FC2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
KOの足音が聞こえそうでも・・・
こんばんはです。

国内外共によろしくない市場を取り巻く環境をシカトしたまま、
薄商いでの需給の巻き戻しが継続しており、今夜の雇用統計も乗り越え、
本番の中旬以降まで巻き戻しが継続するのか・・・

今夜の雇用統計は特に賃金を始めドイヒー過ぎるとマズイでしょうけど、
多少悪い程度ならば、18-19日のFOMCまでは、
利下げ期待が高まるという御都合解釈が続きそうであり、
一応、週末にはG20財務相・中央銀行総裁会議もあるので、
いざとなったら火消しには動ける状況ではありますし、
中旬以降には貿易戦争等に絡む重要イベントも控えているので、
雇用統計発表直後の乱高下とか、
火曜からの上昇による反動安での週末引けはあるかも知れませんが、
貿易戦争等で新たな炎上ネタでも出て来ない限り、
中旬までは薄商いでの巻き戻しの基調自体は継続しそうですけどね。

それにしても市場を取り巻く環境は、相変わらずよろしくなく、
昨夜と本日も貿易戦争の収束が遠ざかりそうな米4月貿易収支を始め、
新たによろしくないマクロ指標も発表され、
ドラギナイト(ECB理事会)では、まさかのとなりのトトロならぬ、
ドラギのテルトロ(TLTRO)とか利下げをぶっ放さなかったものの、
何かあればいつでも動きまっせという姿勢を示したうえに、
現在の金利維持も2020年半ばまでの延長を決め、
経済見通しでは成長率とインフレ見通しを下方修正しているので、
FRBと同様、政策期待が高まったという見方もある一方で、
欧州を始め現在の世界的によろしくない環境を裏付けております。

っつうか、パウエルのおっさんもドラギのおっさんもですけど、
年末までの強気な金融引締め姿勢は一体何やったんでしょうね(笑)
(見方を変えると、ブレてないのは我らが黒ちゃんだけともw)
それだけトランプマンが予想を超えるおっさんというだけでなく、
貿易戦争による景気への影響も予想を超えていると言えるのですが、
何気にマクロ指標は昨年夏前後がピークのものが多いので、
実は昨年の金融引締め路線の影響が大きかったようにも思うばかりです。

そんな米欧金融引締め路線の真犯人説は置いといて、
足元の米国で発表されている経済指標はまだら模様であり、
昨夜発表された米4月貿易収支では貿易赤字自体は減ったものの、
そもそも輸出と輸入の数量が大きく減少しているので、
今のところトランプマンの強硬な貿易戦争の効果が見られないどころか、
ダメージだけを与えている感は強いので、
これを教訓に貿易戦争で振り上げた拳を降ろすといいのですが・・・

国別の貿易赤字を見ると、
赤字額が2番目の対メキシコの赤字は14.1%減となったので、
旬の騒ぎでもある米メキシコ間の協議は決着するかもしれませんが、
赤字額トップであり、最もこじれている対中貿易赤字は29.7%増、
3番目である対日貿易赤字は9.6%増と11年ぶりの高水準なので、
1位の中国に対して最も強硬な姿勢を示すのも当然であり、
2位のメキシコにも強硬姿勢を始めたということは、
次は日本と言うのが妥当な見方と言えます・・・

そもそもトランプマンは商売人でもありますから、
儲かるどころか赤字ということが納得できないのでしょうし、
大統領選を見据えた政治家としても、支持率が落ちない限り、
貿易戦争の強硬姿勢を緩めそうにないですからね・・・

とりあえず日本に対しては、安倍ちゃんマンの接待効果もあって、
トランプマンも参院選までは大目に見てやるとは言ってたので、
来週11日からの日米次官級協議とか
13日からの茂木経産相とライトハイザーUSTR代表との協議では、
表向きは穏やかに終わりそうですけど、
参院選以降はどうなるんでしょうか・・・(笑)

しかも足元の国内経済指標と企業業績は鈍化しており、
政府自らが景気の基調判断を悪化したと言っているにも関わらず、
消費税増税を強行するなんてことになれば、
下手をすれば米国からの貿易戦争とWパンチになります・・・

ちなみに本日発表された4月消費支出は前年比1.3%増でしたが、
10連休効果の嵩増しも含まれているので強いわけでもなく、
同時に発表された物価の影響を考慮した4月実質賃金は、
1.1%減と4カ月連続のマイナスですから、
他の低調な経済指標や減益見通しの企業業績、持病のデフレが継続、
海の向こうからの貿易戦争の影響という状況からも、
消費税増税の強行は正気の沙汰とは思えないです・・・

まさかとは思いますけど、昭和から平成に変わった年には、
消費税増税(初導入)と参院選で自民党が敗退という出来事があったので
平成から令和に変わった今年も繰り返さないことを願うばかりです。
安倍ちゃんマン政権が倒れると(与党敗退)、
Wパンチどころやなくて連打を浴びてKOされるに等しいです・・・。
ちなみに平成元年はバブル期だったこともあり、
そんなとんでもない事態があったにも関わらず、
日経平均は年末の大納会に史上最高値を付けているので、
もしかすると今年も・・・そもそも今はバブルではないので、
メガトンWパンチと追撃の連打を浴びることになれば、
残念ながら景気も株価もKOされることになるでしょうね。

以上のようなKO負けを避けるためにも、
貿易戦争が収束することが何よりなのですが、
収束できなければ、せめて日中米欧の金融緩和と日米欧の財政出動、
国内では消費税増税の延期・凍結・減税にでも踏み切らないと、
年末高どころか6月中旬以降も期待できなくなります・・・

てな感じで、市場を取り巻くリスクは何一つ収束しておらず、
よろしくない実体面も改善してないので、
現在はあくまでヤマ場の中旬までという目線で、金融政策への期待と共に、
需給面での巻き戻しが主導しているだけの相場だということです。

とりあえず雇用統計を含め、今夜の海の向こうを見極めた上で、
改めて来週の見通しを週末に書きますので、
本日はこれにて失礼します。

良い週末をお過ごしください。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。




スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する
管理人のみ閲覧できます
| | 2019-06-08-Sat 16:47 [編集]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメントさんへ
マーケット番長 | URL | 2019-06-08-Sat 23:47 [編集]
こんばんは。

京都には行ってないですw
鞍馬とか貴船に行くと、鴨川の暑苦しい皮床ではなく、
涼しげで風流な川床がありますから、
ぜいひともカチ込んでみてください。

あ、私も電車は好きです。
乗り鉄ですけどね。

しかし鍵コメさんも色々あったようで。
その辺は私も偉そうに言えるほどの知識や経験もないので
なんとお答えすればいいのか難しいですw
電車旅でも楽しんで来てください。

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.