fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
得体の知れぬまま、収束せぬまま
こんばんはです。

前日のバイデンはBUYでんねんはどないんやねん!は置いといて、
昨夜の米株は商い増でのブレーンバスターな大幅反落(VIX上昇)、
コロナショックで最も動いていた債券は、未だに止まらず買われており、
米長期金利は1%をあっさりと割り込み、過去最低を更新中・・・
債券と共に大きく動いていた原油も下げ止まらず、金はビンビン
(昨夜は銅を始め資源がマチマチ)
為替市場もさすがにドルが売られ、リスク回避な円最強高も継続中・・、

以上の様な海の向こうの情緒不安定なリスクオフの動きを受けて、
本日の日本株は大幅なGDスタートとなり、
最近恒例のGUスタートは、外国人から寄り天唐竹割りを喰らう一方、
GDスタートは黒田薬局の大人買いと年金の忖度買いなのか、
寄り底アッパーカットという動きを調教されておりましたが、
暴落前の週替わり定食なコロナウィルスに対する見方と同様、
右往左往(上下)の2往復目で鉄槌を喰らうと言うか、
ダメだこりゃと言う典型的な動きとなり、
本日は日経平均、TOPIX共に商い増での大幅反落、
直近安値も割っているので、2番底に向かうような引け味の悪さでおます。
(空売り比率は過去最高、仮需のガスは抜けてますけどね)

御存知の通り、日本株にとっては円高が重石になりますけど、
コロナショックで最も動きが限定的だったのは為替市場なので、
せめて最も動いていた債券と原油が止まらないことには、
為替(円高)も日本株売りも止まるとは思えないですからね・・・

そんな市場の動きの原因は、結局のところコロナウィルス騒動であり、
もはや連日のように書いているので聞き飽きたでしょうけど、
今回のコロナウィルス騒動の経緯(流れ)としては、
感染拡大→目に見える実体経済の悪化→目を瞑って来た金融市場も悪化
→金融&財政政策へ・・・という市場と政策が後追いする流れが、
中国(香港)→日本→韓国→アジア→伊・イラン→欧州・中東→米国
という順番で伝播し、米国にも及んで来たことで、
ついに人・モノ・カネの停滞が世界を一周しつつある状況です。

従って最上流域のコロナウィルス自体が収束・ピークアウトするなり、
実体経済への悪化に歯止めが掛かるような動きが、先頭集団の中国・日本、
もしくは最後尾ながら世界一の経済大国の米国から見えて来ない限り、
市場と政策の後追い状態が続くという状況です。

しかしながらこういった流れやパニックの原因は、
無症状でも感染させてしまうという不安や恐怖であり、
誰しもが家族や友人、同僚等の身近な人達こそが大事なわけですから、
いくらインフルエンザと同じように受け止めるしかないとか、
経済的な損失とのバランスを取らないとダメと言われても、
身近な人達を優先して行動するのが当たり前でしょうから、
パニックや不安は長引くとしか思えないですからね。

原発事故を含む大震災とか自然災害、テロや事故ならば、
直接的な被害を受けてない人達こそが冷静になり、
過剰な自粛やパニックを止めようとは思うでしょうけど、
コロナウィルスだけは、誰しもが被害を受けるリスクが消えてないので、
心理面でも経済活動面でもなかなか元には戻らずに長引きそうであり、
当然ながら政策対応だけでは、肝心の心理面が改善されそうになく、
果たして実体経済も市場も落ち着くのか?
という疑問も払拭されそうにない厄介な状況と言えます。

となると結局はコロナウィルス自体が収束するか、ピークアウトするか、
治療薬やワクチンが開発されることで、こういったパニックや不安が、
払拭されるしかないと言えますけどね・・・。

ということで、市場が落ち着いたとは言うには程遠いだけでなく、
悪いなりにも陰の極、底打ち、織り込み済、出尽くしとも言えず、
先に述べたコロナウィルス騒動の経緯からも、
政策期待と言うのも早計という状況ですから、
もし・・・今夜の海の向こうが大幅反発となり(一応、雇用統計も)、
週明けの日本株がGUスタートになったとしても、
まだまだアテにならんと見ておけばいいでしょうし、
なんやったら御縁が無かったと割り切って見ておきましょう。

いやはや、色んな意味で得体の知れぬコロナウィルス騒動は、
未だに収束する気配が見えないですが、
改めて来週の見通しは週末の記事で書きます。

巣籠り傾向ではあるでしょうけど、良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2022 不沈艦日記. all rights reserved.