fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
緊急事態宣言解除と経済活動再開の裏側で・・・
こんばんはです。

緊急事態宣言解除による感染拡大第2波も心配ですが、
支援や給付まで打ち切られることになると、
すでに大ダメージを受けている企業や商店は大丈夫なのでしょうか・・・
海の向こうでの経済活動再開の流れも然りです。

御存知の通り、今回のコロナショックは、
感染拡大による人々や企業の経済活動委縮(需要の喪失)から始まり、
追い討ちの様に各国政府による規制が人・物・金の停滞を加速させたので、
感染リスク(恐怖)自体が払拭されるか治療薬等が確立しないことには、
いくら緊急事態宣言解除、経済活動再開との号砲を鳴らし、
企業や商店だけは活動を再開したとしても、
国家間の渡航制限は続いたままですし、
人々の消費を含む経済活動も元通りになるとは思えないですから、
(家族構成等次第では職場(通勤)に戻るのを拒む人もいるでしょう)
経済活動が元通りとなるメドが立つまでは、
緊急事態宣言解除&経済活動再開だけでなく支援と給付を継続しないと、
それこそ経済的なトドメの第2波が襲うことになり、
経済損失での死者を軽減するためだったはずの経済活動再開が、
本末転倒なことになり兼ねないですからね

しかも感染拡大の第2波にまで及ぶことになれば、
経済的なトドメの第3波になるでしょうから、
我が国の緊急事態宣言解除と先進国を中心とした経済活動再開が、
支援や給付を打ち切ることをセットにしたものであるならば、
丁半博打に近い賭けと言うか、早計過ぎると言うか、危うさ満載です。

何気に我が国については、このままシレっと消費税増税を続けるならば、
ただでさえ訪日客減少を含むコロナによる需要の喪失が、
直撃して甚大なダメージを負っているサービス業や小売業は、
いつになったら元通りになるんや・・・ちゅう話ですから、
いよいよ安倍政権自体の危うさも加速することになります。
(維新以外の野党は、危うさが100倍になりますけど)

そしてなにやら足元では各国の財政出動に対して、
害悪でしかない格付け会社のケチ付けは無視するにしても、
財政破綻リスクが囁かれ始めているので、
各国政府としては、財政破綻も辞さずに財政出動を続けるのか、
打ち切るのか、選択を迫られている面もあるのでしょうけどね・・・

今のところ債券安や通貨安が見られる重債務国や経常赤字国の一部以外は、
債券が売られる事態にまでは発展しておらず、
むしろ金融緩和による債券高(債券バブル)が継続しているので
財政破綻と債券バブル崩壊まで心配するのは早計かも知れないですが、
感染リスクによる命の選択も含め、難しい局面と言えます。

しかも昨夜に講演したパウエルおじさん(FRB議長)は、
トランプマンの巨額な財政出動と共に、
過去最大規模の金融緩和策をブチ込んでいるにも関わらず、
このままトランプマンが追加の財政出動に踏み切らなければ、
コロナ禍による経済の低迷は長期化すると半ば諦め気味だったので、
もはやコロナか経済のいずれかを選択するとかではなく、
財政破綻を覚悟の上でどっちも選択せざるを得ないとも言えます。
(結局はコロナの収束を最優先にするしかないと思いますけどね)

毎日の様に書いている通り、足元の実体経済はマクロ・ミクロ共に、
リーマンショック以上の落ち込みどころか大恐慌以来の落ち込みなので、
先に述べた経済活動再開による影響も加味すると、
パウエルおじさんの長期低迷観測は裏付けられていると言えます。

以上の通り、このままだと実体経済のダメージだけでなく、
金融機関にもダメージが及び(企業倒産も増加中)、
一気に金融不安にまで加速してもおかしくないのですが・・・
金融市場は世界的な大規模金融緩和によるジャブジャブ中毒効果もあり
金融不安にまで陥っておらず、株式市場は楽観ぶりが際立っております。

ただし昨夜の米株を始めとする海の向こうの株式市場は、
商いを増加させての下落となっており、今夜以降も継続すると、
本日は薄商いでの下落に過ぎなかった日本株も(新興市場も)、
別世界だと言えず、巻き込まれると言うか、
世界の景気敏感株としての本領も発揮するでしょうから、
2番底に向かうことも真剣に覚悟しておいた方がいいでしょう。
海の向こうでは、低調な決算に対する素直な反応が多くなっており、
ドイヒーな実体経済への警戒心も強くなっている感が窺えますのでね。

ということで、懲りずに言い続けて来た私の2番底目線の幕が開いたのか、
またしても空振りに終わる可能性も否定はできませんけど、
遅かれ早かれ2番底には向かうでしょうし、
少なくとも今は買う水準・タイミングではないですから、
(現状では全くアテにならんPERやPBR目線でも割高です)
明日のスタンスとしては、基本的には何も変わりませんけど、
明日は週末なので、腰を据えての新たな参戦を控えるだけでなく、
短期目線でも商いを伴った株高にでもならない限り、
スイングや週跨ぎは控え、その日限りの勝負に留めておきましょう。
新興市場も同様でおます。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.