FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
臭い物に蓋をする割り切り相場
こんばんはです。

市場を薬漬けにしているクロちゃん率いる黒田大サーカスに対しても、
沢尻エリカのように逮捕してでも止めさせた方がええんやないかと・・・
思うばかりですが、最近は少しばかりお薬も減らしているようで、
ETFも23000円以上では買ってないようですが、
見方を変えると23000円以下では買うと言わんばかりなので、
日本株の国内要因は不健全なお薬(金融政策)頼み状態が継続中です。
(海の向こう頼みでもありますけどね)

せめてラリって・・・失礼、お薬が効いている間に、
ドクター安倍が財政出動という栄養補給や治療をするなり、
メスを入れるなり(規制改革)してくれると、薬の効果が切れたあとでも、
副作用に耐えられるだけの健康状態に戻っている可能性もありますが、
先週に景気対策を指示したと報道されたものの、
国会では桜祭りとなり、日米貿易協定承認案の可決がやっとの状況です。

そして足元の国内のマクロ指標は鈍化したまま、企業決算は減益のまま、
という不健康な状態が続いており、日中英欧・新興国も同様、
米国すらもマクロ指標はまだら模様、企業決算は減益、
香港情勢やウクライナ疑惑等のリスクも燻ったまま、
にも関わらず・・・
足元の世界的な景気鈍化要因である米中貿易戦争の進展期待が高まり、
さらに各国の景気対策期待、世界的なお薬(金融緩和)によって
足元の景気鈍化は底打ち、景気の先行き回復期待という御都合解釈となり、
過熱感の無い投機的な需給環境、国内外の自社株買い、
国内は配当再投資といった需給面での嵩増しとも相まって、
英中以外の株価は高値圏に留まっているという状況です。

ここまでのロジックは連日のように書いており、
私自身も含めすっかり聞き飽きてしまっているでしょうけど、
肝心の米中協議がどうなるのかは誰にもわからず、推測するのみなので
市場の動きで判断するしかないという状況なのですが・・・

素朴な疑問として、株価が直近の底値(安値)圏であるならば、
景気の底打ち、先行き回復期待と言われるのは、
よくありがちなことではあり、すんなりと受け容れることもできますが、
いかんせん現在の株価は高値圏ですから、すんなりと受け容れられず、
ケチを付けたくもなりますし、少なくとも現在の米中貿易戦争、
景気の底打ち・先行きの回復という御都合解釈な見方については、
事実で売られることも覚悟しておくくらいがいいでしょう。

ということで、現在は臭い物に蓋をするだけでなく、
臭い物をポジティブに解釈しながら、いかに割り切れるか・・・
という難しい相場ではありますが、
昨日の記事でも書いた通りなので詳細は割愛しますけど、
米中協議のヤマ場を始め大きなイベントの重なる12月中旬頃までは、
臭いものに蓋をする割り切り相場が続いたとしても、
それ以降が危うくなる可能性は高くなると見ておきましょう。

そして本日の市場の動きを見ると、債券に動きは無かったものの、
週明けとは言え薄商いでの株高が続いており(円安も)、
引け後は僅かながら債券安も加わっての株高・円安となっておりますので、
臭い物に蓋をした割り切り相場が継続中でおます。

今夜は海の向こうでも大きなイベントはないので、
(ファーウェイに対する規制の執行猶予期限ではあるけど)
トランプマンの口車や香港情勢に大きな動きが無ければ、
明日も継続しそうですが、一応、明日から明後日の寄り前まで、
という超目先のイベントとしては、我が国の貿易統計 訪日外客数、
中国人民銀が最優遇貸出金利引下げ(既報済)
FOMC議事要旨 ウクライナ疑惑公聴会 民主党大統領候補討論会
といったところですが・・・
現在は臭い物に蓋をする割り切相場ですから、
明日のスタンスとしては昨日に書いた通りながら改めて書きますと、
急騰ではなく緩やかな金利上昇(債券安)、
ドル高であろうとドル安であろうと円安、緩やかな原油・資源高(金売り)
商いを伴う株高というリスクオンの動きとなっているならば、
時間軸では12月中旬、米長期金利は2%超えを意識する程度で、
あれこれ小難しく考えずに素直に乗ればいいでしょうし、
週末から現在の債券がイマイチなチグハグな動き、
もしくは金利低下(債券買い)、ドル安であろうとドル高であろうと円高、
株安、原油・資源安というリスクオフの動きであっても、
薄商いであるならば、VIXに注意しつつも単なる一服に過ぎず、
臭いものに蓋をする割り切り相場は継続中と見て、
過度に警戒する必要もないでしょう。

当然ながら商いを伴ったリスクオフとなれば(VIXの巻き戻しも)、
臭い物の蓋が開いたと見て、潔く迅速に撤退するなり、
商いを伴うリスクオンに転じるまでは慎重に構えておきましょう。

新興市場については国内外の情勢が云々と言うよりも、
シンプルに商いを伴った上昇が継続するまでは慎重に動きましょう。
(本日は大幅高ながら相変わらずの薄商いでした)

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2020 不沈艦日記. all rights reserved.