fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
追い風参考な週末&月末
こんばんはです。

フンワリとした米中貿易戦争の進展期待が続き、
昨夜からの債券売り・株買いの巻き戻し基調も続き(円安も維持)、
本日の日本株も堅調に高値引けで終えており、
日経平均は8月バンジージャンプ以降のレンジ上限近辺、
TOPIXは上限をやや上回っております。

売買代金も13日以来の2兆円超えとなり(2.02兆円)、
商いを伴った株高&金利上昇とも言えますが、
本日は最後っ屁で約4600億円、最後っ屁前にも商いが膨らんだので、
月末のお化粧なのか追い風参考記録ではあります。

昨夜の米国と欧州の株式市場は薄商いの株高・債券安であり、
月末である今夜に商いが膨らんだとしても、
追い風参考記録の域は出ないので、我が国も含め週明け以降、
継続は力なりと言える商いを伴った株高・債券安が継続しないことには、
(出来れば緩やかな債券安(金利上昇)が理想)
まだまだ安心は出来ないのですが、週明けは親分米国が休場であり、
実質的には火曜日の米国市場以降も継続するのかどうかが重要です。

しかも現在のフンワリとした米中貿易戦争の進展期待もさることながら、
1日には対中関税第4弾の発動が控えており、
発動されれば中国側の反撃(報復措置)もあるでしょうし、
現在の市場は御存知の通り、貿易戦争等に絡む要人発言に対し、
市場では敏感過ぎる動きが続いており、
織り込み済みと言える水準とか環境でもないので、
週明けの市場がどっちに転んでもおかしくない状況ですから、
焦りは禁物、週明けの動きを見てからでも遅くはないです。
言っても来週は噂される米中協議を含む貿易戦争動向だけでなく、
月初恒例の米経済指標テンコ盛りウィークも控えており、
17-18日にはFOMCも控えているのでね・・・

ただし・・・今夜から週末というか、1日の対中関税発動までに、
急転直下で貿易戦争が収束するのは無理だとしても、
関税発動が見送られる結果となれば、
一時的には景気の先行き懸念が和らぐことになり、
来週の米経済指標よりも17-18日のFOMCまでは、
足元のガスの抜けた投機的な需給環境も追い風に、
債券売り・株買いの巻き戻しが続く可能性はありますので、
アホになって波に乗るのはアリとも言えます。

何やら中国側は11-12日に一帯一路サミットを控え、
しかも開催地である香港では依然としてデモが激化・継続しており、
米国側はかつてのハリケーンカトリーナを上回る勢力で、
ハリケーン・ドリアンが火曜日にも上陸するとのことなので、
米中双方共に貿易戦争を休戦させる可能性は無きにしも非ずですが、
もし中国で第二の天安門事件に発展するようなことになれば、
(昨日から反政府側のリーダー格の逮捕者も出ているようです)
新たな地政学リスクとも言えますし、
貿易戦争においても弱腰姿勢を見せられなくなりますので、
香港デモの動向も要注意ではありますけどね。

ということなので、米中双方の国内事情による休戦期待もありますが、
今のところ週明けはどっちに転ぶのかもわからず、
本日の我が国も今夜の海の向こうも、
追い風参考記録と言わざるを得ない状況だということです。

いやはや・・・長い目ではまだまだ安心できない状況ですが、
せめて目先だけでも良い方向に転び、それを繰り返し重ねて行けば、
もしかすると昭和から平成に代わった年と同様、
令和に変わった今年も株式市場は年末高!
となる可能性も僅かに残っているとは思いますけど・・・

まぁとりあえず今夜の海の向こうを見極めた上で、
改めて来週の見通しについては週末の記事で書きます。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。





スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.