FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
政治色の強い今週、基調は継続するか・・・
こんにちはです。

先週末は中国代表団の農家ツアー中止云々とも言われてますが、
市場の動きを見ると、米欧株共に引けでゴリラ商いとなり、
米株は引けに掛けてやや崩れているので(日英欧先物も、VIXは上昇)、
米欧MSQ(引値清算)特有の動き感が強いです。

債券、為替、原油等の商品を見ても、引けに掛けての米株の崩れと共に、
米英欧債券大幅高、ドル高・欧州・新興国通貨安・人民元安ながら円高、
原油は小幅反落、銅続落、金反発という動きもやや加速し、
動きとしてはベタなリスクオフの動きです(HY債は堅調ですけどね)。

以上の通り、先週半ばから市場全体として足踏みしていたところに、
先週末に農家ツアー中心云々での貿易戦争再燃という口実と共に、
商いの伴うリスクオフの動きで終えてますが、
実際は米欧MSQという大人(需給)の都合感が強い動きであり、
現時点では基調が崩れたとは言えず、一服の範疇と言えます。

その基調と言うのは、債券安(金利上昇※急騰はマズイけど)、
ドル安・欧州通貨高・人民元高・新興国通貨高ながら円は最弱安、
原油高(急騰はマズイ)、銅上昇(パラジウムは急上昇中ですが)
金下落(プラチナ、ニッケルも)、HY債も堅調、
商いを伴いつつある株高(VIX低下)というリスクオフの巻き戻し、
つまりリスクオンの動きということです。
(やや原油を含む資源の動きに怪しさはありますけどね)

それにしても先週末の動きだけでなく、8月からの基調としても、
18日までに一巡した日米英欧の金融政策イベントへの期待どころか、
ほぼ無視したような動きというのはどうしたもんかと(笑)

足元で金利が上昇基調とは言え、まだまだ低金利状態であり、
株高基調も続いているので、実体経済(マクロ指標)への効果はともかく、
長い目で金融市場を見ると、金融政策を無視しているのではなく、
効果(期待)が現れていると言う見方もありますが、
足元の債券(金利)は10月10日まで続くNY連銀のレポオペだけが
反応しているという状況を見ると、
市場全体としてさらなるリスクオン(巻き戻し)の加速には、
やはり貿易戦争の進展・収束と財政出動(景気対策)こそが必要やで、
と訴えているとしか思えないですけどね。

そして週末にも少しだけ触れましたが、連日のNY連銀の動きもあって、
最近やたらと「翌日物」「オーバーナイト」という単語が飛び交っており、
銀行間金利も含め欧州や中国でも単語が飛び交い始めると、
いつか見た光景のようなキナ臭さを感じると言えなくもないので、
金利上昇(債券安)の際には、単語が頻出するのか横睨みは必要です。

ということで、個人的な金融政策の効果(期待)への疑問とか、
いつか見た光景のキナ臭い単語が飛び交っていること、
それも含む金融市場、そもそも鈍化が顕在化している実体経済、
どの水準までの金利上昇に耐えられるのか?という疑問は置いといて、
週末の貿易戦争再燃が口実ではなく本格化するのか、
市場の動きとしても、週明けから商いを伴う株安の動きへ転じると共に、
全体としての週末のリスクオフの動きが加速するのか・・・

そうではなく、貿易戦争進展&収束期待、景気対策(財政出動)期待、
金融政策期待という期待三羽烏の継続によって、
足元で鈍化が顕在化している実体経済(米国はまだら模様)の底打ち、
織り込み済み、先行き回復期待という御都合解釈と共に、
市場の動きとしても、先週末までは単なる一服に過ぎず、
先に述べた巻き戻し&リスクオン基調が継続するのか・・・

今のところは後者の基調が継続しており、
足元の投機面も含めた需給環境も基調を後押していると見ておりますが、
今週としては先週までに大きな金融政策イベントも通過したので、
(個人的には金融政策の効果(市場の動き)の見極めも注目です)
基調継続には貿易戦争と財政政策(景気対策)の後押しが重要であり、
10月上旬予定の米中閣僚級協議に向けて、
貿易戦争の進展期待が高まるのか・・・
それともトランプマンの言動を含めた米中双方の過度な駆け引きによって、
週末に再燃した懸念が拡大するのか・・・

そして今週はマクロ指標はFRBやECBの面々の講演も続きますが、
国連総会や各国の政治イベントが目白押しで政治色が強い週なので、
景気対策だけでなく地政学リスクにも動きがありそうです。

ただし地政学リスクについては、どう転ぶのかもわからないですし、
極端な話、地合い次第でどうにでも解釈されるのも現実なので、
中東のキナ臭さ、香港デモ、欧州の政治、
といった地政学リスクは負うべきリスクとして向き合うしかないです。

足元の景気鈍化の要因である貿易戦争は、日米間で合意署名予定ですが、
主役の米中間は、いつもながらどう転ぶのかわからないので、
マクロ指標等で影響を確認するか(足元では影響が明らかですけどw)、
市場の動きで判断するしかないです。

景気対策だけは、今のところ少しずつながらも進展していると、
前向きに解釈しておけばいいでしょう。
(日本の消費税増税は負の面しかないですけどw)

以上の通り、市場を取り巻く小難しい環境、
現在の市場の動きを踏まえつつも、
今週のスタンスをシンプルに市場の動きで判断するのであれば、
先に述べた週末の債券高(金利低下)を含むリスクオフの動きが続き、
商いの伴う株安継続へと転じることになれば、
流れが止まるか、大商いでのセリクラにでもなるか、
貿易戦争と景気対策が具体的に動くまでは、
デイトレ等のド短期勝負か売り込まれている銘柄を拾うに留め、
腰を据えての新たな参戦は控えておくしかないですが、
商いを伴わない株安ならば(金利低下も落ち着き・安定)、
単なる一服(押し目)に過ぎないと見ておきましょう。

そして先に述べた巻き戻し&リスクオン基調が続き、
商いの伴う株高が継続しているならば(金利急騰は要注意ですけど)、
小難しい市場を取り巻く環境やリスクは覚悟の上で、
商いの伴うリスクオフに転じる(継続する)までは、
割り切って波に乗ればいいでしょう。
現時点ではさすがに年末高とは言えませんが(貿易戦争と財政出動次第)、
目先としては配当取り&配当再投資&対中関税発動の月末から10月入り、
国内外の企業決算シーズンの10月中旬以降、
ブレグジット期限の10月末辺りは目先の節目(注意)と言えます。

新興市場については、長きに渡る低調な商いと共に軟調な展開の長期化、
悲観色と無関心状態が慢性化していたからこそ、
先週から薄商いであろうと、そろそろ打診程度に拾ってもいい状況が続き
先週末にはIPOやサンバイオの活況はあれど、
商いを伴う上昇となっているので、三連休明けも継続するならば、
国内外共にリスクオフへと転じるとか、金利急騰でグロース株が悲鳴とか、
もしくはシンプルに商いの伴う株安へ転じて継続するまでは、
素直に波に乗ればいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。



スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.