FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
色んな意味での後追い感
こんばんはです。

実感なき景気回復とか景気後退と言われながら、
相場が別世界の様な動きになることはよくあることですし、
実際にかつてのバブルも市場では崩壊が始まっていようとも、
定義上(統計上)のバブルが終わっていようとも、
世の中はジュリ扇を振り回しながらパンチラ踊りに興じていたり、
ITバブル崩壊、リーマンショックの際も市場が悲鳴を上げていようとも、
投資に関わることなく市場も見て無かった人達にとっては、
市場よりも後から実感していたというのが現実だったのですが・・・

今回のコロナウィルス騒動だけは、消費、レジャー、企業活動等、
目に見えるものだけでも悪影響がハッキリしていたことを始め、
規模は未知数ながらも景気全体への影響は明らかだったので、
実感の「ある」景気後退の方が市場よりも先行する稀なケースであり、
それこそが得体の知れなさと違和感を強くしていると言えます。

そしてこういった稀なケースのおかげで、
事前に逃げていた人も多かったからなのか、
足元で市場が大きく崩れようとも、意外に悲壮感もなく、
被害も悲鳴も大きくないという得体の知れない静けさもあります。

ただし金融市場は世界的な金融緩和によって、
過剰にお薬が注入されてラリって(麻痺して)いたので、
単に実体経済の痛みがわからなかった?無視していた?とも言えますが、
それでも市場の動きこそが正しいと受け止めるべきなのか・・・
それともコロナウィルスがパンデミックになろうとも、
それによって景気が悪化しようとも、市場の動きが正しくなくとも、
割り切って市場の動きに合わせて動くしかないのか・・・

いずれなのか判断の難しい所ではありますが、
少なくとも今回は市場が後追いしている感は強く
しかも今回は胡散臭い金融商品とか自業自得な金融危機ではなく、
得体の知れないコロナウィルス肺炎という病が「きっかけ」ですから、
コロナウィルスの感染拡大のピークが過ぎないことには、
実体経済への影響もどこまで拡大するのかわからないままです。

従って感染拡大のピークすらも過ぎない段階で、
各国中銀の懲りないお薬注入や各国政府の対策が打ち出されたところで、
それで足りるのか?効果はあるのか?と判断される可能性すらあるので、
景気回復、実体経済への影響が判明するまで待てとは言いませんが、
今回だけは市場こそが先取りしているとか正解と言う見方は控えめにして、
感染拡大がピークを打つのを待った方がいいと思うばかりです。

昨日は欧州での感染拡大が明らかとなり、
本日は南米での初確認となるブラジルでも感染者が出たので、
言い方は悪いですけど、米国とアフリカでも感染拡大が確認されると、
日本や中国、アジアで起きている実感のある消費低迷と景気鈍化が、
世界を一周することになり、市場でのトドメの一発にも繋がりそうですが、
何やら真偽はともかく震源地の中国の感染者数が鈍化しているそうなので、
感染拡大懸念が世界をもう一周するのではなく、
ピークを打ったとの観測が中国発で世界を一周すればいいのですが・・・

とにかく現時点では感染拡大のピークを打ったとは言えず、
ワクチンや治療薬が行き渡るのもまだまだ先でしょうから、
実体経済への悪影響も拡大中であり、規模も未知数なまま・・・
特に我が国はコロナウィルス感染者数が世界第三位、
足元の景気鈍化も際立っているにも関わらず、
安倍政権の景気判断は未だに「回復基調」だと悠長なことを言っており、
コロナウィルス対策すらも世界と比べて渋チン感が際立っており、、
安倍政権の動きは後追いどころか周回遅れ、コースアウト気味なので、
海の向こうが平和な動きになろうとも安心できない国内状況と捉え、
市場が正解とか政策期待も控え、慎重に構えておくのが無難です。

以上はあくまで得体が知れないからこその私の判断なので、
そんなもん知るか!市場の動きこそが正解や!
と判断するのであれば、現在の市場の動きとしては、
米長期金利が過去最低となるゴリゴリの米英欧債券高(伊はやや上昇)
昨夜の米欧株はゴリラ商いでの大幅続落、
本日の日本株は黒田薬局による下支え期待での不健全な踏ん張りはあれど、
昨日に続く3兆円超えの大商いでの続落、中国株は平和な?お薬な?続落、
原油、銅、資源は売られているので(金は一服程度)、
売られ過ぎなテクニカル面を含め、セリクラと言えなくもないですが、
為替は足元のドル安・リスク回避の円最強高は一時的の範疇であり、
円安基調が崩れたとまでは言えないので、しつこいようですけど、
日本のトリプル安なオイニーは消えてません。
従ってリバ狙いでのド短期サーフィンならば御自由にどうぞですが、
打診を含めた腰を据えての参戦については、
先に述べたコロナウィルス動向は置いといたとしても、
債券安・円安・商いを伴う株高に転じるまでは慎重に構えておきましょう。

新興市場についても同様であり、昨日も書いた通りです。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.