fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
緊張感の無い一服、そして週末へ
こんばんはです。

日替わりのハンバーガーと中華饅の投げ合いに飽きたのか、
単に悪乗りの連想ゲームをする人達が感謝祭で休んでいるだけなのか、
本日は米中間を巡るネガティブ報道にも反応薄でおました。

それにしてもトランプマンは香港人権法案の期限(3日)まで、
中国側に配慮するふり?誠意を見せるふり?をすることもなく、
アッサリと署名したのは意外でしたが、
当然ながらそれに対してメンツと権威が大好物な独裁国家の中国としては、
黙っているわけにもいかず、「内政干渉アルヨ」「報復するアルヨ」
と言わざるを得ないという状況です。

米中通商協議は最終的にガキ大将(トランプ)とガキデカ(習近平)が、
タイマン(トップ会談)をすることでの決着になるでしょうから、
ガキデカとしては香港デモが鎮静化してない上に、
来年1月11日には台湾総統選を控えていることからも、
果たして米国の香港人権法案が成立したままで
ガキ大将とのタイマンに応じるとは思えないだけに、
結果的に12月15日の対中追加関税発動期限が延長にはなっても、
米中通商協議(フェーズ1)が合意するとも思えないですからね。

いやはや・・・ハンバーガーと中華饅の投げ合いは、
年を跨いでも続きそうですが、そもそも足元の景気鈍化の要因は、
すでに発動済みの関税による影響が大きいだけに、
中身が不明のフェーズ1での合意の前に、
発動済みの関税が撤廃なり緩和されないことには、
いずれハードデータ系のマクロ指標や企業業績によって、
足元の景気鈍化は底打ちではないことが露呈することになるようだと、
米中協議進展期待→各国の金融緩和と景気対策期待と相まった、
景気の先行き回復期待というロジックも崩れるので、
このままだと9月からの市場でのリスクオン基調の賞味期限も、
短く前倒しになってしまい兼ねないだけに、
ガキ大将とガキデカには、香港人権法案は別物として、
通商協議だけでも歩み寄る大人の対応を見せて頂きたいものです。

とりあえず現在の市場の動き(反応)としては、
昨夜の薄商いながらも米英欧株は上昇(VIXは小幅上昇)、
債券も気色の悪い米債券高(米金利低下)ではなく、
わずかながらも米債券安となっており(英欧債券はマチマチ)、
為替も今後の相場の鍵を握りそうなドル高基調は継続
(ポンド>ドル>ユーロ>円、人民元安)、
同じく鍵を握りそうな原油は小幅反落程度、銅は反落、金も反落となり
前日よりも気色悪さは和らいだと言える動きでしたが・・・

御存知の通り、米国市場の引け後にトランプマンのサイン攻撃があり、
米株先物は売られ、円高も進んだことで、朝方の日本株は売られ、
その後も中国株と米株先物の軟調ぶりが続きましたが、
日経平均、TOPIXは小幅安程度で終えており(債券安も)、
感謝祭モードによる薄商いは仕方ないとしても、
昨日までの上昇局面よりも商いを減少させての小幅反落なので、
本気で警戒している感は無く、単なる一服と言えます。
(新興市場や中小型の個別物色は旺盛)

以上の通り、米中協議の行く末がやや気掛かりであったり、
市場の動きとしても、気持ち悪い債券高が止まったとまでは言えず、
不気味なVIXの巻き戻し懸念も残っており、昨日も書いた通り、
リスクオフの鍵を握りそうなドルと油の動きも気になりますが、
今のところ国内外共に本気のリスクオフの動きは見られず、
単なる一服・押し目の範疇の動きに過ぎないので、
9月からのリスクオン基調も崩れすに継続していると言えます。

そして米国市場が今夜は感謝祭で休場、明晩も半ドンという状況なので、
米中の日替わり定食の小競り合いによる短期的な騒ぎはあるとしても、
ブラックフライデーの出足が低調過ぎる事態にでもならない限り、
基調は崩れずに週明けを迎えそうではあります。
(明日の10月分の国内経済指標は地味に注目ですけどね)

ということで明日のスタンスとしては、特に変わりはないのですが、
シンプルに商いを伴ったリスクオフへと転じない限りは、
9月からの基調は崩れてないと判断しておけばいいでしょう。

新興市場については、商い増での上昇が継続中なので、
主力大型株よりも前のめりな姿勢でいいのですが、
これまたシンプルに商いを伴った下落が継続するようであれば、
潔く迅速に撤退するという心構えだけは忘れずに立ち回りましょう。
一応、昨夜からの国内外の金利上昇が加速すると、
世界的なグロース株売りとなる可能性もありますので。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2022 不沈艦日記. all rights reserved.