FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
色んな意味での危うい杞憂緩和
こんばんはです。

足元の感染者数増加は気の緩みが原因とも言われてますが、
金融市場においても各国中銀が大規模すぎる資金供給や利下げに動き、
我が国も黒光り銀行がETFの爆買いに動いており(公金の忖度買いも)、
金融緩和が杞憂緩和とばかりに、市場の気の緩みを招いているのでは?
と言いたくもなります。
特に年度末&期末&月末を迎えた我が国は、
本日の後場と引けのアテにならな過ぎる恒例の忖度満載な動きが、
杞憂緩和状態を助長していると言えます・・・。

とにかく現状は感染拡大によって世界的に経済活動が停滞しているので、
投機だろうと短期売買であろうと金融市場が活発に動くこと自体は、
間接的にでも実体経済に恩恵をもたらすことに繋がるとは思いますが、
御存知の通り、今回のコロナウィルスショックは、
感染拡大→実体経済の悪化→金融市場の悪化という流れであり、
上流の感染拡大はピークアウトすら見えず、
すでに甚大な実体経済の悪化は未だ拡大・継続中ですから、
これら上流域の決壊を食い止めないことには、
下流域に位置している金融市場の決壊が(財政面も)、
いつ始まってもおかしくない状況と言えます。

だけに・・・足元の金融緩和による杞憂緩和状態(気の緩み)が、
金融危機や財政危機を甚大なものにしてしまい、
さらに実体経済の傷を深くしないことを祈るばかりです。

ただでさえコロナウィルスショック以前までは、
金融緩和(カネ余り)だから実体経済と市場は別物だと調教された結果、
見ての通り、現在は金融市場が実体経済を後追いしている状況だけでなく、
金融緩和バブルが弾けたと言える状況なので(債券バブル崩壊はまだ)、
こうなってしまうと実体経済の裏付け(好転)が確認されるなり、
実体経済の悪化に対して余りある大規模な政策だと明確になるなり、
元凶(最上流)のコロナウィルス自体の収束が見えてくるなりしないと、
金融市場ば元に戻らないでしょうから、懲りずに市場は別物とか、
悪い経済指標や材料は承知済み(織り込み済み)とか、
バリュー目線での割安云々とか、
投機面での足元の需給環境は良好とか(せいぜい短期的な効果のみ)
という杞憂緩和な解釈(御都合解釈)は控えておくべきでしょう。
特に今回は金融&財政不安から始まった危機ではないですし、
我が国に至っては財政政策の渋チンぶりが際立っており、
昨年末時点ですら実体経済の悪化は際立ってますからね。

そして昨日も書いた通り、今週は各国の政策対応の動きが続く一方、
(米国の追加対策は今日か明日?我が国は今週中?)
実体経済の現実を確認することになるマクロ指標や企業決算が、
米国を中心に連日の様に週を通して発表されるので、
金融市場の杞憂緩和状態に冷や水を浴びせ、
それこそ早くも緊張感満載の2番底に向かってもおかしくないと言えます。

ということで明日のスタンスとしては、
言っても明日は月末であるからこそ、
冒頭で書いた様なアテにならない動きが続く可能性はありますが、
昨日に書いたスタンスと市場の動き目線での判断に変わりはないです。
くれぐれも不要不急な参戦には御注意ください。

当然ながらコロナウィルスに対しても、
人と違う目線で言いたい病な人達、冷静なことを言いたい病な人達、
専門家も含め相変わらず様々な意見や見方が飛び交っておりますが、
現実に起きていること、無症状でも感染させるリスクが変わらない限り、
過度に警戒(自粛)・用心するに越したことはないです。
(だけに政府の渋チンがブレーキを掛けている歯痒さが募るばかり)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.