FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
長めの正月休み明け&浦島太郎状態
こんばんはです&あけましておめでとうございます。

年末年始は海の向こうへ約2週間行ってた上に、
相場もほとんど見て無かったので、すっかり浦島太郎状態ですが、
それにしても株式市場は、年末年始のほんの一服だけに留まり、
日経平均は24000円奪還、米株も史上最高値圏って・・・

まぁ相場操縦士トランプマンが2月に一般教書演説を行うので、
強い大統領アピールのために、軍事的にイランことをするとか、
カリアゲ頭に鉄槌を喰らわすとかの可能性に加え、
株価も2月に高値圏を付けてドヤ顔するためにも、
中旬頃までは一服かなと思い、悠長に屁こいて休んでいたら、
思いのほか早くに戻しております・・・(笑)

となるとこのまま2月の一般教書演説までは、
株価が突っ走る展開となるのか?という疑問も湧いて来るのですが、
日本株の商いは地味に増加傾向な一方(中国株は活況)、
米株は商いが減少傾向なので(欧州も)、
日米欧株共に高値圏でありながらも商いという面では過熱感はなく、
投機的な需給面でも株、為替、債券共に過熱感はなく(油と金は過熱)、
テクニカル的にやや過熱感があるだけなので、
ファンダメンタルズと地政学のリスクさえ噴き出さなければ、
テクニカル的なほんの一服を挟みつつも、
意外と2月までは突っ走ってもおかしくないと言えますが・・・

御存知の通り、ファンダメンタルズ面での最大リスクである米中協議は、
15日に控える第一弾の合意署名がまさかのちゃぶ台返しとなったり、
第二弾以降の協議継続期待が剥落しない限り、
大きなリスクにはならないでしょうけど、
株価が高値圏という状況の中で、今夜から米企業決算シーズンが始まり、
来週後半からは我が国の企業決算シーズンも始まるので、
よほどの好決算&堅調な見通しを出さない限り、
織り込み済みとなってもおかしくないです。

従って2月まで株式市場が突っ走るという展開というよりも、
商いもボチボチな高値圏でのBOX相場が続きそうす。

お察しの通り、未だ浦島太郎状態が続いており、
目先のイベントリスク等も把握出来てない状況なので、
アテにならない楽観的な相場感ではありますけど、
明日のスタンスについては、シンプルに債券高(金利低下)、円高、
油安、金上昇と共に商いの伴った株安というリスクオフとならない限り、
高値圏でのBOX相場が続くと見ておきましょう。
但し米金利が年末と昨年11月の水準(1.9%)を超えるようだと、
リスクオフへ転じる引き金となる可能性はありますので、
米金利動向も横睨みしておきましょう。

新興市場については、JQの高値更新が続いている一方、
足元のマザーズは下落局面でやや商いが増加傾向であり、
本日も薄商いながらやや増加しての下落で終えているので、
資金の集中しているテーマ株や短期勝負はともかくとして、
全体感としては、シンプルに商い増での上昇に転じるまでは、
警戒モードをやや強めて見ておいた方がいいでしょう。
(深刻な下げゴリモードではないですけどね)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.