FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
足元を見つつ、先行きを考えつつ
こんばんはです。

世界の株式市場が総マザーズ化しております。
コロナの影響を受ける銘柄と受けない銘柄の二極化ならばまだしも、
影響を受ける銘柄であろうとも、足元の業績が赤字であろうとも、
配当&業績見通しが非開示であろうとも、底打ち、織り込み済み、
V字回復、金融緩和&政策期待と言われ、味噌もクソも買われております。

本日の日本株についても、テクニカル面等の過熱感があったり、
寄り天気味な動きでしたが、商いを伴っての上昇では終えており、
(マザーズは商いがやや減少しての下落、JQは商い増での下落)
昨夜の米株と欧州株、本日の中国株も商い増での上昇なので、
世界的な株高モードは、賞味期限は短いでしょうけど、
まだ続きそうなオイニーが漂っております。

株式市場以外についても、原油と資源が買われており(穀物マチマチ)、
安全資産の金は反落、同じく安全資産の債券も日米欧共に債券安、
為替市場はドル安ながら円最弱安、人民元高&新興国通貨高なので、
債券の動きには良くも悪くも解釈が難しい面はありますが、
金融市場全体としての動きはリスクオンと言えます。

そんな金融市場の中でも株式市場は楽観色が際立ち、
冒頭でも書いた通り、世界的なマザーズモードと化しており、
空前絶後の世界的な金融緩和によるカネ余りと公金による下支え、
社会主義的なバラマキ財政政策によって、
株価の根幹である配当や業績よりも成長や回復期待ばかりが重要視され、
もはや価値よりも価格のみという感じです。

もちろん新興企業はそれでもいいと思いますし、
トレードにおいてもキャピタルゲインでもインカムゲインでも、
短期でも長期でも何でもアリで大いに結構なことですし、
かつては売上さえ伸びていればOK牧場という時代もあったり、
実体経済と株価が乖離することもよくあることでしたが、
それなりにマクロ環境としての裏付けはありましたので、
今回のコロナバブルについては、足元の実体経済はリーマン級どころか、
大恐慌以来のダメージを負っている焼野原状態にもかかわらず、
超ド級の金融&財政政策効果と需給環境の後押しが強いこともあり、
株価だけはコロナ禍前の水準が視野に入っており、
チューリップバブルと同じとは言いませんが、
かつてなかったようなバブル・・・危うさ満点のバブルとすら言えます。

現状がバブルであろうとも、最終的にコロナ禍が収束すると共に、
実体経済が株価に追いつくのであれば、みんなハッピーですけど、
コロナ禍が収束したあとに金融市場のバブルが弾け、
金融不安→実体経済悪化というコロナ禍とは逆の流れとなり、
世界恐慌や失われたウン十年リターンズ、
といった本末転倒なお寒い事態に陥れば、
(ハイパーインフレやスタグフレーション懸念もある)
ウィズコロナもアフターコロナもへったくれもなく、
ただの景気がコロコロコロナですからね。
足元では各国の財政破綻リスクも高まっていると言えます。

それでも今は将来の懸念よりも現在進行形のコロナ禍、
ダメージを受けた実体経済を救うことこそ再優先すべきであり、
そのための金融&財政政策を否定をするつもりも毛頭ないですけど、
足元の金融市場、特に株高の動きだけは
(債券もバブルですけど実体経済と乖離してないとも言えます)、
将来的な金融バブル崩壊リスクを防止&軽減させるためにも、
株式市場は冷静になれと言うか、実体経済が追い付くの待つと言うか、
追い付きそうなのかを確認した方がいいのではと思うばかりです。
戻り相場に乗れてない私の願望であることも否定はしません(笑)

そういう意味では、今週は月初恒例の米経済指標特盛ウィークであり、
今夜のADP雇用、ISM非製造業、明日の新規失業保険、米貿易収支、
週末の雇用統計にて、世界経済の親亀である米国の実体経済が、
どれほど悪いのかを改めて確認することになり、
(国内でも週末に消費支出と景気動向調査が発表)
実体経済の更なる重石となり兼ねない日々の米中対立動向、
しかも天安門事件から31年目の明日は香港で国家条例案の採決があり、
他にも米経済の重石と感染拡大リスクのある米抗議デモ動向、
そもそもの発端であるコロナ動向、これらを軽減する各国の財政政策動向、
金融政策イベントでは明日のECB理事会、来週のFOMC、
需給要素の強いイベントとしては、明日のOPECプラスリモート会合、
来週末のMSQといったところが注目です。

以上の通り、現在の市場の動きを見る限り、
株高モードが続きそうなオイニーは漂っておりますが、
足元の実体経済や市場を取り巻く環境を見る限り、
先に述べたイベント等をきっかけにいつハシゴが外れてもおかしくなく、
株高の賞味期限も短いでしょうから・・・
明日のスタンスとしては特に変更はなく、昨日も書いた通りですが、
コロナが追い風の銘柄、コロナの影響が少ない銘柄、
悪いなりにも見通しを出している銘柄以外は、
腰を据えて新たに参戦する状況ではなく短期勝負だけに留め、
出来るだけその日限り、もしくは商いを伴った下落に転じるまで、
というシンプルな判断で立ち回るしかないです。
新興市場についても商いを伴った下落へと転じるまでは、
というシンプルな判断で立ち回ればいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.