがい、消毒の励行、
と言われても、未だに根本的にハッキリしないことが多過ぎな上に、
ワクチンや治療薬も完成してない状況の中、
米国や新興国では感染者が急増、国内も東京を始め感染者が増加傾向、
にもかかわらず、国内外共に政府の経済活動再開方針は変わらず・・・

一方で、米国を海の向こうでは自治体単位や企業によって、
経済活動停止の動きが拡大しつつあり、
なにより人々の感染不安がジワジワと増大としており、
経済活動も委縮しつつありますので、
いくら大規模な金融&財政政策というサポートがあろうとも、
withコロナとか言いながら感染拡大が続く中で、
ほんまに景気はコロナ前の状態、それ以上のV字回復になるのか?
そもそも経済活動再開に邁進して大丈夫なのか?
という疑問は全く払拭されず、むしろ不安が増大中です。

なんだかコロナの封じ込め、経済活動再開のどちらにおいても、
徹底しないままの小出し?見切り発車?を続けていることが、
現在のイタチごっこな状況を招いているとしか思えないですから、
感染してからの潜伏期間が約2-3週間なのであれば、
いっそのこと1カ月間だけでも徹底して経済活動停止にしてから、
その後に業種を絞るなりしてのピンポイントな規制を掛けた方が、
(当然ながら補償ありきでの経済活動停止)
時間的にも経済的にも財政的にも効率がいいのでは?とすら思えます。

現在の国内の感染者数増加は検査数を増やしたからとは言っても、
感染者が増えて重症者も増えてしまえば、
医療崩壊が起きて死者数も増加してしまうわけですからね。
(昨日の東京の陽性率には驚きましたけど・・・)

こんな状況では22日から始まる政府のGO TO キャンペーンも
根本的な準備不足や周知徹底を含む仕組み自体に問題があるとは言え、
そもそも人々が利用しようというマインドになるのか疑問であり、
結果的にGO HOME キャンペーンになったら笑えないです。

そんなこんなでコロナを巡る不安・懸念が増大しており、
一方でそんなもん知らんがな!状態の金融市場ですが・・・

昨夜は米国でIT・ハイテク株、グロース株が売られ、
本日は中国株、我が国の新興市場が売られており、
御存知の通り、これらはコロナ禍の株式市場を牽引してきた上に、
ノーパンジャブジャブ金融緩和下でのバブルの象徴軍団でもありますので、
今夜以降も売られたとしても、バリュー株へ循環すればいいのですが、
そうではなくバリュー株も売られることになれば、
債券も為替も商品も含め、市場全体のリスクオフムードは加速しそうです。

まずはバリュー株へ循環するのかどうなのかよりも、
バブル軍団がどうなるのか次第と言えますが、
昨夜から米債券高、人民元安、原油安、銅反落、VIX大幅上昇、
というリスクオフの動きが見られる一方、
日英欧債券安、ドル安ながら円安、資源高、金反落、ダウは小幅高、
米株の商いは減少、日英欧株は薄商い(中国株はゴリラ商いで反落)、
というリスクオンの動きと緊張感の無さも混在しているので、
今夜以降、バブル軍団次第の様相は強いものの、
これら市場全体の動きも見ておきましょう。

そして昨日も書いた通り、日々のコロナ動向、経済活動動向、米中動向、
政策動向、米大統領選動向と共に今週の決まったイベントとしては、
国内のヤマ場は明日の日銀会合、国内外のヤマ場としては、
マクロ指標や米企業決算、ECB理事会等が重なる16日ですが、
週末には米SQ、G20やEU首脳会議もありますので、
明日から週末までは、動くきっかけイベントも多いと言えます。
(来週からは米企業決算ゴリゴリ本格化、国内企業決算も開幕です)

ということで明日のスタンスとしては、特に変わりはないので、
リスクオン継続もしくは本日のような中途半端なマチマチの動きならば、
市場を取り巻く環境や明日以降のイベントのリスクは承知の上で、
短期勝負で割り切って乗るのはアリですが、先にも述べた通り、
米IT・ハイテク株、グロース株、中国株売りが続いたり、
リスクオフ一色となっていれば、日跨ぎすらも控えておきましょう。
腰を据えて新たに参戦する方は、リスクオン・オフは関係なく、
決算を見極めから参戦するくらいの姿勢で構えておきましょう。

新興市場についても同様に米IT・ハイテク株、グロース株の動きは、
重要と言えますが、そもそも足元で下落局面では商い増(本日も)、
上昇局面では商い減という下げゴリモードが続いているので、
シンプルに商い増での上昇が継続するか、直近高値でも超えない限り、
慎重に動きましょう(明日は3社のIPOも控えております)。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.