fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
イマイチ緊張感のない週末
こんばんはです。

本日は東京の医療従事者への感謝と励ましのために、
東京上空でブルーインパルスの航空ショーがあり、
ネット中継での視聴ながら釘付けとなってしまいましたが、
言ってもこういうイベントは盛り上がりますから、
ぜひとも来年の東京五輪が開催されることを切に願うばかりです。

そんなブルーインパルスのショー対して、
どなたかがウマイこと言ってたのですが、
ブルーインパルスだけに株式市場ではダブルーインバースが舞い上がる、
という展開ほどにはならず、
引けに掛けてのMSCIリバランスに絡む売りが出た程度でおました。

ちなみに私は引けのリバランスはスルー、リバーランスルーイット・・・

言いたかっただけのスベリオヤジギャグ(ダジャレ)は置いといて、
売買代金は今年3番目の4.64兆円というゴリラ商いでしたが、
リバランスによって最後の1分で約2兆円が嵩増しされた上に、
月末要因もあるでしょうから、実質的に昨日よりも商い減での反落なので、
下げゴリラモードに転じたとまでは感じないです。

新興市場については、JQが商い増加傾向での11連騰となり、
中小型も踏ん張り、マザも直近高値を超えての高値引けではありましたが、
マザは週末とは言え商い減少での反発ではありましたので、
足元で続いている下落局面での商い増、上昇局面で商い減、
という下げゴリモードを脱したとまでは言えず、
昨夜の海の向こうでも半導体SOX、ラッセルが大きく売られており、
先行していたグロース株売りの流れは止まったとまでは言えないので、
グロース軍団は今夜と月初でもある週明けの動きと商い次第と言えます。

以上の通りなので、駆け込みのセルインメイのゴングが鳴ったとか、
セルイン田中邦衛(ジューン)がやって来るとまでは言えず、
イマイチ緊張感に欠けるグロース売り、バリュー買いの流れが、
継続している程度と言えますけど、
言っても本日はMSCIリバランスもあった月末だったので、
月初である週明けから下へ舵を切る可能性もありますし、
今夜にはトランプマンが中国に対して喧嘩を売る?会見も控え、
制裁措置等が発表されるようだと、中国は来週に天安門事件から31年目、
その日に香港議会での国歌条例案採決も控え、弱腰を見せられないので、
お得意の休日中に喧嘩上等アルヨ(報復措置を発表)、
という良からぬ展開も十分に有り得ます。

そして何より繰り返し書いている通り、リーマンショックどころか、
大恐慌以来のダメージを負っている上に今もダメージ拡大中の実体経済、
ワクチンや治療薬が世界中に行き渡ったわけでもなく、
新興国での感染拡大も継続中であり(先進国でも第二波懸念)、
感染リスク・恐怖が払拭されないままでの先進国中心の経済活動再開では、
いくら世界的な大規模金融緩和、各国政府の大規模な財政政策はあれど、
株式市場と実体経済の温度差(乖離が)が大き過ぎると言えます・・・

百歩譲って実体経済が底打ちしていたとしても
昨日発表されたドイヒー状態の続く新規失業保険を含む米経済指標を始め、
(米国は消費がGDPの7割を占めてますからね)
足元の国内外のマクロ指標と企業業績の甚大なダメージを見る限り、
いくら底打ちしていたとしても、元通りとなるには時間を要するので、
株式市場のハシゴが外れ、実体経済との温度差が縮小する流れとなり、
それこそ駆け込みのセルインメイ、セルイン田中邦衛(ジューン)、
という2番底に向かう展開が、いつ起きてもおかしくない状況です。

とにかく今夜以降の市場の動きや米中動向等を見極めないことには、
いつ2番底に向かうのかはわからないのも現実なので、
商いを伴った下げに転じるまでというシンプルな判断でもいいのですが、
本日は週末なので、今夜の市場を見極めた上で、
改めて来週の見通しを週末の記事で書きます。

まだまだ自粛モードのフル解除とまではいかないでしょうけど、
良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.