fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
コロナな三連休
おはようございます。

せっかくの三連休&桜の季節、天候にも恵まれているにも関わらず、
我が県では外出(往来)自粛要請が出ており、
私はマジメに従って・・・そもそも自ら巣籠り気味であり、
せいぜい近所をウホウホと散歩したり、山に登ったり、
朝には中国出身のマスターがいる喫茶「コロナ」、
夜にはお馴染みの食堂にカチ込み、その横の自作のジム?倉庫?にて
ウェイト器具を勝手に使っているくらいです。

そういや食堂へ行くたびに厨房リーダーのバングラくんは、
スパイスと発酵食品を食っていればコロナに負けない、
という根拠に乏しい持論を聞かされ、話半分で聞き流しておりますが、
最近はあながち間違って無いのかなとも思ったりしてます(笑)

それはともかく、海の向こうでは各国政府主導で渡航制限、国境封鎖、
都市封鎖、飲食店の閉鎖、企業活動停止、外出禁止令などなど、
米国を始め世界中に拡がりつつあり、ついには南米・アフリカにも・・・

一方、発生源の中国では、真偽不明ながら感染拡大の収束と共に、
経済活動再開の動きも見られます・・・

現在の日本は中国と米欧の間くらいの規制に留まってますが、
政府からの唐突感もある兵庫と大阪の往来自粛要請を見ていると、
いずれ米欧並みの対応に踏み切ろうとしているのか?
大阪と兵庫で予行演習?反応を窺っているのか?
という穿った見方にもなりますし、ホンマにそうなるのであれば、
新たな備蓄買いパニックが起きかねないですからね。

いかんせん政府がマスクの供給懸念は解消されると言っておきながら、
今になっても店頭ではマスクや消毒剤の売り切れが続いているので、
マスコミが不安を煽っていることよりも、
政府がそれに対する説明もなく、守れない約束をしたまま放置、
ということが人々の不安が払拭されない原因じゃないのかと・・・

肝心のコロナウィルスに対しても、医者とか専門家と言われる人達が、
ただの風邪やインフルに等しいとか、他の病よりも致死率が低いとか、
一方ではシャレにならんウィルスとか、意見が分かれており、
他にも若くて健康でも重篤化するとかしないとか、
(WHOは今になって、若者も重篤化すると言い始めている)
空気感染に等しいエアロゾル感染も有り得るとか有り得ないとか、
感染して回復しても後遺症が残るとか残らないとか、
温かくなれば消えるとか消えないとか、ウィルスは何度で死滅するのか、
いくら医者や専門家にもピンからキリまで居るのは承知しているとは言え、
あまりにも何が真実なのかがわからないままです。

そんなあやふやな状況ばかりの中でも、
「症状が出なくとも感染させる」「高齢者や既往症の方は重篤化する」
という明確な事実だけは変わらず、それが変わらない限り、
大半の人々は「感染したくない」と思うのはもちろんのこと、
「感染したのに症状のないまま家族や友人等に感染させたくない」
という思いは消えないでしょうし、何よりも優先するでしょうから、
いくら他の病と比べられても、経済損失での死者数を考えろと言われても、
自らと家族や友人のリスクを負ってまで行動しないのは止む無しです。

仕方ないと割り切れる人は、活発に出かけて消費に励めばいいですし、
家族のために仕事をやらなければならない人は、
感染リスクを負うしかないでしょうけどね。

そして政府や企業の動き、金融市場の大荒れっぷりを見ても、
ただの風邪とか他の病と同じとは言えない動きなのも事実ですから、
これもまた人々が割り切って動けない要因と言えます。

以上のようなあやふやな状況はともかくとしても、
現時点で明確な事実に対する不安が払拭されるなり、
コロナウィルス自体が収束に向かわない限り、
専門家や医者、政府や企業が大丈夫だと言ったところで、
金融&財政政策の発動と共に経済活動を元に戻すで!と言ったところで、
人々の不安が払拭されることはなく、
人々(需要)側からの人・物・カネの停滞は続くことになります。

だけに今回のコロナウィルスショックは、
金融市場が先どって騒ぎになっているのではなく、
感染拡大から始まったシンプルな流れ(経緯)だからこそ、
コロナウィルスが収束するまでは、
心理面での悪化と経済活動の停滞と共に実体経済へのダメージも続き、
金融&財政政策で歯止めを掛けられるのかも未知数なので、
なんとも厄介で歯痒いリスクではあります。

それにしても最近は最も用心しているはずの各国の政治家・要人までが、
感染しているのを見ると、実はとっくに世界中の人が感染していて、
何かをきっかけに発症しているだけではないのかとすら思えてきます。
(検査が陰性だったり陽性だったり不安定なことも含めると・・・)

まぁわかりませんけど、週末の市場では日経平均先物が堅調な一方、
米株は大幅反落(欧州株先物も反落)しております。
その辺については明日の記事で改めて書きます。

引き続き、良い三連休をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2022 不沈艦日記. all rights reserved.