fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
今週も答え合わせ相場
おはようございます。

週末の市場から振り返ると、やや気掛かりな動きとしては、
日英欧債券高(金利低下)、ドル高ながら円高、金反発、
米英欧株は堅調ながらSQの割に薄商い、日経平均先物は小幅安
といったところですが、大きな動きとなっているわけでもなく、
米国が三連休前の週末&SQという特殊な状況ではあったので、
債券安(金利上昇)、ドル高(円安)、株高(VIX低下)、
原油&資源高、HY債堅調というリスクオン基調自体は、
崩れずに継続していると言えます(金の水準がやや高いですけど)。

足元の需給環境も原油、金、ポンド、VIXショートに過熱感はあれど、
債券、ポンド以外の為替、株には過熱感が見られず、
他にも国内外の自社株買い、国内は日銀等の無駄使い(忖度買い)もあり、
投機面も含め、リスクオンを後押しする需給環境と言えます。

以上の通り、市場の動きと需給面ではリスクオン基調継続ながら、
商いは国内外共にイマイチなままで株価が高値圏に留まっているので、
フルゴリラリスクオンとは決して言えないのですが、
良く言えばバイクラのような過熱感が無いとも言える一方、
悪く言えば腰が据わってない脆さがあり、リスクには弱いと言えますし、
やや過熱気味でもあるテクニカル面での調整は有り得る状況です。

そして繰り返し書いている通り、商いがイマイチな要因としては、
本格化している企業決算と日々のマクロ指標の結果を確認することで、
米中協議の第1段階合意、世界的に継続中の金融緩和、景気対策への期待、
(トランプマンの減税チラ見せ、国内では国会開幕による政策期待)
これらだけで足元の景気は大丈夫なのか?先行きは回復するのか?
米中協議の第2段階以降の合意は早めなくて大丈夫なのか?
という答え合わせが続いていることが、イマイチ商いの要因と言えます。

ちなみに現時点での答え合わせ状況としては、
足元のマクロ環境は米国だけが堅調、
日中米英欧・新興国は低調なのですが(やや回復傾向も見られる)、
米中協議の第一段階合意による更なる進展期待、
世界的な金融緩和と各国の財政政策への期待によって、
景気は底打ち&先行きの回復期待という解釈になっております。
ミクロ面(企業決算)についても、米企業決算だけが堅調なので、
マクロ環境と同様の構図と解釈になっております。

従って今週としては、注目企業の発表が多い米企業決算、
国内は日本電産(国内企業決算の本格化は来週以降)、日々のマクロ指標、
これらの答え合わせが堅調な結果になると共に、
米中協議第2弾以降が大きく進展することにでもなれば(観測も)、
商いを伴うフルゴリラリスクオンになるでしょうけど、
答え合わせが堅調という結果だけでは、
良くても先週までの動きだけのリスクオン基調が継続するか、
答え合わせが一巡もしくは2月の一般教書演説までは、
高値圏でのBOX相場が継続しそうです(特に日本は)。

そして商いの伴うフルゴリラリスクオンではなく、
商いの伴わないリスクオンorBOX相場ならば、
先にも述べた通り、リスクや市場への負荷には脆い相場なので、
今週は市場への負荷としては、答え合わせが堅調ならば、
さほど気にする必要もないのですが、
昨年末と11月のように米長期金利が約1.92%に達すると、
株価の上値が抑えられる可能性はあります。
(同時にドル高も進んで原油が崩れるようだと尚更です)
リスクイベントとしてはトランプマンの弾劾裁判、
ダボス会議でのトランプマンの言動といったところです。

特に弾劾裁判については、最終的には否決されようとも、
支持率が下がるようだと、2月には一般教書演説も控えているだけに、
トランプマンが弾劾劇場から目を逸らすために、
ダボス会議等で暴れたり、情緒不安定なツイートを繰り返したり、
米中協議で効果的に支持率が上昇した米農家へ媚びを売るために、
再び米中貿易戦争を蒸し返したり、
まさか強い大統領アピールでのドンパチ再び・・・
という可能性も否定できないですからね。

まぁでもこういったトランプマンリスクは、今に始まったわけではなく、
ずーーーと続いており、予想も出来ないに等しいわけですから、
負うべきリスクとして割り切るしかないのも事実ですけどね。

ということで今週としては、以上の様なイベントやトランプマンの情緒、
金利動向がリスク要因と言えるので、注視が必要ではあるのですが、
企業決算とマクロ指標の答え合わせが堅調ならば、
これらのリスクは軽減・影響は軽微と御都合解釈されるでしょうから、
引き続きメインテーマは企業決算とマクロ指標の答え合わせであり、
答えが堅調ならばリスクオン基調継続もしくは高値圏でのBOX、
低調ならば短期的なリスクオフになる可能性はあります、
短期的と言うのは、テクニカル面での過熱感があるだけで、
需給的に暴落する余地が小さく、政治的にも弾劾裁判が続く中で、
2月の一般教書演説を控えているだけに、
トランプマンが口撃等で市場を支えるという大人の事情もあるのでね。

市場の動きで判断するならば、リスクオン基調が継続している限り、
もしくは牽引する米国市場が崩れない限り、過度な警戒は不要でしょう。
ただし繰り返しになりますけど、米金利は横睨みしておきましょう。

新興市場については、資金が循環するテーマ株等の賑わいが続いていたり、
週末もマザは小幅安ながら、日中の上昇局面では商いが膨らんでいたので、
ポジティブな変化も窺えるのですが、とにかく全体感としては、
シンプルに商い増での上昇が継続するまでは慎重姿勢を崩さず、
テーマ株等の資金の集まる銘柄での波乗りに留めておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.