fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
基調もロジックも継続したままの週末
こんばんはです。

今週は新興市場のIPOバブルを始め、政策関連の個別も活況となり、
景気目線での安心感にも繋がる半導体関連の堅調ぶりもあったので、
本日を含む週半ばからの商いを伴わない指数の一服があろうとも、
温度差を感じるというか、体感としては活況な相場だったと言えますし、
指数を含む市場全体としても、リスクオン基調が崩れたわけではないです。
新興市場についても、本日はIPOへの集中砲火だけでなく、
多少は商いの拡がり・循環も見られる大商いでの上昇ではありました。

昨夜の海の向こうについても、発表された米経済指標は、
新規失業保険以外が低調だったもののシカトされ、
海の向こうの市場全体としてもリスクオン基調が継続しているので、
米中貿易戦争の進展・収束期待、世界的な金融緩和継続、
各国の財政出動(景気対策)効果&期待によって、
景気の先行き回復期待へと繋がり、足元の低調な経済指標は底打ち、
というお馴染みのポジティブロジックも崩れてないと言えます。

ただし昨夜の米英株の商いは多いながらも減少、
欧州株は薄商い、我が国も薄商いが続いており(中国だけ大商い)、
海の向こうがリスクオンながらも円が買われていたりと、
クリスマス・年末のポジション調整の動きが色濃くなっているので、
来週からリスクオン基調が崩れて、フルゴリラリスクオフ・・・
にはならんでしょうし、個別の賑わいも継続するでしょうけど、
市場全体としてはリスクオンともオフとも判断するのが難しい、
チグハグな動きが続きそうではありますけどね。

ということで、現時点では市場のリスクオン基調、
それの裏付けとなる景気の先行き回復ロジックは崩れてないので、
今夜の米GDP確報値等の米経済指標、米欧の需給イベントであるMSQ、
無いとは思いますけどトランプマンか習近平のちゃぶ台返し、
ついでに週末に国連から指定された北朝鮮労働者の送還期限を受けて、
カリアゲマンがクリスマスミサイルを撃つ可能性、
といったイベント等が動くきっかけとなるのかどうか・・・

まずは今夜の海の向こうを見極めた上で、
改めて来週の見通しを週末の記事で書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.