FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
チャイナゴリラと半分リスクオンの週明け
こんばんはです。

先週から世界で唯一とも言える商いを伴う上昇となっていた上海株は、
本日もキングコング級の商いと共に5.7%高となっており、
もはや出遅れていたとかではなく、コロナ前水準と19年高値も超え、
2018年2月以来の高値で終えているアルヨ。

何やら大本営(当局)が株を買うアルヨ!との大号令を出したそうで、
裏を返せば神(御上)の手を使ってでも株高にすると言わんばかりなので、
香港情勢、米中対立、一部の都市封鎖リターンズもへったくれもなく、
ゴリラ商いでの株高になっているのでしょうか・・・

たとえバブルになろうとも独裁政権&管理相場ですから、
実際にバブルが崩壊していたとしても隠蔽するでしょうし、
いざとなれば人民の財産や人命は二の次でのバブル封じも可能なので、
中国株に限っては大本営に合わせてアホになって乗るのもアリですが・・

中国ほどではない?にせよ、
日銀を始め公金猿軍団の手によって支えられている日本株を始め、
世界の株式市場は各国中銀の大規模金融緩和でのカネ余りによって、
支えられている面も大きいので、アホになるべきなのか・・・
価値ではなく価格重視のバブルだと割り切るべきなのか・・・
実はコロナの影響も消え去り、ほんまに景気はV字回復するのか・・・
いやいや、V字回復なんて有り得ないし、
こんな相場に付き合う必要はないと冷静に構えるべきなのか・・・

3月安値以降、頭の中で葛藤が続く日々ではありますが、
アホになるにしても、出来るだけその日限りの短期勝負に留め、
腰を据えての勝負は、そもそも配当&業績見通しが明確になるまでは、
アホになって乗る気には全くなれないですし、
景気がV字回復になるとも全く思えず、変えてまで乗るつもりもないので、
コロナが追い風&影響の少ない銘柄以外は手出し無用スタンスのままです。

ただし本日の日経平均は6月23日高値を超え、先に述べた中国株高、
アジア株高、欧州株高、米株先物高(VIX30割れ)、
ドル安、原油高、資源高とほぼリスクオンの動きではありますが・・・

一方で直近高値を超えてないTOPIX、マザーズ等の新興市場株、
米欧株、そして株式市場の薄商い、小幅安程度の債券安、円高傾向、
これらを含めると市場全体としては半分だけのリスクオンであり、
株式市場は単なる買戻し、SQを控えた大人事情感も満載ではありますが、
薄商いは時期的に止む無しとも言えるので、
あくまで短期勝負限定ならば、市場全体がリスクオフへと転じない限り、
超短期的には株高が続くと割り切り、日跨ぎ以上の勝負もアリです。
(出来れば薄いながらも商い増での上昇が好ましいです)

くれぐれもしつこいようですが腰を据えて勝負する状況ではないですし、
割り切って日跨ぎ以上の短期勝負をするにしても、
旬の材料でもある米国のコロナ感染者動向(日本も)、
それによる経済活動停止・拡大、米中動向、各国の金融&財政政策動向、
そしてコロナ禍前の状態には程遠い実体経済(マクロ指標)、
(企業決算は米国が来週から、国内は再来週から始まる)
これらのリスクは覚悟の上で動きましょう。
今夜はISM非製造業の発表もありますが、
昨日も書いた通り、今週のイベント的なヤマ場は8-10日です。

 8日 ETF分配金捻出売り集中日(10日も)、金日成命日
 9日 ユニクロ決算&月次、竹内製作所決算、黒田日銀総裁挨拶
    新規失業保険、ウォルグリーンとデルタ航空?の決算
10日 SQ、ETF分配金捻出売り集中日(8日も)、安川電決算
    政府が経済活動制限を一段階緩和見通し、EU財務相会合

新興市場については、本日は上昇したものの商いが減少しており、
主力大型株とは違って、足元では下落局面で商いが増加、
という下げゴリモードが続いているので、
全体感としてはシンプルに商い増での上昇に転じるまでは、
短期も長期も慎重に動きましょう。
特に足元で賑わっていたバイオ軍団、GMO軍団、IPO軍団、
米GAFAや米ハイテク株も横睨みしておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.