FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
相変わらずの金融市場とそれを取り巻く環境
こんばんはです。

本日も中国株は相変わらずの別世界なゴリラ商いでの大幅高、
米欧株先物も堅調に推移していたこともあり、
我らが日本株は商いがイマイチながらも大幅反発で終えており、
週末の海の向こうでの債券安、ドル安、原油高、銅高、資源高、
という概ねリスクオンの動きも続いております。

商いについては時期的にも止むを得ないと言えますが、
ドル円は日銀短観の想定為替レートを割っているので、
来週から発表が本格化する外需企業決算までに円高が落ち着かないと、
保守的な見通しが得意技の日本企業は、
日銀短観よりも保守的な見通しを出す可能性が大いにあり得るだけに、
明後日の黒田薬局会合にて、円高に歯止めが掛かるように、
追加金融緩和策を出すか、せめて会見で黒田節でも炸裂させないと、
来週から始まる国内企業決算が思いやられます。

しかも日程的には、明後日が黒田薬局会合、
木曜日がECB理事会、28-19日が本丸のFOMCとなり、
日銀は後出しジャンケンを出来ない並びですからね・・・

ただでさえ東京を始めコロナ感染者数が増加傾向であり、
いくら検査数が多いから止む無しの結果、医療崩壊も起きてない、
重症患者も死者数も増えてない、政府の経済活動再開姿勢は継続、
とは言っても、国民の方は感染への警戒感が再燃しつつあり、
それが拡大すると需要の喪失現象も再燃し、
企業側の経済活動委縮の動きも拡大することになり、
またしても後手後手感の漂う政府の緊急事態宣言発動となると、
内需・サービス業の決算も出尽くし、織り込み済みとはならず、
さらなる業績&見通しの悪化を招くことになってしまいます。

国内マクロ環境は消費税増税の影響だけで、
年末時点のGDPが米欧のコロナ級のダメージを負っており、
コロナ後のマクロ指標も先進国の中では際立って低調ですから、
豪雨被害に加え感染第二波による経済活動委縮なんてことになると、
企業決算(ミクロ)に注目とか言うとる場合やなくなります・・・

米国を始め海の向こうも、各国政府が経済活動再開を加速させる一方、
感染者数は日本どころではない爆発的な増加が続いていることで、
人々の経済活動委縮の動きも拡がっているだけでなく、
自治体の再規制や企業の経済活動委縮の動きも拡がっております。

以上の通り、国内外共にコロナ感染者増加による経済活動委縮の動き、
それによるマクロ・ミクロ共にV字回復期待が怪しくなっていると共に、
現状の金融&財政政策だけで大丈夫か?
特に米国は追加の失業保険給付を7月一杯で終わらせて大丈夫か?
米国は追加策を打つのためにも7月末の債務上限引上げ期限は大丈夫か?
との見方も拡がりつつあるのですが・・・

金融市場だけは、世界的な大規模金融緩和によるカネ余り状態に加え、
原油とドル以外の良好な需給環境もあるせいか、
(だからこそドル高、原油安になるとリスクオフ色が強まるとも)
先に述べたコロナや実体経済の現状やリスクを懸念するよりも、
治療薬(レムデシビル)の進展期待という御都合解釈によって、
冒頭でも書いた通りのリスクオンの動きとなっております。

それを治療薬よりも政策効果だと正当化するのかどうかは自由ですが、
かつてのバブルと比べても(チューリップ&仮想通貨バブルは除くw)、
実体を伴ってない質の悪いバブルと言わざるを得ないので、
いつ崩れてもおかしくないチキンレースと見ておくのが妥当でしょう。

その崩れるきっかけとなるのが、これから本格化する国内外の企業決算、
先に述べた日米欧の金融政策イベント、7月末に向けた米財政動向、
日々のコロナ動向や経済活動動向や政策動向、マクロ指標・・・
どれになるのかわかりませんけど、今週目線だけで言えば、
国内のヤマ場は明後日の日銀会合、国内外のヤマ場としては、
マクロ指標や米企業決算、ECB理事会等が重なる16日です。
(週末は米SQ、G20やEU首脳会議もありますけどね)

ということで明日のスタンスとしては、
冒頭で書いたリスクオン継続ならば、先に述べたリスクは承知の上で、
チキンレースだと割り切って乗ればいいでしょうけど(16日は注意)、
腰を据えて新たに参戦するのは、決算を見極めからでもいいでしょう。
そして債券高・金利低下、ドル高(円最強高)、原油安、銅安、
資源安(金も含む)、株安(特に中国株と米IT・ハイテク株)、
VIX上昇というリスクオフとなっているならば、
短期勝負の方も出来るだけ日跨ぎすらも控え、慎重に動きましょう。

新興市場については、昨日も書いた通りですが、
足元で下落局面では商い増、上昇局面では商い減、
という下げゴリモードから脱してないので(本日も商い減での続伸)、
シンプルに商い増での上昇が継続するか、直近高値でも超えない限り、
慎重に動きましょう(明後日には3社のIPOも控えております)。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.