FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
不健全ながら、ひとまず今週末を見据え
こんばんはです。

本日も日本株は薄商いながら堅調に終えており、
14時以降は商いも増加し、空売り比率の低下も続いており、
足元の裁定買い残はカラカラの低水準から増加傾向なので、
少なくとも気の短い外人さん達の売り圧力は乏しく、
先週から続く巻き戻しは継続中と言えます。

先週末は雇用統計の鈍化を受けて、不健全ながら利下げ期待が高まり、
我が国も本日発表された1-3月期GDP改定値は、
速報値と同様、数字上のからくりで堅調なだけであり、
5月景気ウォッチャー調査に至っては、
現状判断DI、先行き判断DI共に、ドイヒーと言わざるを得ないので、
海の向こうと同様、不健全ながら、
黒光り銀行(日銀)の追加金融緩和期待が高まったとも・・・

それを後押しするかのように本日は黒ちゃんマンが、
ぶるるんハンバーグのインタビューにて、
大規模な金融緩和をやる余地はあると答えたとの報道もあったり・・・

記者は飛ばし屋ならぬ日高屋だけに、怪しいところはありますし、
そもそも最近は追加金融緩和の効果に対する懐疑的な見方が強く、
単独で黒ちゃんが動いたところで・・・というのもありますが、
今回はFRBの米利下げとのツープラトン攻撃になるのであれば、
インパクトはあるかもしれないです。

いかんせん現状は主役である米中間の貿易戦争が収束しておらず、
米メキシコ間が落ち着きつつあるだけであり、
各国の景気対策も主役の巨額な米インフラ投資が頓挫中だからこそ、
不健全ながらも金融政策頼みとなっているのでね・・・

そうなると18-19日のFOMC、19-20日の黒田薬局会合、
これらが最大のヤマ場と見るのが妥当なのですが、
あくまでこれ以上、貿易戦争が激化しないこと、
国内では消費税増税延期が条件なので、
15日に延期されていた対中関税第3弾が予定通りに発動されたり、
17日の対中関税第4弾の公聴会にて発動観測が高まったり、
ファーウェイを含む中国企業への規制が強まったり、
中国側からも報復関税だけでなく、レアアース規制を始めたり、
噂される海外企業への規制を始めることになると、
28-29日のG20での米中首脳会談にて、
貿易戦争が収束するとの観測が高まらない限り、
日米金融政策ツープラトン効果も吹き飛ぶ可能性があります。

足元では挑発的?単なる資金流出?とも言える人民元安が続いており、
ついに1ドル7元を突破と共に騒ぎが起きそうで怖いのですが、
いずれの理由であれ、トランプマンの御機嫌を損ねる可能性はあるので、
現状は貿易戦争が収束に向かっているとは言えないです。

さらに国内では消費税増税までが決定事項となってしまうと、
国内独自の火に油となり兼ねないです・・・

(個人的に楽しみで仕方ない東京五輪は来年なのですから、
 消費税増税で国内景気の鈍化加速だけはカンベン願いたいものです)

ということなので、貿易戦争さえ激化しなければ・・・
足元の投機的な需給環境は過熱しておらず、
国内外の巨額な自社株買いや国内の巨額な配当金支払いもあり、
僅かながらも日中米の景気対策期待もありますので、
お薬頼みという不健全な日米金融政策によって(一応、欧州(ECBも)、
低調なマクロ指標が出ても金融政策期待という御都合解釈となって、
(あまりにもドイヒーなマクロ指標はさすがに危ういですけど)
先週からの巻き戻し基調は、ベタに19日のFOMCまで続く・・・
と言いたいのですが、いかんせん先週初から一本調子で上げており、
今週発表の米5月消費者物価や米5月小売売上高、
中国経済統計次第では大きく揺れてもおかしくなく、
先にも述べた通り、15日と17日には対中関税イベントもあり、
18日はトランプマンの大統領選に向けた大ドヤ(規模)集会、
今週の国内では14日がMSQという需給イベント、
19日は消費税動向が見えてくる党首討論もありますので、
19日のFOMCまでではなく、ひとまず今週末まで、
マクロ指標等での短期的な揺れを挟みながら、
巻き戻し基調が続くと見ておきましょう。

従って今週末までは、割り切って乗ればいいのですが、
腰を据えて新たに参戦する方については、
好決算で大きく売られていた銘柄への打診程度の参戦以外は、
本番は今週末以降と見て、慎重な姿勢は維持しておきましょう。

新興市場の全体感としても同様ですが、
今週末まで主力大型株の薄商いでの巻き戻しが続くと、
新興市場への資金流入が活発化する可能性は無きにしも非ずであり
局地的に賑わっている銘柄が拡大・頻発してもおかしくないので、
この辺の波乗りについては、リスク覚悟ならば御自由にどうぞ。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.