FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
厄介な二の次状態
こんばんはです。

何やら金融危機じゃないから大丈夫との見方が・・・
さすがにいくらなんでもそれは無茶な見方だと思うばかりです(笑)

かつてのように金融市場が先行して動いているのであれば、
金融市場を鎮めることで、実体経済への波及も止められるでしょうけど、
御存知の通り、今回のコロナウィルスショックの顛末は、
感染拡大→ヒシヒシと実感する実体経済の悪化、
→金融緩和の名の元に目を背けて来た金融市場の悪化→金融&財政政策
という市場と政策の後追い(後手後手)状態が継続中ですからね。

百歩譲って金融危機が起きずに金融市場が落ち着いたとしても、
実体経済の悪化を実感している&市場参加者ではない世間の人からすれば、
何一つ落ち着いたと実感することもないでしょうから、
結局は金融市場で口実に過ぎないと言われているコロナウィルスが、
落ち着くのかどうかが重要であり、コロナウィルスの脅威が続く限り、
人・モノ・カネの停滞が続くと共に、実感する実体経済の悪化は続くので、
金融危機じゃないから大丈夫だなんてことは言えないですし、
先に述べた後追いの構図が明確に逆流でもしない限り、
いわゆる市場が織り込み済み、出尽く、政策期待の先取り、
という御都合解釈も通用しないと見ておくくらいがいいでしょう。

実際に先日のFRBに続き、昨夜は英中銀が緊急利下げ、
中国や新興国各国も利下げ等に踏み切っており、
黒ちゃんもETF買い増額やチョッチュない具志堅緩和姿勢を示し、
各国中銀も追加ドーピング(金融緩和)姿勢を示そうとも、
我が国を含む各国が景気対策を打ち出そうとも、
金融市場すらも好感する動きが見られないわけですからね・・・

しかも本日は「ただの風邪や!」と言っていたトランプマンが神妙な顔で、
米国映画の地球滅亡危機のシーンで見られるようなTV演説を行い、
所得減税を含む景気対策を発表したにも関わらず、
人・モノ・カネの停滞を加速させる欧州に対する渡航制限をしたせいか、
市場はシカトどころか失望と言わんばかりの反応となっているので、
コロナウィルスの収束が見えないままでは、
金融市場に「限っては」政策に対する反応は期待できないと言えます。

ということは・・・

コロナウィルスの収束と実体経済への影響が明確になってから、
政策を打ち出せばいいのでは?と考えがちですが、
これはあくまで金融市場に効果があるだけであり、
実体経済の悪化をヒシヒシと感じ、目の前の所得減少に窮する個人、
資金繰りに追われる企業といった世間にとっては、
一刻も早い財政出動でのサポートが必要なわけですから、
金融市場に効果があるとか反応するとかは二の次で、
政策を打ち出さなければならない現実とジレンマがあることこそが、
今回の騒動の厄介さであると言えます。

従って結果的に金融政策の効果も含め、
金融市場は先手を打てすに二の次状態で待たざるを得ず、
いずれ金融危機に陥る可能性は十分に有り得ますので、
金融危機になってないから大丈夫と楽観するのは危険と言えます。

足元では恒例のドイツ銀行を始めとする欧州金融機関株は、
過去最安値とかリーマン直後水準近くまで売られており、
特に感染拡大が深刻なイタリアの銀行株は際立っており、
欧州金融機関、イタリア、ギリシャのCDSも上昇中なので、
かつてのような財政危機すらもチラついております。

そして今は落ち着いてますけど、昨夜は米株安ながら米債券も売られ、
金は現在も売られているので、今夜以降も昨夜のような動きとなれば、
定番の債券売り・株買いモードに転じたと言えなくなり、
財政出動こそが必要という論調とは裏腹に、
過剰な財政出動が財政危機を招くとの観測まで拡がり、
格付け機関の格下げが火に油を注ぐことにでもなれば、
南欧諸国等のポンコツ財政国家を始め、
それこそ我が国はトリプル安なんてことになってもおかしくないです。

以上の通り、金融危機や財政危機に発展しなかったとしても、
金融市場が後追い&二の次状態にされても仕方ない状況なので
今夜のECB理事会も来週の黒田薬局会合も効果は期待できず、
せめて総本山である来週のFOMCに淡い期待を抱く程度であり、
財政政策(景気対策)は中身と反応(効果)を見ないことには、
判断のしようがないので、結局はコロナウィルスの収束が見えるか、
実体経済が改善とは言わないまでも、底打ちと言えるまでは、
短期的なリバウンドを挟みながらの2番底は避けられないでしょう。
(未だ1番底すらも打ってないとも言えますけどねw)

ということなので、明日のスタンスについては、
新興市場も含めて特に変わらず、昨日も書いた通りでおます。
ただし不穏な債券は疑いの目を強めて見ておきましょう(金も)。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する
名無しさんへ
マーケット番長 | URL | 2020-03-12-Thu 23:41 [編集]
> こんばんは。毎日興味深く拝読しています。

こんばんは。ありがとうございます。

> しかし、今回の下落はいつになくタチが悪いですね。

体感的にはリーマン以上ですね。

> 感染拡大防ぐために実質経済活動止めろと言ってるのに近いですからね。

経済活動とのバランスを取った政策を打ち出したとしても、
投資家ではなく人々の心理が改善しないと変わらないでしょうから、
舵取りも難しく、厄介な状況です。

> そうは思いつつ、「さすがに株価は過剰反応じゃね?」という悪い大人の都合も勘ぐってしまいます。

リバウンドはいつ起きてもおかしくない状況ではありますけど、
ここまで壊れると、どこまでリバするのかわからない状況です。

> 収束したらまた実体経済無視してそれなりに盛り返すのかな等、邪推しています。

金融政策への逆風が止めば、懲りない相場に戻るかもしれないですね。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.