FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
危うさの確認が続く週末
こんばんはです。

GDPの7割が消費、トランプマンの公約の一丁目一番地が雇用増、
という米国の新規失業保険申請件数が鬼のような数字となっており、
いくらクビを切りやすい&早い国だから一時的な急増だとしても、
あまりにも甚大であり、感染拡大による経済活動停止状態も継続中なので、
一時的だったとしてもリーマンショックを超える実体経済の悪化ですから、
株価がリーマンショックほどの下落率にすらもなってないのに、
さらに政策が十分なのかどうかもわからない状況にも関わらず、
マクロ指標の悪さは承知済みとか、織り込み済みと言って上昇するのは、
さすがに付き合い切れないと言うか、付き合う必要もないです(笑)

ただしFRBはバランスシートが過去最高にまで膨らむ緩和策に動き、
利下げにも踏み切っており、各国中銀も大規模な緩和策に動いているので、
せめてカネ余りでリバウンドしただけと言ったり、
リスク資産の代表である原油が反発したことで、
リスクマネーへの潤滑油になったと言うのであれば、
理解出来なくもないですけど・・・。

なので、リーマンを超える下落率にならんとおかしいとは言いませんが、
同じくらいの下落率(約50%安)になることくらいは、
決して悲観的過ぎる見通しだとも思えないのですが・・・

毎日の様に書いている通り、今回のコロナウィルスショックは、
感染拡大→実体経済の悪化→金融市場の悪化という流れであり、
金融市場からぶっ壊れたリーマンショックとは違うわけですから、
鬼のドーピング(金融緩和)で金融市場だけがラリったところで、
実体経済の傷口はパックリと開いたままであり、
さらに原油が上昇したところで喜ぶのは産油国と資源企業であり、
需要喪失色の強い現在の実体経済にとっては重石にすらなり得るので、
(原油自体も供給側が絞ったところで需要側が鈍いままだとね)
感染拡大のピークアウトにメドが立つか、
実体経済の傷口を塞いで回復させるだけの十分な財政政策と言うか、
十分な政策だとの安心感が拡がらないことには、
株式市場が織り込み済み、底打ちで本格反発になるとは到底思えず、
3月安値割れ、少なくとも3月安値までの2番底は避けられないでしょう。
(現在の債券、為替市場は株式市場とは違って警戒感が強い動きです)

そして今夜は米雇用指標のラスボスである雇用統計が発表され、
目に見えて経済活動停止状態の外食、小売、レジャーが中心であり、
米消費も含むISM非製造業景況指数が発表されるだけでなく、
来週以降も国内外のマクロ指標が発表され、
国内外の企業決算本格化も米国は再来週から、
国内は来週が小売企業と安川電機等、中旬以降から3月期決算が続くので、
コロナによるマクロ面・ミクロ面での実体経済の状況が見えて来ると共に、
それに対する各国の金融&財政政策効果も徐々に見えて来るでしょう。

ちなみに我が国は、ついに安倍ちゃんマンが重い腰を上げて、
条件付きながらも30万円の札束ビンタを決めましたが、
他の国よりも感染拡大が抑えられ、経済活動も行われているにも関わらず、
国内景気は12月時点ですら、消費税増税の影響によって、
世界的にも際立つ鈍化ぶりだった上に今回のコロナ騒動ですから、
もし周回遅れで感染爆発が拡大してロックダウン等の規制に動き、
経済活動停止が拡大することになれば、
政策面での不十分さも際立つというか明確になりますので、
アベノマスクや30万円ばら撒きを評価するのも結構ですけど、
温存している?伝家の宝刀(消費税減税&減税)を抜いて貰わないと、
日本経済はほんまにヤバイんじゃないのかと思うばかりです。
当然ながら日本株は黒田薬局等の公金軍団もろとも沈み兼ねないです。

本日までに発表された国内小売の月次&決算(特にアパレルが酷い)、
帝国データバンクの倒産速報などを見ていると(海外の倒産も)、
(買い物ついでに聞いている近所の店も)
コロナの悪影響が深刻なのはもちろんのこと、
一刻の猶予も無く押し寄せている状況にしか思えないですから、
金融市場が反応しないとかどうとかは気にせず(金融政策も)、
お役所的&法的な手続き云々も置いといて、
政治には迅速な動きを見せて頂きたいものです。

コロナは自然災害の一つだから仕方ないとの意見もありますが、
政治が経済活動に規制を掛けているのは事実ですから、
さすがに自然災害とか国民の判断に委ねるとか自己責任というのはね。

まぁとにかく以上の様な状況なので、
遅かれ早かれ2番底に向かうことは避けられないでしょうから、
それに向けての腰を据えた参戦準備をしつつも(政策効果も期待しつつ)、
現状としてはその日限りの短期勝負でゴリゴリやって儲けることで、
(儲けられないならば、大人しくしておくしかないです)
寄付するなり、消費に励むなり、税金を納めるなりして、
社会に貢献するしかないです。
貯蓄に回すのも否定はしませんけどね(笑)

ほんまにコロナ騒動はどうなるんやと心配になるばかりですが、
心身共に健康でないとコロナに負け兼ねないですから、
週末は自粛しつつも、心と身体はゆっくりと休ませて過ごしましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.