FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
出尽くしの動きも見られず、明日は週末
こんばんはです。

ついに日本にも中国の新型肺炎患者が見つかっており、
現時点では過度に騒ぐ必要もないのでしょうけど、
ふと縁起でもないことを思ったのですが、
中国副首相率いる中国企業幹部を含む訪米団が、
トランプマンに肺炎攻撃なんてことを・・・それはないか(笑)

とにかく中国は来週末から春節入りとなり、
訪日客の増加だけでなく、世界中に旅行へ出かけるでしょうから、
くれぐれも世界中にウイルスを撒き散らさないことを願うばかりですが、
まさか中国人が自ら旅行を自制するなんてことになれば、
訪日客減少にも繋がるので、いずれにせよ困ったもんではあります。

さて新型肺炎騒動は置いといて、
米中通商協議の第1弾合意署名式を経た株式市場ですが、
昨夜の米国株は商いがイマイチ&半導体SOXが下落したものの、
その他の主要米株指数は上昇、欧州株は商いやや増でのマチマチ、
我が国は薄商いでのマチマチとなったので、
SOXと続落した中国株以外は出尽くしの動きが見られまへん。

株式市場以外についても、原油と資源にも大きな動きは無かったので、
債券とドルの動きがやや出尽くし感のある動きとも言えますが、
署名式をきっかけに動いた訳でもなく、リスク回避の円高でもないので、
昨日も書いた通り、FRBの量は減らせどお薬注入は延長の決定によって、
米債券買い、ドル安の動きが続いていると見た方が妥当でしょう。

以上の通り、市場全体の動きとしては、
リスクオフの動きではないのはもちろんのこと、
出尽くしの動きもほとんど見られませんが、
商いもイマイチな状況が続いているということは、
米中の第2弾合意への期待が剥落したわけでもなく、
かと言って高まっているわけでもないので、
発表が本格化している米企業決算、これから本格化する日欧企業決算、
今後発表される国内外のマクロ指標によって、
第2弾以降の合意には至ってなくとも第1弾の合意だけで大丈夫やで!
足元で鈍化している景気は底打ちや!先行きは回復や!
と言える結果となるか・・・
そもそも米中貿易戦争の影響は軽微やで!という結果となるか・・・
そうではなく早急に第2弾以降の合意が必要や!という結果となるか・・

以上の様な答え合わせ相場(株式市場は業績相場)が続きそうなので、
ドイヒーな企業決算やマクロ指標が発表されたり、
第2弾以降の合意期待が剥落しない限り、
国内外の主要企業決算が一巡するまでは、
商いはイマイチなままの高値圏でのBOX相場が続きそうです。

ただしトランプマンが2月の一般教書演説を意識して、
キナ臭い軍事的なドンパチをされるのはカンベンですが、
米中協議や財政政策に対するポジティブな口撃をするようであれば、
(FRBへのパワハラもありそうですけど)
足元の需給環境も原油と金以外は過熱感もないので、
株式市場はBOX相場ではなく、高値更新の展開も有り得ます。
何やらトランプマンが減税策を発表するなんて観測も(笑)

ということで、今夜の米小売売上高を含む今後のマクロ指標、
主役でもある今夜以降の米企業決算と来週半ば以降の国内企業決算、
これらの答え合わせ、米中動向、地政学リスク動向は重要なのですが、
週末でもある明日のスタンスについては、
シンプルに商いを伴った株安、原油安、資源安(金上昇)、
債券高(金利低下)円高とならない限り、
BOX相場継続、トランプマンのサジ加減次第で高値更新、
という目線は維持しておけばいいでしょう。
ただし週跨ぎ程度のド短期勝負の方については、
明日の米国は三連休前の週末&SQということは頭に入れておきましょう。

新興市場については特に見方は変わらず、
全体感としては下落局面で商いがやや増、上昇局面で商いがやや減
というプチ下げゴリモードが本日も継続中なので、
シンプルに商い増での上昇が継続するまでは慎重に構え、
テーマ株等の資金の集まる銘柄での波乗りに留めておきましょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.