fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
緩い週明け
こんばんはです。

またしても世界的なゴリラ金融緩和状態でカネ余りだから、
実体経済と金融市場は別物だと調教されつつあるのか、
供給側の絞りに過ぎずとも、世界的な需要喪失状態であろうとも、
リスク資産の代表である原油が上昇したことで、
リスクオンオフムードが緩んだのか、
パスタの国を始め欧州各国とNYの感染者数が減ったことで、
緊張が緩むと言うか感染拡大がピークアウトしたと解釈し、
世界的なゴリラ級の財政政策が功を奏するとの解釈なのか・・・

以上の通り、色んな意味で緩みが感じられるところに、
我らが安倍ちゃんマン政権は・・・重い腰を上げて・・・失礼、
気を引き締め直すかの如く、満を持して緊急事態宣言へ動くようですが、
本日の日本株は気を引き締める素振りもなく、
周回遅れやないか!後手後手感が満載やないか!とのツッコミもなく、
緊急事態宣言に関する内容や時期の観測気球の乱舞と共に、
日本株も乱舞して終えております・・・

市場では緊急事態宣言を好感との理解不能な説明もありましたが、
よくよく考えてみると、動きの遅かった安倍ちゃんマン政権が、
やっとこさ真剣に動き出したんや・・・という安心感&好感かも(棒)

それは冗談としても、引け後に発表された東京都の感染者数は、
欧州やNYと同様、前日比で減少しているので、
可能性は薄いながらこのまま減少傾向が続くことになってくれれば、
ほんとにうれしい限りですけど、そうなれば緊急事態宣言で出尽くし、
とも言えるので、政府の後手後手感が際立つことにはなってしまいます。

恐らく安倍ちゃんマンとしては、
格付け機関による債券暴落を警戒しての動きならば論外ですが、
もし英仏のように経済活動に規制を掛ける(宣言)と同時に、
大規模な補償を打ち出すことで安心感を与え、
素直に自粛に応じて貰えるとの算段で動いていたのであれば、
後手後手感も払拭&軽減されるかもしれないですが、
渋チンのまま、しかも観測通りに5月中旬以降からの悠長な支給となれば、
国内の飲食・小売、レジャー・サービス業の倒産を始め、
一刻の猶予もない中小企業や個人も倒れる可能性がありますので、
緊急事態宣言と共に大規模&即実行の財政政策発表を願うばかりです。
(どうやらサプライズの可能性は薄いようですけど)
しつこいようですが我が国は、コロナの影響だけでなく、
消費税増税という巨大な重石も抱えているわけですからね・・・

そして海の向こうについては御存知の通り、
未だに経済活動停止状態が続いており、
先週発表された雇用統計を始めマクロ指標ですらも、
甚大なダメージを負っており、今後はさらに悪化しているのも確実です。

以上の通りなので、もし国内外共に、
先週末から週明けが感染拡大のピークアウトだったとしても、
実体経済のダメージがどれほどの規模なのかも見えてないので、
各国の財政&金融政策が十分なのかもわからず、
果たしてこのまま実体経済も金融市場もV字回復出来るのか怪しく、
数年を要するL字回復もしくは3月安値割れ、
という可能性も否定は出来ない状況です。

となると、次月分以降のマクロ指標と共に、
国内外の企業決算が一巡して来期見通しが見えて来る5月中旬辺りまで、
V字なのかL字なのか底割れなのかもわからない状況が続きそうなので、
(業績見通しが非開示ラッシュだと、下手をすれば米大統領選まで)
感染拡大と経済活動再開のメドが立ち、
財政&金融政策が十分だとの認識が拡がらない限り、
底打ち、出尽くし、織り込み済みという解釈はせず、
冒頭で書いた色んな意味での緩んだ機運も冷静に見つめておきましょう。

何度も言う通り、今回のコロナウィルスショックは、
感染拡大→実体経済悪化→金融市場悪化という流れですから、
特に金融市場は別物という考えだけは危険だと思うくらいがいいでしょう。

ということなので、明日のスタンスとしては特に変更はないですけど、
今週末はSQという国内独自の需給イベントもありますので、
短期勝負の方については、世界的な緩やかな債券安(金利上昇)、
ドル安であろうとドル高であろうと円安(新興国通貨安ではなく)、
原油高(資源高も)、金は暴落せず、VIX低下安定という動きならば、
リスクは覚悟の上で持ち越すのもアリですけど、
本日の様な十分過ぎるボラボラ相場であるならば、
わざわざ持ち越す必要もないでしょう。
腰を据えて勝負する方については、
ひとまず3月安値あたりでの総員出撃を視野に入れつつも、
現時点ではリーマンショック級の下げに見舞われている銘柄、
アベノミクス以前の水準まで売られた銘柄、コロナが追い風の銘柄、
これらの打診程度に留めましょう(直近安値を割れば即時撤退姿勢で)。

新興市場については、コロナの影響が軽微な企業が多いこともあり、
もしかして別世界なのか?という期待も無きにしも非ずですが、
シンプルに商いを伴った上昇が継続するまでは(本日は激薄商い)、
同様のスタンスで立ち回りましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.