FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
変わらず待つのみ
こんばんはです。

香港騒動も含む米中対立や米暴動、ドイヒーな実体経済よりも、
治療薬候補だったレムデシビルの効果がイマイチだったことの方が、
個人的には失望感が大きいです・・・

アビガンも効果があるのか不明とも言われているので、
結局は徹底した予防と健康的な生活を送ると共に免疫力を高めるか、
ワクチンの完成を待つしかないのか・・・

以前にも書きましたが、実はコロナそのものよりも、
薬やワクチンで薬害や副作用が起きたり、遺伝子異常を起こすことが、
新型コロナの第2ステージなんてことになれば、
一昨年?に観た英国ドラマ(タイトル忘れました)みたいな展開です。

ドラマな展開はともかく、治療薬もワクチンもないままでは、
各国政府が経済活動再開との号砲を鳴らしたとしても、
人々や企業の感染への恐怖やリスクは払拭されないままなので、
コロナ禍前の状態まで経済活動が戻ることはないどころか、
人・物・カネの動きが委縮・停滞した状態が続くでしょうし、
感染拡大の続く新興国はもちろんのこと、先進国で感染第二波が起きると、
以前よりも行動規制が強くってもおかしくないですからね。
本来ならば最初の規制を参考にして、必要な規制だけとなるはずですが、
それを決めるのは政治家だけに、第二波が起きて支持率が低下すると、
感染封じ込めの再失敗は許されないとばかりに躍起になるでしょうからね。

かと言って、現在の米国で起きている暴動を見ると、
差別への抗議に乗じて左派系のテロ集団が煽動との見方もありますが、
根っこの部分に人種による格差社会があるのであれば、
職を奪うことにもなる行動規制を強め過ぎることも出来ないですし、
その代わりに感染拡大へと繋がることになれば本末転倒ですし、
特に米国では十分な医療を受けられないという事情もあるでしょうから、
結局はコロナの収束・封じ込め、もしくは治療薬・ワクチンの完成こそが、
経済的な面も含めて最優先&必須だと言うことです。

従ってそれまでは、現在の大規模な金融緩和政策と財政政策によって、
経済的なダメージをカバーするしかないのですが、
現時点でも大恐慌以来のダメージを負っている実体経済は、
単月ながら回復の兆しは見られるものの、まだまだドイヒーな状況であり、
未だにダメージの拡大・流血も続いているので、
ほんまに底打ちなのか政策が十分なのかもわからない状況です。
少なくとも現状のままでは、元通りとなるには相当な時間を要すでしょう。

以上のようなコロナ動向、実体経済ではありますが、
金融市場では株式市場だけが、足元の需給環境も追い風に、
突出した楽観モードを続けており、底打ち、織り込み済、
V字回復でコロナ禍前の水準まで元通りになるで!
コロナノミクスや!コロナバブルや!
そもそも世界的な金融緩和でのカネ余りやから実体経済とは別物や!
という空気に満ちており、2番底なんてあるかボケ!と言わんばかりです。

しかし配当を含む業績見通し非開示の企業がテンコ盛りな状況のまま、
足元の実体経済とは大きく乖離した株価水準では、
更なる株高があったとしても賞味期限は短いでしょうから、
腰を据えて株を新たに買おうという気には全くなれないので、
もし結果的に2番底が来なかったとしても、
これまでの戻りとは御縁が無かったと割り切る以外にないです。

従って現在(明日)のスタンスとしては、特に変わりまへんけど、
コロナが追い風の銘柄、コロナの影響が少ない銘柄、
悪いなりにも見通しを出している銘柄以外は、
腰を据えて新たに参戦する状況ではなく短期勝負だけに留め、
出来るだけその日限り、もしくは商いを伴った下落に転じるまで、
というシンプルな判断で立ち回るしかないです。
(本日の日本株は商いやや増での続伸、昨夜の米株は薄商いでの上昇)
新興市場についても商いを伴った下落へと転じるまでは、
というシンプルな判断で立ち回ればいいでしょう。

そしてしつこいようですが、日々の塵も積もれば状態の悪材料は、
全てシカトしている状況なので、いつ溜まった悪材料が溢れ出し、
ハシゴが外れてもおかしくない状況だということだけは忘れずに。

ちなみに今週の溢れ出すきっかけになりそうなイベントとしては、
日々のコロナと政策動向、米暴動、米中対立動向だけでなく、
週末の雇用統計まで続く特盛の米経済指標、
Zoom(今夜)や米小売企業の決算での実体経済の確認、
明後日には天安門事件から31年目を迎え、
香港議会でデモの原因の一つでもある国家条例案が採決され、
デモの激化と米中対立の激化を招く可能性もあります。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

みずほ | URL | 2020-06-03-Wed 10:34 [編集]
今朝もダウは1%以上の上昇でした。米トヨタ他の5月販売が4月から改善で、4月が底だった説のせいですかね。
ドイツはもっと。ドイツのニュースを見ると、夏のバカンスに合わせて猫ならぬ規制解除まっしぐらな感じです。相当な経済効果なんですね。
感染者数、今も数百人単位だったような…。

東京の新たなクラスターは夜の街と病院なので、接触者検査をくまなくすればやがて収まると思います(うちの地域みたいに)。←同じクラスター源。
それまでは暫く増加して心配になりますが。人との距離が一番の危険ですね。密閉と。
一昨日、マスク届きました。有り難く大事にとっておきます。アベノマスクを笑う者はアベノマスクに泣く、かもしれませんからw
地方は給付金も早い。地元の新聞によるとみんな申請書返送、速攻だったようでうちは出遅れました。




みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2020-06-03-Wed 22:52 [編集]
> 今朝もダウは1%以上の上昇でした。米トヨタ他の5月販売が4月から改善で、
> 4月が底だった説のせいですかね。
> ドイツはもっと。ドイツのニュースを見ると、夏のバカンスに合わせて猫ならぬ規制解除まっしぐらな感じです。
> 相当な経済効果なんですね。
> 感染者数、今も数百人単位だったような…。

株式市場は堅調ですね。
それに乗るか乗らないかは自由ですけど、危ういばかりです。
ドイツを含め経済活動再開で第2波が起きないことを願うばかりです。

> 東京の新たなクラスターは夜の街と病院なので、
> 接触者検査をくまなくすればやがて収まると思います(うちの地域みたいに)。←同じクラスター源。
> それまでは暫く増加して心配になりますが。人との距離が一番の危険ですね。密閉と。

今は過度にワクチン等には期待せず、
予防と健康的な生活を送るに限ります。

> 一昨日、マスク届きました。有り難く大事にとっておきます。
> アベノマスクを笑う者はアベノマスクに泣く、かもしれませんからw
> 地方は給付金も早い。地元の新聞によるとみんな申請書返送、速攻だったようでうちは出遅れました。

アベノマスクは手に届くとか、粗末とかよりも、
マスクの需給環境を壊すきっかけになったことで、
マスクを買いやすくなったことが功績と言えますね。
最近はアルコール消毒も転売禁止を機に、
品薄状態が解消されつつありますね。
給付金だけは、特に事業者向けの手続きと給付を急がないとですね。

みずほ | URL | 2020-06-04-Thu 11:05 [編集]
マスクはあの時本当に買えなかったので、布なんてとガッカリはしましたが、繰り返し使えるし長い目で安心かと思い直しました。
みんなはマスク手に入るのかな…いいなと思っていました。フランスのマスクをアメリカが横取りしたニュースもありましたし、中国はマスク外交するわ状態の中、ホントみんなどこかにアテがあるのかな?と。
布マスク作ればいいのか!と発想しましたし。まぁ誰もが考えるかもですが。今や夏用も生まれました。

ところで、ここ何年も秋には株価下落するイメージですが、今から夏はどうイメージしたら良いでしょうか?流石に下がると思いますが、急落かダラダラかはわからないですね。保有株売っとく?、長期配当目的のは乱高下覚悟して保持か。ただタイミング良く売買できなさそうです…。大した金額じゃないけど現金は厚めにします。




みずほさんへ
マーケット番長 | URL | 2020-06-04-Thu 19:25 [編集]
> マスクはあの時本当に買えなかったので、布なんてとガッカリはしましたが、
> 繰り返し使えるし長い目で安心かと思い直しました。
> みんなはマスク手に入るのかな…いいなと思っていました。

私のもとにはまだアベノマスクが届いておりませんが、
届いたら役所にある医療機関向けのマスク寄付ポストに入れる予定です。

> フランスのマスクをアメリカが横取りしたニュースもありましたし、
> 中国はマスク外交するわ状態の中、ホントみんなどこかにアテがあるのかな?と。
> 布マスク作ればいいのか!と発想しましたし。まぁ誰もが考えるかもですが。
> 今や夏用も生まれました。

冷やしマスクとかもあるみたいですねw

> ところで、ここ何年も秋には株価下落するイメージですが、
> 今から夏はどうイメージしたら良いでしょうか?流石に下がると思いますが、
> 急落かダラダラかはわからないですね。保有株売っとく?、
> 長期配当目的のは乱高下覚悟して保持か。ただタイミング良く売買できなさそうです…。
> 大した金額じゃないけど現金は厚めにします。

私は2番底目線ですけど、ピンポイントでいつ崩れるのかはわからず、
遅かれ早かれとしか言えないです。
日々の見方についてはブログ記事を御参照下さい。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.