fc2ブログ
不沈艦日記
マーケット展望などなど。
束の間の平和な週明け、明後日以降は・・・
こんばんはです。

昨日はゴルフに興じた後、両国国技館で西の横綱 虎乱舞丸?
怒鳴怒山?として土俵入り&表彰、居酒屋で打ち上げ、
本日は皇居へのカチコミの後、日米首脳会談が行われ、
今夜は宮中晩餐会、明日は横須賀で護衛艦「かが」に乗艦と、
明日まではトランプ狂騒曲が続きそうです。

いやはや、トランプマンは良くも悪くもおもろいおっさんですし、
安倍ちゃんマンは新天皇の即位の祝福に来日させるだけでなく、
土俵入りまでさせ、パワハラ通商協議も今夏の参院選以降まで延期させ、
さらに本日の共同会見でも触れてましたが、
拉致問題の解決も含む北朝鮮への圧力と交渉でトランプマンの力を借り、
その代わりに安倍ちゃんマンがプーチン大魔王とのコネも駆使して、
米・イランとの仲裁役を見事に務めあげることができれば、
対外的な評価だけでなく、国内でも評価と支持率が上がるでしょうし、
何より単純に大したもんやなと言うことになります(笑)

こういうのを見ていると、万が一・・・
今夏の選挙で政権交代なんてことになれば、ゾっとするばかりだけでなく、
日本株全力売り、国内景気悪化加速にもなり兼ねないので、
トランプマンがポロリと呟いてバレた?今夏の衆参同時選では、
さすがに政権交代は無いとしても、
くれぐれも議席を減らして安倍ちゃんマンが責任を取って退陣・・・
なんて事態だけは何としてでも避けて頂きたいものです。
次の候補はガースー黒光り令和おじさん(官房長官)とも言われてますが、
トランプマンのお守りは安倍ちゃんマンしかできないですからね。

そして肝心の日米通商協議については、
衆参同時選になるのか、参院選になるのかはともかくとしても、
トランプマンが選挙が終わるまでパワハラ協議は控える、
8月に大きな発表(爆弾?)をするとも言ってたので、
日米間に限っては、しばらく安心とも言いたいのですが・・・

トランプマンの言動(約束)が信じ難い上に、
8月以降は大丈夫なのか?という心配もあるのですが、
そもそも現在の市場では米中間の通商協議(貿易戦争)が主役であり、
それだけで国内外共にマクロ環境と業績への影響が顕在化しているので、
(もちろん昨年末までの米主導の金融引締めの影響もあります)
米中の貿易戦争が収束もしくは収束期待が高まらない限り、
マクロ環境と業績の先行き期待とはならず、
織り込み済み、出尽くしという見方も長続きはしないでしょうから、
繰り返し書いている通り、対中関税第4弾の公聴会が6月17日、
FOMCが6月18-19日、日銀会合が6月19-20日、
クリスマス安値の裏(下旬)、OPEC総会が6月25日、
国会会期末が6月26日、G20が6月28-29日、
という貿易戦争を含むイベント等が重なる6月中旬から下旬までは、
市場がリスクオンになるのは厳しいでしょう。

ただし足元の需給環境だけは過熱してないので、
ナンチャラショックになる可能性は薄いでしょうから、
貿易戦争を巡る要人の発言や欧州政治と中東リスクを巡る報道、
マクロ指標等での一喜一憂を挟みつつ、
基調としてはジリジリと現物売りが続くか、BOX圏が続くでしょう。

本日については、欧州議会選でEU懐疑派の票が伸びたものの、
EU賛成派の過半数は確保されており、そもそも欧州議会選よりも、
各国の選挙の方が大事という後出し意見もあり、
(知り合いのポーランド人も驚くほど無関心でしたw)
長期的な影響はともかく目先では市場の波乱要因とはなっておらず、
何よりポジティブ色の強いトランプ狂騒曲と共に今夜は米英が休場なので、
本日の日本株は今年最低どころか約4年5か月ぶりの激薄商いと共に、
束の間の平和のように小幅高で終えております。
(中国株も相変わらずの薄商いながら堅調、米株先物も堅調)

米英市場は明日の晩が週明けの取引であり、
トランプ狂騒曲も明日まで続きますので
恐らく明日も薄商いのまま(引けではMSCIリバランスで大商い)、
束の間の平和が続きそうですが、
市場を取り巻く環境は先にも述べた状況に変わりはないので、
それを覆すような商いの伴った上昇が継続でもしない限り、
明後日以降はアテにならないと見ておきましょう。

ということで、以上のような状況を承知の上での短期の波乗り、
決算を終えて好決算なのに大きく売られている銘柄への打診はともかく、
基本的には腰を据えての新たな参戦は控えておきましょう。

新興市場については、国内外が束の間の平和であったり、
リスクオフになっていなければ、資金が流入する可能性もありますが、
まだまだ商いを伴った上昇の継続にも至ってないので、
個別での達者な短期勝負や局地的に賑わっている銘柄はともかく、
新興市場の全体感としては、海の向こうや国内主力大型株以上に、
慎重に構えておくくらいでいいでしょう。

お手数ですが下のタグをクリックして頂けると嬉しいです。
ランキングに参加しております。


スポンサーサイト




コメント

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2021 不沈艦日記. all rights reserved.