FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
どっちやねん
こんばんはです。

昨夜の米株のゴリ安がコロナ第2波懸念もあるのだとすれば、
感染拡大を抑えている日本株がゴリ高になってもおかしくなく、
本日の中国株も含めた踏ん張りを見ていると、
そうなのかも・・・と錯覚してしまいそうです。
(日中は公金買いやないか!という真っ当なツッコミは置いといてw)

何やら嫁さんがベッピンの食い倒れ人形(ムニューチン米財務長官)は、
第2波に見舞われたとしても経済封鎖はやりまへんと言ってますが、
感染リスクの大きい労働環境で働く層や人種を考えると、
そんなこと言って大丈夫なのか?とも思いますが、
今のところは暴動が激化することも炎上もしてないようなので、
死者数が急増したり、支持率が急低下でもしない限り
米国は経済活動のアクセルを緩めるつもりはないようです。

そして第2波懸念が口実になったのか、
急ピッチな株高からの一服に過ぎないのかどうかはともかく、
少なくともパウエルおじさんの悲観的な見通しに対しては、
過去最大の金融緩和と財政出動に踏み切っているにも関わらず、
2022年末までは元に戻らんのかいな!という驚きに加え、
この前は来年末とか言うとったがな!とのツッコミもあったでしょう。

昨日も書いた通り、IMF、世銀、OECDも似たような見通しであり、
昨日に株主総会を開いたトヨタの章男ちゃんマン(社長)も、
リーマンショックよりドイヒーやと言っているので、
パウエルおじさんがトンチンカンとまでは言いませんが、
トランプマンは即座に「またパウエルのアホが間違ってケツかる、
年内にV字回復、ロケット回復や言うとるやろ、見とけアホンダラ」
とツッコミを入れております。

まぁ財政政策を決めるのは政治家であるのも事実ですから、
大統領選を意識しただけの御都合発言とも言い切れませんが
市場で身銭を切っている投資家の見方も似た人達が多いですから、
パウエルおじさんを含む賢そうな人達や企業のトップの悲観的な見通しが、
間違っている可能性もありますけど(バフェットじいさんも)、
それだけ悲観と楽観が飛び交う誰にもわからない状況であり、
市場においてはカネ余り状態でもありますので、
株高は懐疑の中で育つとも言えますが・・・

とにかく昨夜の米株は商い増での大幅安となり(欧州株はチョイ増)、
本日の日本株も踏ん張りは見せたものの、
商いはMSQ分を差し引いても、昨日に続く商い増での下落だったので、
まずは今夜の米欧株と週明けの日本株が、
薄商いでの反発ではなく、商いを伴った反発となるのかを見極めないと、
牛追い祭りの最中のほんの一服・押し目だったのか、
熊追い祭が始まったのか、どっちやねん状態でおます。

もちろん現時点では、足元の実体経済、世界的なコロナ動向、
株式市場だけではなく債券、為替、原油、資源の動きを見る限り、
熊追い祭が始まったと見る方が妥当だとは思いますけどね・・・

本日は週末なので、今夜の海の向こうの動きを見極めた上で、
改めて週末の記事で来週の見通しを書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.